プロノエー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

プロノエー古希: Προνόη, Pronoē)は、ギリシア神話の女性あるいはニュムペーである。「前もって配慮する女」の意[1]。主に、

の6人が知られている。以下に説明する。

プロメーテウスの母[編集]

このプロノエーは、プロメーテウスの母。神話学者カール・ケレーニイはプロノエーをプロメーテウスと対応関係にある名前とし、『オデュッセイアー』10巻2行の古註に名前が見えるプリュレイエーをプロノエーのことだと考えている[1]

ポルボスの娘[編集]

このプロノエーは、ポルボスの娘で、アイトーリア地方の王アイトーロスと結婚し、プレウローンカリュドーンを生んだ。2人の子供はそれぞれ同じ名前の都市プレウローンとカリュドーンを創建した[2]

オイテ山のニュムペー[編集]

このプロノエーは、ヘーシオドスの『名婦列伝』によるとオイテ山のニュムペーで、アポローン神との間に1子メラネウスを生んだ。メラネウスはポルターオーンの娘ストラトニーケーと結婚し、オイカーリアーの王エウリュトスの父となった[3]

メラムプースの娘[編集]

このプロノエーは、アルゴスの王メラムプースと、メガペンテースの娘イーピアネイラの娘で、アンティパテースビアースマントーと兄妹[4]

アーソーポスの娘[編集]

このプロノエーは、河神アーソーポスの娘の1人で、海神ポセイドーンとの間にポーコスを生んだ[5]

リュキアのニュムペー[編集]

このプロノエーは、リュキアの河のニュムペー(ナイアス)である。ビュブリスの双子の兄カウノスに恋をし、自分と結婚してリュキアかあるいはカーリアの王となることを求めた。2人の間に生まれたアイギアロスは父カウノスの死後に王となった[6]

その他のプロノエー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b カール・ケレーニイ『プロメテウス』p.94。
  2. ^ アポロドーロス、1巻7・7。
  3. ^ ヘーシオドス断片23。
  4. ^ シケリアのディオドロス、4巻68・5。
  5. ^ イーリアス』2巻517行への古註。
  6. ^ コノーン
  7. ^ ヘーシオドス『神統記』261行。
  8. ^ クィントゥス、6巻497行。

参考文献[編集]