プロジェクト:YouTube

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ショートカット:

数人のウィキペディアンがYouTube関連の記事でどのようにデータを整理するかについての提案をすべく集まりました。これら単なる提案であり、記事を執筆する際に迷わず作業を進めるよう手助けするためのものです。これらの提案に従う義務があるなどと感じたりするべきではありませんけれども、何を書いていいか、どこから手をつけていいかわからない、といった状態の人には、以下のガイドラインは助けになるかも知れません。つまるところ、われわれはあなたに記事を書いて欲しいのです!


プロジェクト名[編集]

ウィキプロジェクト YouTube

適用範囲[編集]

このウィキプロジェクトは、YouTubeに関連した事件や人物、事柄を範囲としています。主にYouTubeについての記事を深めることを目的とします。

あくまでも信頼性があり、特筆性がある事柄に限り、架空の人物やYouTubeのトップに入っていないチャンネル名についての記事を書く事は禁止しています。

ノートページはYouTube記事全般に関する議論の場として役立ててください。

上位プロジェクト[編集]

下位プロジェクト[編集]

下位プロジェクトは今のところありません。

類似のプロジェクト[編集]

関連のウィキプロジェクト[編集]

関連するウィキプロジェクトには以下のものがあります。

類似のウィキポータル[編集]

類似のウィキポータルは今のところありません。

参加者[編集]

当プロジェクトはウィキペディア日本語版のアカウントをお持ちの方ならどなたでも参加することができます。参加なさりたい方は*~~~で署名を追加してください。

チャンネル登録者数・総再生回数の更新に関するガイドライン[編集]

Template:Infobox_YouTube_personality内などのチャンネル登録者数・総再生回数の更新について、プロジェクト‐ノート:YouTube#頻繁に更新される「チャンネル登録者数」の更新割合の基準についてでの提案により、以下のようなガイドラインを制定しました。

  • 前回の更新日から30日程度が経過していることを目安とする。
  • 登録者数が10万人を超えているチャンネル、総再生回数が100万回を超えているチャンネルの場合、キリのよい数字になった場合は特例として更新を認める(10万人を超えれば10万人単位、100万回を超えれば100万回単位など)。
  • 以上の更新頻度の基準は、他の編集と一緒に再生回数や登録者数の更新が行われる際にも適用される。

ただし、違反したとしても取り消しは不要です。以下の文例を利用するなどして、会話ページでこのガイドラインをお知らせしてください。繰り返すようなら対話拒否として管理者伝言板に報告しても構いません。 また、履歴を遡らなくても最終更新日がわかりやすいように、Template:Infobox_YouTube_personalityであればstats_update引数を更新しておくなど、他の編集者への配慮をお願いします。

ガイドラインの違反者に対する連絡の文例[編集]

{{subst:PAGENAME}}さん、こんにちは。~~~と申します。あなたが[[該当ページ名]]でチャンネル登録者数・総再生回数を高頻度で更新なさっているのを拝見しました。しかし、(~~~~~で示されているように、)登録者数・再生回数の更新は前回の更新から30日程度あけることなどを決めた[[プロジェクト:YouTube#チャンネル登録者数・総再生回数の更新に関するガイドライン|ガイドライン]]が[[プロジェクト‐ノート:YouTube#頻繁に更新される「チャンネル登録者数」の更新割合の基準について|議論]]によって制定されています。これは、[[Wikipedia:同じ記事への連続投稿を減らす|版の数(記事の編集回数)を減らす]]ことが目的ですので、ご理解とご協力をお願いします。--~~~~

進行中の議論[編集]

ノートページで議論が提起された場合に追加してください。

カテゴリ[編集]

作成するときはWikipedia:カテゴリの方針を守って下さい。サブカテゴリの作成は慎重に行なって下さい。

YouTuberカテゴリの付与[編集]

YouTuberについては次のようにカテゴリを付与します。

  • YouTubeにチャンネルを有している
  • 複数の信頼できる情報源においてYouTuberであることが明らかにされている
    • インタビューにおいても、例えば「タレントのA」として話をしている中での「自分はYouTuber」というのは採用できない。あくまで「YouTuberの何々」がインタビューを受ければ「YouTuber」としての著名性の一つにできる
  • YouTubeを通じて広告収入を得ている(公開されているチャンネルで広告表示がされるかどうかが一つのポイント)
  • 分類時点での注意事項
    • チャンネル登録者数の多寡で判断しない
    • 事務所に所属しているかどうかで判断しない
    • 本職の有無は関係ない(タレントであるならばYouTuberではないは成立しない)
    • 事件報道における肩書は信頼できる情報源であってもこれを採用しない
      • これはよくある「迷惑行為を動画にアップロードする・生放送する」ことで注目を集めようとした人の肩書として採用するべきではないため。
    • ほかの動画サービスやSNSなどで有名であることは考慮しない(お笑い芸人がYouTubeで活動していると公表してもイコールでYouTuberとはならない)

MCN関係のカテゴリ[編集]

これらは主に日本で活動するまたは日本向けに活動するマルチチャンネルネットワーク(MCN)及びYouTuberに対する付与基準です。

これらに関するカテゴリツリーは以下の通りです。

日本のマルチチャンネルネットワークより下位については関連ページが10ページ以上を作成の目安とします。ただし、stubはカウントしません。

人物カテゴリは企業の人物です。創設者や役員などのカテゴリです。YouTuberが兼任している場合の同時付与は可能です。

MCNのYouTuberへの分類について
  • YouTuberとしての分類基準を満たしていることが前提
  • 過去に所属していたYouTuberは記事側でカテゴリソート「」を付与
  • 現役でMCNに所属している場合は「Category:YouTuber」の単独付与を行わない
  • 過去にMCNに所属していたが、その後フリーになっている場合は「YouTuber」のカテゴリを付与
    • 例)VAZを離脱してUUUMに入ったら、VAZのYouTuberはソートを「離」にして、UUUMのYouTuberを新たに付与する。フリーになった場合はYouTuberを付与。
  • MCNのYouTuberカテゴリがなく、MCNのカテゴリがある場合はMCNとYouTuberカテゴリを同時に付与

テンプレート[編集]

YouTube記事に対するテンプレートとして、
YouTube関連記事の冒頭に貼る{{ウィキプロジェクト YouTube}}および、Infoboxテンプレートとして{{Infobox YouTube personality}}
主にYouTubeの外部リンクに使用する{{YouTube}}や{{YouTube channel}}、{{YouTube time}}があります。