ヘイン・ケファー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヘイン・ケファー(自画像)

ヘイン・ケファー(Jacob Simon Hendrik 'Hein' Kever、1854年6月19日 - 1922年4月29日)はオランダの画家である。オランダの北ホラント州ラーレンに集まった画家たち、「ラーレン派」の画家の一人とされる。

略歴[編集]

アムステルダムの裕福な家庭に生まれた。母親は画家のヨゼフ・イスラエルス(1824-1911)の友人で、イスラエルスの紹介でグレーフェ(Petrus Franciscus Greive)らの有名なオランダの版画家たちの弟子になった。1872年にグレーフェが亡くなった後、ヨハン・グリーフェ(Johan Conrad Greive)とユトレヒト州のエームネス(Eemnes)にスタジオを作り画家として独立した。

1878年にアントウェルペン王立芸術学院の冬のコースに参加してシャルル・ヴェルラらに学び、その後北ホラント州のブラリクム(Blaricum)に住んだ。1887年に結婚して、オランダの芸術家が集まり始めていた、ラーレンに屋敷を買って移り住んだ。短い間、ヌンスペートや北ブラバント州に滞在した他は、北ホラント州で暮らした。ヨゼフ・イスラエルス、アントン・モーヴアルベルト・ノイフィスらとともに、「ラーレン派」の画家の一人とされ、風景画、風俗画、人物画を描いたが、最も多く描いたのは農民の生活を描いた作品である。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • Carole Denninger-Schreuder: Schilders van Laren, Toth, Bussum, 2003. ISBN 9789068683271
  • C.W.H. Verster: J.S.H. Hein Kever, jaargang 22, deel 43, 1912.