ヘイルトゥリーズン系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ヘイルトゥリーズン系 (ヘイルトゥリーズンけい、Hail to Reason Line)は(主にサラブレッド)の父系(父方の系図)の1つ。

概要[編集]

ヘイルトゥリーズンHail to Reason)はアメリカ合衆国で競走生活を送った馬で、18戦9勝の戦績で1960年の2歳チャンピオンに選ばれた馬であった[1]。故障により2歳で引退したヘイルトゥリーズンは、翌年1961年より種牡馬入りすると、初年度産駒からベルモントステークス優勝馬のヘイルトゥオール、ハリウッドオークス勝ち馬のストレイトディールを出して一気に注目を集めた[2]。そして1970年、その年プリークネスステークスなどに優勝して年度代表馬に選出されたパーソナリティなどの後押しを受けて、それまでボールドルーラーが7年連続で独占していたリーディングサイアーの座を奪取することに成功した[2]

ヘイルトゥリーズンの代表産駒には、このほかイギリスダービー優勝馬ロベルトトラヴァーズステークス優勝馬ボールドリーズンシャンペンステークス優勝馬ストップザミュージックなどがいる。その中でも、種牡馬としてヘイルトゥリーズンの系統を大きく伸ばしていったのは、上記のロベルトと、競走馬としてよりも種牡馬として活躍したヘイローで、どちらも急増するノーザンダンサー系繁殖牝馬との和合性が高く、この系統を押し上げる力となった[2]

先述の2系統を経ない産駒は限られてきており、ストップザミュージックの系統がルグロリューなどのG1勝ち馬を時折出しながら父系を繋ぎ、唯一気を吐いている程度である。またロイヤルチャージャーの男系子孫でヘイルトゥリーズンを経ないサイアーラインが豪州に若干残っているため、それを含める場合は日本の一部では、まとめてターントゥ系と称して分類する専門家もいる。

サイアーライン[編集]

Darley Arabian 1700
Bartlet's Childers 1716
 |Squirt 1732
  |Marske 1750
   |Eclipse 1764   ←---エクリプス系へ戻る
    |Potoooooooo 1773
     |Waxy 1790
      |Whalebone 1807
       |Sir Hercules 1826
        |Birdcatcher 1833
         |The Baron 1842
          |Stockwell 1849
           |Doncaster 1870
            |Bend Or 1877
             |Bona Vista 1889
              |Cyllene 1895
               |Polymelus 1902
                |Phalaris 1913   ←---ファラリス系へ戻る
                 |Pharos 1920
                  |Nearco 1935
                   |Royal Charger 1942   ←---ロイヤルチャージャー系へ戻る
                    |Turn-to 1951
                      |Hail to Reason 1958   ---↓ヘイルトゥリーズン系(改行)

---↓ヘイルトゥリーズン系

Hail to Reason 1958
|Hail to All 1962
|Reasonably Fair 1962
|Turn to Reason 1962
|Hospitality 1963
|Red Rumour 1963
|Proud Clarion 1964
| |Brent's Prince 1972
| |Proud Birdie 1973
| | |Birdonthewire 1989
| |Proud Arion 1974
|Hail the Prince 1965
|Mr.Leader 1966
| |Hurry Up Blue 1977
| |Wise Times 1983
| |Ruhlmann 1985
| | |Steel Ruhlr 1994
| |Doc's Leader 1986
|*パーソナリティ Personality 1967
| |エリモタイヨー 1980
| | |ワカクサホマレ 1989
| |ホクトヘリオス 1984
Bold Reason 1968
| |Sound Reason 1974
|Good Counsel 1968
| |Sanhedrin 1974
|Limit to Reason 1968
|Gay Gambler 1969
Halo 1969   ---→ヘイロー系
Roberto 1969   ---→ロベルト系
|Hail The Pirates 1970
|Stop the Music 1970
| |Taufan 1977
| | |Tagula 1993
| | | |Atlantis Prince 1998
| | | |Canford Cliffs 2007
| |Temperence Hill 1977
| | |Templar Hill 1984
| | |*テンパレートシル Temperate Sil 1984
| |Cure the Blues 1978
| | |*ネヴァーベター Never Better 1984
| | |Le Glorieux 1984
| | |Take Me Out 1988
| | |American Chance 1989
| | |Strawberry Blue 1992
| | |Ft.Stockton 1992
| | | |J.S.Hold 2004
| | |Wake at Noon 1997
| |*ニシノエトランゼ Nishino Etoranger 1979
| |Sackford 1980
| |*メロウアウト 1987
|Winds of Thought 1970
|*ソリタリーヘイル Solitary Hail 1973
  • サイアーライン上は全て種牡馬入りした馬。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『新・競馬百科』p.189
  2. ^ a b c 『新・競馬百科』p.190