プロテニス ワールドコート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プロテニス ワールドコート
ジャンル スポーツゲーム
(テニスゲーム)
対応機種 PCエンジン (PCE)
開発元 ナムコ
発売元 日本 ナムコ
アメリカ合衆国 NEC-HE
音楽 慶野由利子
人数 1 - 4人(対戦プレイ)
メディア 2メガビットHuCARD[1]
発売日 日本 198808111988年8月11日
アメリカ合衆国 1989年
その他 型式:NC63004
テンプレートを表示

プロテニス ワールドコート』は、1988年8月11日ナムコから発売されたPCエンジンスポーツゲームテニスを題材としている。

ファミリーコンピュータ用ソフト『プロ野球ファミリースタジアム』(1986年)から、アーケードおよびPCエンジン用ソフトへ発展した『プロ野球ワールドスタジアム』(1988年)と同様、1987年に発売された『ファミリーテニス』のバージョンアップ版となっている。

同年にアーケード用として逆移植された[1]他、1990年エス・ピー・エスがアーケード版をX68000へ移植している。

PCエンジン版はゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」にてゴールド殿堂入りを獲得した。

本項では、アーケード版の続編『スーパーワールドコート』についても記述する。

ゲーム内容[編集]

『ファミリーテニス』からの大きな変更点としては、ダブルスモードが追加されマルチタップを使用することで最大4人同時対戦が可能になった点が挙げられる。

クエストモード[編集]

ワールドコートにおける特徴である1人プレイ専用のRPGモード。スポーツゲームにこのようなモードが収録されるのは珍しいが、『ワールドスタジアム3』における「幕末!国盗リーグ」モードでも採用している。

プレイヤーはテニスの勇者を操作し、テニス王国「オハナハン」を脅かすテニス魔王を倒す旅に出る。ドラゴンクエストのパロディーであり、広大なフィールドを旅しながら、魔王を倒すために装備を購入してアップグレードしていき、最終的に「伝説の装備」を揃えると共に、魔法のサーブを封じ込める「光のボール」を作るための「球のかけら」を集める必要がある。

  • ラケット - 試合中のサーブ速度が上がる。
  • - フィールド上で勝負を申し込まれた際に断ることができる確率が上がる。
  • - 試合中の移動速度が上がる。

戦闘は全てシングルス方式のテニス勝負で行われるが、イベント以外でもフィールド上でランダムに勝負を申し込まれることがある。この際、勝負を断る(通常のRPGにおける「逃げる」に相当)ことも可能だが、強制的に勝負させられる場合もある。勝負に負けた場合でも、所持金が減らされるようなペナルティは無く、スタート地点に戻されたうえで「参加賞」としてお金がもらえる。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考
1 プロテニス ワールドコート 日本 1988101988年10月
アーケード ナムコ ナムコ 業務用基板
(1.44メガバイト
- - SYSTEM I対応
2 プロテニス ワールドコート 日本 199006201990年6月20日
X68000 SPS SPS 5インチフロッピーディスク2枚組 GS-160 - アーケード版の移植
アーケード版
  • 登場選手は男女18名+ロボット2台(ファミリーテニス#キャラクターも参照。ただし、本作では全選手が片仮名表記である)。本作にもダブルスモードは存在するが、対CPUの2人協力プレイのみで対戦が可能なのは『ファミリーテニス』同様、シングルスのみとなっている。
  • 『ファミリーテニス』と比較して操作性が向上している反面、コートはニューヨーク(ハード)、ロンドン(芝)、パリ(クレイ)の3種類となっており宇宙コートのようなゲームならではのコートは登場しない。
X68000版
  • コマンドプロタクトモードでディスクを入れて A>path a:;b:||m2||seq2||opm2wc||m2mop||wc -x -p a:;b: -gloading2.wc と入力して起動すると、4人同時プレイが可能になる。

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通33/40点(PCE)[2]
(ゴールド殿堂)
PC Engine FAN23.24/30点(PCE)[1]
(総合74位)
ACE895/1000点 (PCE)[3]
Aktueller Software Markt10/12点 (PCE)[3]
アーケード版

1991年に刊行されたゲーメストムック『ザ・ベストゲーム』の紹介文では、「ロボットとの試合がおもしろかった」と肯定的に評価されている[4]

PCエンジン版

ゲーム誌『ファミコン通信』のクロスレビューでは8・8・9・8の合計33点(満40点)でゴールド殿堂入りを獲得[2]、『PC Engine FAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、23.24点(30点満点)となっている[1]。また、この得点はPCエンジン全ソフトの中で74位(485本中、1993年時点)となっている[1]。同雑誌1993年10月号特別付録の「PCエンジンオールカタログ'93」では「業務用にも逆移植されたテニスゲームの名作ソフト」と紹介されている[1]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 4.10 3.61 3.66 4.07 3.86 3.96 23.24

スーパーワールドコート[編集]

スーパーワールドコート
ジャンル スポーツゲーム
(テニスゲーム)
対応機種 アーケード
開発元 ナムコ
発売元 ナムコ
音楽 福澤正洋
人数 1 - 4人(対戦プレイ)
メディア 業務用基板
稼働時期 日本 1993021993年2月
デバイス 8方向レバー
3ボタン
システム基板 NA-1 SYSTEM
CPU MC68000 (@ 12.52825 MHz)
M37710 (@ 12.52825 MHz)
サウンド C140 (@ 42.667 Khz)
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
304×224ピクセル
テンプレートを表示

1993年2月にリリースされた続編。選手は体型がリアル化されると共に、16名(ロボット、猫、カエルも含む)に減少しているがその分、データが細密化されている。

ダブルスでは、4人同時プレイやCPU操作のパートナーとの協力プレイが可能になった。コートは前作と同じハード、芝、クレイに加えて大量のパックマンが場外を彩る「NAMCO」が用意されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 「10月号特別付録 PCエンジンオールカタログ'93」『PC Engine FAN』第6巻第10号、徳間書店、1993年10月1日、 114頁。
  2. ^ a b プロテニス ワールドコート まとめ [PCエンジン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2015年1月25日閲覧。
  3. ^ a b World Court Tennis for TurboGrafx-16 (1988)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2019年4月8日閲覧。
  4. ^ 「ビデオゲーム フルリスト」『ザ・ベストゲーム 月刊ゲーメスト7月号増刊』第6巻第7号、新声社、1991年7月1日、 175 - 216頁、 ASIN B00BHEECW0

関連項目[編集]