プードル・スプリングス物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

プードル・スプリングス物語』(Poodle Springs)は、アメリカの作家レイモンド・チャンドラーの未完の遺稿をロバート・B・パーカーが完成させたハードボイルド小説。1989年に刊行された。私立探偵フィリップ・マーロウを主人公とする長編シリーズの第8作となる。

あらすじ[編集]

長いお別れ』で出会った富豪の娘リンダ・ローリングと結婚し、プードル・スプリングスの豪邸に住むことになったフィリップ・マーロウ。だが、妻の金で暮らすことを潔しとしないマーロウは町はずれに探偵事務所を開いた。最初の依頼人は、借金を返さない男を捜してほしいというカジノ経営者だったが、一見単純な依頼はやがて殺人事件へと発展する。

登場人物[編集]

  • フィリップ・マーロウ:主人公。私立探偵
  • リンダ・ローリング・マーロウ:マーロウの妻。『長いお別れ』と『プレイバック』に登場。
  • ハーラン・ポター:リンダの父親。大富豪。
  • アウグスティノ:マーロウとリンダの雇った召使い。
  • マニィ・リップシュルツ:依頼人。カジノ・アゴニィ・クラブの経営者。レスター・ヴァレンタインを捜すよう依頼してくる。
  • レナード:リップシュルツの手下。
  • レスター・ヴァレンタイン:カメラマン。通称”レス・ヴァレンタイン″マニィ・リップシュルツに借金をしたのち行方不明となる。
  • マッフィ・ブラックストゥン・ヴァレンタイン:レスターの妻。大富豪、クレイトン・ブラックストゥンの娘。行方不明の夫を心配する。
  • クレイトン・ブラックストゥン:大富豪。プードル・スプリングスの名士。冷酷な人物で利益のためなら、犯罪も辞さない
  • エディ・ガルシア:クレイトン・ブラックストゥンの側近。銃の名手で殺しも引き受ける。
  • ソンドラ・リー:トップモデル。レスター・ヴァレンタインの仕事相手。
  • ラリィ・ヴィクター:カメラマン
  • エインジェイル・ヴィクター:ラリィ・ヴィクターの妻
  • ローラ・フェイスフル:タップダンスの踊り子
  • バーニィ・オウルズ:地方検事局の主任捜査官。物語の途中より殺人事件の捜査に関わってくる。地方検事局にマーロウが勤めていた頃の上司で、彼の腕前を認めている。『大いなる眠り』『高い窓』『さらば愛しき女よ』に登場する。
  • ウィルトン・クランプ:リバーサイド郡の主任捜査官。警部補。プードル・スプリングスを管轄している。名士ハーラン・ポターの娘婿であるマーロウのことを厄介の種と考えている。
  • ハリィ・シンプスン:弁護士。

作品の詳細[編集]

本編は41章からなる。『プレイバック』を刊行したのちレイモンド・チャンドラーが1958年秋ごろから書き始めたが、翌59年に死去したため執筆できたのは4章のみであり、その後はロバート・B・パーカーが執筆した。プードル・スプリングスのは架空の地名だが、モデルは高級リゾート地のパームスプリングスであり、チャンドラーが「エレガントな女性が3人いれば少なくとも1人はプードルを飼っている」ような土地柄なので、そういう題名にしたと語っている。

映画化[編集]

1998年HBOによりテレビ映画化されている(マーロウ 最後の依頼英語版)。監督はボブ・ラフェルソンで、マーロウはジェームズ・カーンが演じている。

日本語訳[編集]

いずれも菊池光訳、早川書房

脚注[編集]


関連項目[編集]