プロット図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

プロット図(プロットず)とは、データ集合の描画手法の一種であり、大抵は2種類以上の変数の関係をグラフで表す目的で使われる。データを示す点は手書き又は作図装置などにより描かれる。変数の関連性は値の集合のみでは理解し難いため、グラフを用いることで理解を速め、関数内における未知の変数を導き易くする。グラフ関数は数学科学工学金融テクノロジーなどの分野で活用されている。

概要[編集]

プロット図は統計やデータ解析において重要であり、概して作成の手順としては定量化と図式化に分類される。 統計学的手法により導かれた数値や表結果により、定量化が行われる。 以下は定量手法の例、[1]

これらを含む各種手法は重要であり、古典派的分析の主流であった。他にも多くの手法が有り、以下に例示する。[1]

プロット図のような図式化はデータ集合結果から仮説の推定、モデル選択及び検証、推定量選択などを導き易くする近道である。

プロット図の一覧[編集]

  • ラジアルプロット
  • ヒートマップ
  • 二重逆数プロット
  • ニコルズプロット
  • 正規確率プロット
  • ナイキスト線図
  • 偏回帰プロット
  • 偏残差プロット
  • 確率プロット
  • 分位数プロット
  • リカレンスプロット
  • 散布図
  • シュムプロット
  • スパゲティプロット
  • 三角ダイアグラム
  • ベクトル場プロット
  • バイオリンプロット

脚注[編集]

  1. ^ a b NIST/SEMATECH (2003). "The Role of Graphics". In: e-Handbook of Statistical Methods 6/01/2003 (Date created).