プロレス検定DS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
プロレス検定DS
ジャンル プロレス・クイズ
プロレス検定ソフト(公式サイトより)
対応機種 ニンテンドーDS
発売元 プレンティー
人数 1人
メディア DSカード
発売日 2010年3月25日
価格 3,990円(税込)
対象年齢 CERO:全年齢
その他 週刊プロレス編集部(ベースボール・マガジン社)監修

プロレス検定DS(プロレスけんていディーエス)は、2010年3月25日に、プレンティーから発売されたニンテンドーDS専用ゲームソフト

目次

概要

プロレスを題材とする検定試験を模したクイズゲームソフト。ベースボール・マガジン社の発行する雑誌『週刊プロレス』(週プロ)編集部監修のもとで作成された2500以上にも及ぶ問題の中から構成されたクイズで遊ぶことができる。

また、検定ソフトとしては初めて、クイズ中に実況音声が流れる仕様を搭載している(声の出演は、塩野潤二)[1]

タイトルロゴには、週プロが月刊誌『プロレス』時代の1974年1月号から2004年8月18日号までの題字に使用していた「プロレス」のロゴを使用している。

収録モード

  • クイズモード
  • 検定モード
プロレスに関連する検定を、全五段階の中から受けるモード。段階の内訳は、三級・準二級・二級・準一級・一級。
  • 解説モード
クイズ・検定モードに出題された問題の正解・解説を見ることができる。
  • 表紙カード
クイズの成績に応じて、週刊プロレスの創刊号(1983年8月9日号)から1000号までの表紙をカード化したものを閲覧することができる。
  • オプション
ゲームの設定変更や保存データ(回答成績)の初期化、スタッフクレジットの閲覧ができる。
  • 戦績
クイズ・検定モードの回答成績を見ることができる。
  • ルール説明
ゲームモード各種のルール説明。
  • 菊タローモード
一定の条件を満たした場合に遊ぶことができる、隠しモード。プロレスラー・菊タローの「超私的な問題」(公式サイトより)で構成されたクイズで遊ぶことができる。

脚注

  1. ^ 参考:HMVの商品情報・レビュー

今日は何の日(6月19日

もっと見る