プローディ委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イタリアの旗 プローディ委員長
任期・1999 - 2004、所属政党・欧州社会党
欧州連合
欧州連合の旗
欧州連合の政治

  

プローディ委員会(プローディいいんかい、1999年9月13日 - 2004年11月21日)はイタリアの元首相ロマーノ・プローディ委員長とする欧州委員会

沿革[編集]

プローディ委員会は1999年9月13日、不祥事を起こし機構の威信を傷つけたサンテール委員会の総辞職を受けて暫定的に任命されていたマリン委員会を経て発足した。当初委員は20名で構成され、その後2004年の欧州連合 (EU) の拡大を受けて30名となった。プローディ委員会は、加盟国の中でも規模が大きい5か国が2人の委員を出していた最後の委員会となる。

この10代目となる欧州委員会はアムステルダム条約により権限やその影響力が拡大されている。一部のメディアではプローディを「 EU の首相」と表現している[1][2]

EU の拡大やアムステルダム条約のほかに、プローディ委員会の下ではニース条約の発効、そして欧州憲法条約の策定と調印がなされた。この中でプローディは協議において「従来の方法」を採用している。1999年にはユーロが導入され、2002年には全15加盟国中12か国で現金が発行され、通貨統合がなされた。しかし、プローディ委員会は精彩を欠いていると批判され、その情報発信力の乏しさのために EU の拡大やユーロの登場といった大きな出来事があったにもかかわらず、それらに衝撃力を与えることができなかった。

プローディ委員会は2004年10月31日で任期を終えるはずだったが、後任のバローゾ委員会の人事案が欧州議会での承認を受けることができなかったため、同年11月21日まで任期が延長された。

委員[編集]

1999年の委員会発足当初は20人の委員がおり、その出身国別の内訳は、まず各国から1人ずつ、それに加えてイタリアフランスドイツスペインイギリスの5大国からさらに1人ずつとなっていた。

2004年には新たに15人の委員が新任され、うち5人は任期満了となった委員との交代、残る10人は同年 EU に新規加盟した10か国から任命されている。このとき任命された委員の多くがバローゾ委員会でも再任されている。

新規加盟国出身の委員は既存の委員と担当分野を共有しており、ポストの新設や無任所の委員が出ることはなかった。

以下の表は委員の人数を政治傾向ごとに示しており、1段目は委員会の発足当初の数、2段目は新規加盟国出身の委員の数、3段目は退任時の数となっている。背景色はさらにその下の表の各委員の政治傾向も示している。

政治傾向 左派 (PES) 中道 (ELDR) 右派 (EPP-ED) 緑の政治 (EGP) 無所属
1999年 - 2003年 11 1 6 1 1
2004年5月
(拡大に伴う新任委員のみ)
0 2 2 0 6
2004年11月 (退任時) 9 5 8 1 7

従来の加盟国から任命されている委員[編集]

政策分野 委員 出身国 所属政党
委員長 ロマーノ・プローディ イタリアの旗 イタリア l'Ulivo/Demo
PES/EDLR
副委員長
行政改革担当
ニール・キノック イギリスの旗 イギリス Labour
PES
副委員長
議会関係、運輸、エネルギー担当
ロジョラ・デ・パラシオ スペインの旗 スペイン PP
EPP
競争担当 マリオ・モンティ イタリアの旗 イタリア 無所属
農業、漁業担当 フランツ・フィッシュラー  オーストリア ÖVP
EPP
企業、情報社会担当 エリッキ・リーカネン
2004年7月12日まで
 フィンランド SDP
PES
企業・情報社会担当 オッリ・レーン
2004年7月12日以降
 フィンランド Kesk.
ELDR
域内市場担当 フリッツ・ボルケンシュタイン オランダの旗 オランダ VVD
ELDR
研究担当 フィリップ・ビュスカン
2004年7月まで
 ベルギー PS
PES
研究担当 ルイ・ミシェル
2004年7月以降
 ベルギー MR
ELDR
開発・人道支援担当 ポール・ニールソン  デンマーク PD
PES
拡大担当 ギュンター・フェアホイゲン ドイツの旗 ドイツ SPD
PES
対外関係担当 クリス・パッテン イギリスの旗 イギリス Conservatives
ED
貿易担当 パスカル・ラミー フランスの旗 フランス PS
PES
保健・消費者保護 デイヴィッド・バーン アイルランドの旗 アイルランド FF
EPP
教育・文化担当 ヴィヴィアンヌ・レディング ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク CSV
EPP
予算担当 ミヒャエル・シュライヤー ドイツの旗 ドイツ Greens
EGP
環境担当 マルゴット・バルストローム  スウェーデン SDWP
PES
司法・内務担当 アントーニオ・ヴィトリーノ ポルトガルの旗 ポルトガル PS
PES
雇用・社会問題担当 アンナ・ディアマントプル
2004年3月まで
ギリシャの旗 ギリシャ PASOK
PES
雇用・社会問題担当 スタブロス・ディマス
2004年3月以降
ギリシャの旗 ギリシャ ND
EPP
地域政策担当 ミシェル・バルニエ
2004年4月まで
フランスの旗 フランス UMP
EPP
地域政策担当 ジャック・バロ
2004年4月以降
フランスの旗 フランス UMP
EPP
経済・通貨問題担当 ペドロ・ソルベス
2004年4月26日まで
スペインの旗 スペイン PSOE
PES
経済・通貨問題担当 ホアキン・アルムニア
2004年4月26日
スペインの旗 スペイン PSOE
PES

新規加盟国出身の委員[編集]

政策分野 委員 出身国 所属政党
地域政策担当 ペーテル・バラージュ  ハンガリー 無所属
貿易担当 ダヌータ・ヒューブナー ポーランドの旗 ポーランド 無所属
経済・通貨問題担当 シーム・カラス  エストニア ERP
ELDR
開発・人道支援担当 ジョー・ボルジ マルタの旗 マルタ PN
EPP
農業・漁業担当 サンドラ・カルニエテ  ラトビア 無所属
文化・教育担当 ダリャ・グリバウスカイテ  リトアニア 無所属
拡大担当 ヤネス・ポトチュニック スロベニアの旗 スロベニア 無所属
企業、情報社会担当 ヤーン・フィゲル スロバキアの旗 スロバキア KDH
EPP
予算担当 マルコス・キプリアヌ キプロスの旗 キプロス Δημοκρατικό
ALDE
保健・消費者保護担当 パヴェル・タリチカ  チェコ 無所属

脚注[編集]

関連項目[編集]