プロバイノグナトゥス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
プロバイノグナトゥス
Probainognathus jenseni life restoration.jpg
プロバイノグナトゥスの復元図
地質時代
三畳紀中期〜後期 約2億3500万年前〜2億2150万年前
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 四肢動物上綱 Tetrapoda
: 単弓綱 Synapsida
: 獣弓目 Therapsida
階級なし 獣歯類 Theriodontia
亜目 : キノドン亜目 Cynodontia
下目 : ユーキノドン類 Eucynodontia
: Probainognathidae
: プロバイノグナトゥス属 Probainognathus
学名
Probainognathus
Romer,1970

プロバイノグナトゥス (Probainognathus ) は中生代三畳紀後期に生息していた単弓類絶滅した。単弓綱 - 獣弓目 - キノドン亜目 - プロバイノグナトゥス科に属する。模式種が南米のラ・リオハ層から産出している。

概要[編集]

三畳紀後期のアルゼンチンに生息した小型の肉食性キノドン類。

古生物学[編集]

プロバイノグナトゥスでは、頭頂眼(第三の目)が完全に失われていた。これは本種(ひいては一部のキノドン類)が恒温動物であった事を示しており、この進化は獣弓類の中で段階的に進んでいたらしい[1]

分類[編集]

古生態学[編集]

プロバイノグナトゥスの見つかったチャナレス層からは、大型肉食動物の地位にクルロタルシ類が、多数派の植物食(もしくは雑食)動物として中型キノドン類(マセトグナトゥスやトラベルソドン類)が報告されている。また少数派ながら大型のディキノドン類や、詳しい学名は不明の肉食(小動物食)の中型キノドン類が見つかっている[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ The sixth sense in mammalian forerunners: Variability of the parietal foramen and the evolution of the pineal eye in South African Permo-Triassic eutheriodont therapsids (Julien Benoit:2016)
  2. ^ Mancuso, A. C., Gaetano, L. C., Leardi, J. M., Abdala, F., and Arcucci, A. B. (2014). "The Chañares Formation: a window to a Middle Triassic tetrapod community" Lethaia, 47(2)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

チニクオドン - プロバイノグナトゥスに近縁な肉食性キノドン類