プログレスMS-03

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
プログレスMS-03
Progress MS-03
Progress MS-03 docked to Pirs.jpg
任務種別 国際宇宙ステーションへの補給
運用者 ロスコスモス
COSPAR ID 2016-045A
SATCAT № 41670
特性
宇宙機 プログレスMS-03 (No.433)
宇宙機種別 プログレス-MS
製造者 RKKエネルギア
打ち上げ時重量 7,281 kg (16,050 lb)
任務開始
打ち上げ日 2016年7月16日 21:41:45(UTC)
ロケット ソユーズU
打上げ場所 バイコヌール宇宙基地 31/6
国際宇宙ステーションのドッキング(捕捉)
ドッキング ピアース 天底側
ドッキング(捕捉)日 2016年7月19日 00:20(UTC)
分離日 2017年1月19日(予定)
輸送
重量 2,436 kg (5,370 lb)
加圧 1,230 kg (2,700 lb)
燃料 705 kg (1,550 lb)
ガスカーゴ 50 kg (110 lb)
水カーゴ 420 kg (930 lb)
----
プログレス補給船
← プログレスMS-02 プログレスMS-04

プログレスMS-03ロシア語: Прогресс МC-03)はロスコスモスが国際宇宙ステーション(ISS)の補給のために打ち上げた無人宇宙補給機である。NASAおよびJAXAではプログレス64または64Pとも呼称する。2016年7月16日21:41:45(UTC)に打ち上げられた[1]

プログレス-MSで初めて衛星放出用の曝露区画を搭載した[2]

打ち上げ[編集]

プログレスMS-03はソユーズUロケットを用いてカザフスタンバイコヌール宇宙基地31番射点から2016年7月16日21:41:45(UTC)に打ち上げられた。

ドッキング[編集]

プログレスMS-03は2016年7月19日 00:20(UTC)に国際宇宙ステーションのピアースモジュール天底側にドッキングした[3][4]

貨物[編集]

プログレスMS-03により、第48次長期滞在クルー6名のための補給物資2,425kgが国際宇宙ステーションに運ばれた。内訳は以下の通りである[2]

  • 推進剤:705kg
  • 酸素および空気:50kg
  • 水:420kg
  • NASA補給資材:22kg
  • スペアパーツ・補給資材・実験機材:1,418kg

参考文献[編集]

  1. ^ Zak, Anatoly (2015年12月30日). “Soyuz rocket flies critical test mission with Progress-MS”. Russian Space web. 2016年4月26日閲覧。
  2. ^ a b Clark, Stephen (2016年7月16日). “Progress supply ship heads for International Space Station”. 2016年7月18日閲覧。
  3. ^ Russia Progress MS-03/64P docks with ISS” (2016年7月19日). 2016年7月18日閲覧。
  4. ^ Zak, Anatoly (2016年7月17日). “Progress MS-03 heads to the ISS”. Russian Space web. 2016年7月18日閲覧。