プロヴァンスの贈りもの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プロヴァンスの贈りもの
A Good Year
監督 リドリー・スコット
脚本 マーク・クライン
原作 ピーター・メイル
製作 リドリー・スコット
製作総指揮 ブランコ・ラスティグ
ジュリー・ペイン
リサ・エルジー
出演者 ラッセル・クロウ
アルバート・フィニー
マリオン・コティヤール
音楽 マルク・ストライテンフェルト
撮影 フィリップ・ル・スール
編集 ドディ・ドーン
製作会社 スコット・フリー・プロダクション
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 角川映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年10月10日
フランスの旗 2007年7月3日
日本の旗 2007年8月4日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
フランス語
ロシア語
製作費 $35,000,000[1]
興行収入 $42,064,105[1]
テンプレートを表示

プロヴァンスの贈りもの』(プロヴァンスのおくりもの、原題: A Good Year)は、2006年アメリカ合衆国ロマンティック・コメディ映画。原題の「A Good Year」はワイン作りにおける「当たり年」の意。

概要[編集]

フランス南部プロヴァンスぶどう農園を所有しているリドリー・スコット監督が、「ブティック・ワイン」(メジャーな市場では全く無名であるにもかかわらず、その高品質により高値で取引される希少生産ワイン)の噂話を30年来の友人である『南仏プロヴァンスの12か月』で有名な作家ピーター・メイルに持ちかけたところ、メイルがその話を元に小説を執筆し、スコットが映画化することとなった。

ストーリー[編集]

シャトーでワイン醸造家をしているおじに持つマックスはロンドンで金融トレーダーをしていた。そこへ彼のもとにおじの訃報が届く。遺産を相続することが決定していたマックスはそれをすべて売却することを考えていた。だが、シャトーに来たとたん、少年時代の思い出が次々に蘇り、心が揺らいできた。さらに、地元でレストランを経営するファニーとの出会いもまた、彼に変化をおよぼした。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 機内上映版
マックス・スキナー ラッセル・クロウ てらそままさき 小杉十郎太
ファニー・シュナル マリオン・コティヤール 小島幸子 安藤麻吹
少年時代のマックス フレディ・ハイモア 亀井芳子 池田恭祐
ヘンリーおじさん アルバート・フィニー 大木民夫 勝部演之
クリスティ・ロバーツ アビー・コーニッシュ 細野雅世 山田里奈
フランシス・デュフロ ディディエ・ブルドン
チャーリー・ウィリス トム・ホランダー 小形満
リュディヴィーヌ・デュフロ イザベル・カンドリエ
ナタリー・オーゼ ヴァレリア・ブルーニ=テデスキ

スタッフ[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b A Good Year”. Box Office Mojo. Internet Movie Database. 2012年4月3日閲覧。