プログレスM-42

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プログレスM-43
任務種別 ミール の補給
運用者 ロシア連邦宇宙局
COSPAR ID 1999-038A
SATCAT № 25858
任務期間 200日13時間20分間[1]
周回数 3168回
特性
宇宙機種別 プログレス-M (11F615A55)
製造者 RKKエネルギア
打ち上げ時重量 7150 kg
任務開始
打ち上げ日 1999年7月16日 16時37分33秒(UTC)
ロケット ソユーズ-U
打上げ場所 バイコヌール 1/5発射台
任務終了
廃棄種別 軌道離脱
減衰日 2000年2月2日
軌道特性
参照座標 地球周回軌道
体制 低軌道
離心率 6.689957808703184E-4
近点高度 193.9km
遠点高度 247.8km
傾斜角 51.659 度
軌道周期 88,613分
ミールのドッキング(捕捉)
ドッキング クバント1
ドッキング(捕捉)日 1999年7月18日 17時53分21秒(UTC)
分離日 2000年2月2日 3時11分52秒(UTC)

プログレスM-42(ロシア語: Прогресс М-42)はロシア連邦が1999年にミール宇宙ステーションの補給のために打ち上げた無人宇宙補給機プログレス補給船。シリアル番号は242番だった[2]

運用[編集]

1999年7月16日19時37分33秒(MSKUTC16時37分33秒)、バイコヌール宇宙基地1/5発射台よりソユーズ-Uで打ち上げられ、2日後の1999年7月18日20時53分21秒(MSK、UTC17時53分21秒)に自動操縦でミールのクバント1モジュールにドッキングした。

2000年2月2日6時11分52秒 (MSK、UTC3時11分52秒)にドッキングを解除し、自立飛行でステーションから離脱した。

搭載貨物[編集]

ミールへの燃料、酸素などの空気、科学装置類、個人用保護品、クルー向けの小包などさまざまな貨物2400kgの輸送をおこなった。

贈られる貨物すべての総重量は2419.6kgであった[3]

商品 重量 (kg)
燃料供給システムタンクの燃料:
燃料 253,6
酸化剤 471,8
酸素ボンベ向けの気体:
酸素 27,8
Родник水タンク系への水 150
KDU用の燃料 650
システム用品:
ガス組成物 (СОГС) 5,1
水供給(СВО) 96,9
搭載システム用資材 509,7
食料コンテナ (25コンテナ) 207,3
医療機器 11,1
洗濯、個人用衛生、無重力の影響を予防するための物品 117
科学実験のための機器 279,5
Бортдокументация(写真機器セットなどクルー用荷物) 25,1
道具、消耗品 4,7

[編集]

関連項目[編集]