プログレスM-25M

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プログレスM-25M
Progress M-25M.jpg
任務種別 ISS 補給船
運用者 ロシア連邦宇宙局
COSPAR ID 2014-067A
SATCAT № 40292
特性
宇宙機種別 プログレス-M (11F615A60)
製造者 RKKエネルギア
任務開始
打ち上げ日 2014年10月29日 7時9分43秒 (UTC)[1]
ロケット ソユーズ-2.1a
打上げ場所 バイコヌール 31/6[1]
任務終了
廃棄種別 軌道離脱処分
減衰日 2015年4月26日 13時0分 (UTC)
軌道特性
近点高度 418 km[2]
遠点高度 423 km[2]
傾斜角 51.64度[2]
軌道周期 92.85分[2]
元期 2014年11月1日 13時51分47秒 (UTC)[2]
ISSのドッキング(捕捉)
ドッキング ピアース 天底
ドッキング(捕捉)日 2014年10月29日 13時8分 (UTC)
分離日 2015年4月25日 6時41分14秒 (UTC)[3]
dock時間 177日17時間33分
輸送
重量 2351 kg

プログレスM-25M (ロシア語: Прогресс М-25М)はロシア連邦宇宙局が2014年に国際宇宙ステーション(ISS)の補給のために打ち上げたプログレス補給船NASAJAXAではプログレス5757Pとも称される[4]。プログレスM-25Mは6時間ランデブー方式でISSに打ち上げられた。プログレス-M改良型(11F615A60)としては25機目の打ち上げであり、シリアル番号は424番だった[5]

運用[編集]

プログレスM-25Mはロシアが貸借しているカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から2014年10月29日7時9分(GMT)に打ち上げられた[6]。これは改良型であるソユーズ-2.1aのISS向け計画での初飛行であった[7]。また、GLONASSなどからの情報を使用する、ASN-Kと呼ばれる新しい航法装置が搭載、使用されていた。

プログレスM-25Mは打ち上げ6時間より短い2014年10月29日13時8分(GMT)にピアースにドッキングした。

その後6ヶ月弱の間ドッキングを続け、2015年4月25日6時41分14秒(UTC)にISSからドッキングを解除し、翌26日に太平洋上に落下処分された。

搭載貨物[編集]

プログレスは第41次長期滞在の乗組員向けに2351kgの貨物を搭載していた[8]

食料、燃料、補給品などであり、880kgの燃料、22kgの酸素、26kgの空気、420kgの水、1283kgの補給品、実験機器などの貨物が積まれていた。

[編集]

  1. ^ a b McDowell, Jonathan. “Launch Log”. Jonathan's Space Page. 2014年10月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e Peat, Chris (2014年11月1日). “PROGRESS-M 25M - Orbit”. Heavens-Above. 2015年1月25日閲覧。
  3. ^ アーカイブされたコピー”. 2015年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月5日閲覧。
  4. ^ William Graham, Pete Harding, Chris Bergin (2014年10月29日). “Russian Progress M-25M docks with the ISS”. NASASpaceflight.com. 2015年10月30日閲覧。
  5. ^ Progress-M 1M - 29M (11F615A60, 7KTGM)”. GUNTER'S SPACE PAGE. 2015年10月30日閲覧。
  6. ^ William Harwood (2014年7月23日). “Russians launch Progress supply ship to space station”. Spaceflight Now. 2015年10月30日閲覧。
  7. ^ Anatoly Zak (2014年10月29日). “Progress M-25M flies on a modified Soyuz rocket”. RussianSpaceWeb.com. 2015年10月30日閲覧。
  8. ^ Progress M-25M” (ロシア語). Roscosmos (2014年10月29日). 2015年10月30日閲覧。

関連項目[編集]