プロペリシアジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
プロペリシアジン
識別情報
KEGG D01485
特性
化学式 C21H23N3S•OS
モル質量 365.49
外観 黄色の結晶または粉末
融点

113–118

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

プロペリシアジンpropericiazine)は、フェノチアジン系抗精神病薬で、統合失調症の治療薬。

日本では商品名ニューレプチルシオノギ製薬アパミン三菱ウェルファーマから販売されている。主な副作用は眠気、注意力の低下など。

禁忌・注意[編集]

昏睡状態にある者や、アドレナリンを投与中の者。脳障害のある者。またアルコールとの併用は避ける。

低い確率であるが、麻痺性イレウス突然死再生不良性貧血遅発性ジスキネジアなどが起こる場合がある。

種類[編集]

  • 錠剤:5mg、10mg、15mg
  • 細粒:10
  • 内服液:1%