プンナ教誡経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

プンナ教誡経[1](プンナきょうかいきょう、: Puṇṇovāda-sutta, プンノーヴァーダ・スッタ)とは、パーリ仏典経蔵中部に収録されている第145経。『教富楼那経』(きょうふるなきょう)[2]とも。

類似の伝統漢訳経典としては、『満願子経』(大正蔵108)等がある。

釈迦が、比丘プンナ富楼那)に仏法を説く。

構成[編集]

登場人物[編集]

場面設定[編集]

ある時、釈迦はサーヴァッティー舎衛城)のアナータピンディカ園(祇園精舎)に滞在していた。

そこに比丘プンナ富楼那)が訪れ、人里離れて精進していく術を問う。釈迦は六処の制御を説く。

続いて、釈迦がプンナにこれからどの地方に赴くのか聞くと、プンナは粗暴者が多いスナーパランタであると答える。

釈迦がプンナに、もしその地方の者たちがプンナを

  • 罵ったら
  • 殴ったら
  • 土塊で殴ったら
  • 剣で殴ったら
  • 剣で殺したら

どうするか問い、プンナがその全てに動じない前向きな回答をすると、釈迦はその克己ぶりを讃えて送り出す。

プンナはその土地で活躍し、多くの者を仏道へと導き、また三明を得て阿羅漢となり、後に入滅(般涅槃)する。

その土地の比丘たちが釈迦を訪れ、プンナの転生先を問う。

釈迦はプンナは解脱し涅槃へ至ったことを告げると、比丘たちは歓喜する。

日本語訳[編集]

  • 『南伝大蔵経・経蔵・中部経典4』(第11巻下) 大蔵出版
  • 『パーリ仏典 中部(マッジマニカーヤ)後分五十経篇II』 片山一良訳 大蔵出版
  • 『原始仏典 中部経典4』(第7巻) 中村元監修 春秋社

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『パーリ仏典』片山
  2. ^ 『南伝大蔵経』、『原始仏典』中村

関連項目[編集]