ヘイデン・パッドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヘイデン・パッドン
2017 ラリー・ドイツにて
2017 ラリー・ドイツにて
基本情報
国籍  ニュージーランド
生年月日 (1987-04-20) 1987年4月20日(32歳)
出身地 ニュージーランドジェラルディン
WRCでの経歴
活動時期 2006年-2012年2014年-
コ・ドライバー ニュージーランドの旗 ジョン・ケナード
イギリスの旗セバスチャン・マーシャル
所属チーム ヒュンダイ・モータースポーツMスポーツ・フォード
出走回数 71
優勝回数 1
表彰台回数 6
ステージ勝利数 32
通算獲得ポイント 333
初戦 2006年ラリー・ニュージーランド
初勝利 2016年ラリー・アルゼンチン
テンプレートを表示

ヘイデン・パッドン(Hayden Paddon、1987年4月20日 - )は、ニュージーランド出身のラリードライバー。

経歴[編集]

父親もラリードライバーであるパッドンは、6歳からカートを始めた。ラリーデビューは2002年で、当時15歳であった。2006年には国内最高峰のニュージーランドラリー選手権に三菱・ランサーエボリューションでデビューし、ルーキーカップとジュニアカップを同時に勝ちとった。2007年にはプロダクションカー世界ラリー選手権 (PWRC) にワイルドカード参戦でデビュー。2008年には国内選手権を制覇した。2009年には国内選手権を連覇し、アジアパシフィックラリー選手権 (APRC) のパシフィックカップも制覇[1]

2010年にはPWRCで初めて優勝し年間ランキング3位。2011年にはスバル・WRX STIで念願のPWRCチャンピオンを獲得した。

2012年は主戦場をS2000世界ラリー選手権 (SWRC) に切り替え、シュコダ・ファビア S2000で参戦。2勝を挙げ総合4位につけた。2013年には再び国内選手権に戻り3度目のチャンピオンになった他、ヨーロッパラリー選手権 (ERC) にフォード・フィエスタ S2000でスポット参戦もした。

2014年、WRCに復帰したヒュンダイとシーズン途中に契約し、パッドンは念願の世界ラリー選手権 (WRC) のシートを獲得。2015年にはフル参戦を果たしたが、ラリー・イタリアの2位以外は表彰台に登れず、年間9位となった。

2016 ラリー・アルゼンチンで初優勝したパッドン

2016年にはラリー・アルゼンチンでWRC初優勝を飾り[2]、2位と3位も一度ずつ獲得して総合4位につけた。

2017年は開幕戦ラリー・モンテカルロのSS1でクラッシュした際、観戦エリア外にいたスペイン人カメラマンにマシンが直撃。このカメラマンは死亡し、パッドンは残りのステージを棄権した[3]。また第6戦ラリー・ポルトガルを前に、ジョン・ケナードの現役引退に伴ってセバスチャン・マーシャルへとコ・ドライバーを交代した[4]。この年はポーランドとオーストラリアで表彰台に上がったが、チームメイトのティエリー・ヌービルが4勝を挙げて2位であったのに対して年間8位に終わっている。

2018年はダニ・ソルドとシートを共有する形で、グラベルイベントを中心に参戦する。この年の表彰台は第9戦トルコの3位、最終戦オーストラリアの2位の2度のみだったが、その他のラリーでも安定した成績を残し、昨年と同じで年間8位でシーズンを終えた。しかしシーズン終了後、セバスチャン・ローブのヒュンダイ加入が決定し、それに伴いパッドンはシートを失うこととなった。

2019年は国内選手権、APRCに参戦しWRCでのシート獲得に向け奔走していた。そしてMスポーツ・フォードと契約を結び第9戦フィンランドへの出場が決まった。固定ナンバー制度導入によりヒュンダイ参戦時につけていた「20」を選択した。しかし7月29日に行われた事前テストで彼の乗るフォード・フィエスタWRCはクラッシュにより大破、ラリー本番までに修復が間に合わないためパッドンのWRC復帰は幻となるはずだった。しかしその後も奔走を続け第12戦ラリーGBにWRC2プロから新型フォード・フィエスタR5で、最終戦ラリー・オーストラリアフォード・フィエスタWRCで再び参戦が決定した。

出典[編集]

関連項目[編集]