ヘイ・ジュード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヘイ・ジュード
ビートルズシングル
B面 レヴォリューション
リリース
録音 トライデント・スタジオ
(1968年7月31日-8月2日)
ジャンル ポップ・ロック
時間
レーベル アップル・レコード(イギリス、アメリカ)
オデオン(日本)
作詞・作曲 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
チャート最高順位
ビートルズシングル盤 U.K.U.S. 年表
レディ・マドンナ
b/w
ジ・インナー・ライト
(1968年)
ヘイ・ジュード
b/w
レヴォリューション
(1968年)
ゲット・バック
b/w
ドント・レット・ミー・ダウン
(1969年)
ビートルズシングル盤 日本 年表
レディ・マドンナ
b/w
ジ・インナー・ライト
(1968年)
ヘイ・ジュード
b/w
レヴォリューション
(1968年)
オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
b/w
ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
(1969年)
パスト・マスターズ Vol.2 収録曲
  1. デイ・トリッパー
  2. 恋を抱きしめよう
  3. ペイパーバック・ライター
  4. レイン
  5. レディ・マドンナ
  6. ジ・インナー・ライト
  7. ヘイ・ジュード
  8. レヴォリューション
  9. ゲット・バック
  10. ドント・レット・ミー・ダウン
  11. ジョンとヨーコのバラード
  12. オールド・ブラウン・シュー
  13. アクロス・ザ・ユニヴァース
  14. レット・イット・ビー
  15. ユー・ノウ・マイ・ネーム
ミュージックビデオ
「Hey Jude」 - YouTube
テンプレートを表示

ヘイ・ジュード」(: Hey Jude)はビートルズが1968年8月に発売した18枚目のオリジナル・シングル曲。1970年2月に発売されたアメリカアップル・レコードコンピレーション・アルバムヘイ・ジュード』に収録され同アルバムはイギリスでも1979年に発売されている。

2004年に『ローリング・ストーン』誌が選んだ「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」において第8位。

ジュードは一般に男性名であるが、女性名 ジューディス愛称として遣われる場合もあるので歌詞が様々に解釈されている(後述)。

解説[編集]

名義はレノン=マッカートニーだがポール・マッカートニーが単独で作詞作曲リード・ボーカルおよびピアノはポール。後半リフレイン部分のオーケストラ指揮もポールが担当。オーケストラ・アレンジしたのはプロデューサーたるジョージ・マーティン

ジョン・レノンオノ・ヨーコとの不倫のため妻・シンシアと険悪になっている頃に夫妻の長男であるジュリアン(5歳)を励ますためポールが「ヘイ・ジュールズ」(ジュールズはジュリアンの愛称)を作詞作曲[3][4]。しかし個人的な内容ではB面収録になる確率が高くなるので、「Jules」を架空の人物「Jude」に変え普遍性を持たせA面収録になっている。[5] 一方、ジョンは(自身がオノ・ヨーコに夢中だった時期だからか)「俺への歌(との解釈も出来る)[6]」と発言している。またジョンは「婚約者ジェーン・アッシャーに婚約を一方的に破棄されたポールのポール自身への無意識のメッセージではないか」とも述べているがポールは否定している。 加えて前述したようにJude は女性名でもあるのでデイリー・エクスプレスの女性記者 ジューディス・サイモンズへの歌と解釈する人もいる[7]

ポールは宣伝の為アップル・ブディックのウィンドウに「Hey Jude」を自ら大書するが、ドイツ語においてJudeユーデが「ユダヤ人」を意味する事を全く知らず、「反ユダヤ主義の落書き」と誤解され[8]、窓ガラスが割られ抗議の電話が掛かって来るなどの事件も起きた。[9][10][11]

歌詞「"The movement you need is on your shoulders"」をポールは修正または削除するつもりだったが、ジョンに「この曲で一番いい部分じゃないか。最高なんだから、残しておけよ」[3]と言われ残したエピソードがある[4]。ポールは「この歌詞を歌う時は今でもジョンを思い感傷的になる」と述べている[3]

7分を超える演奏時間は当時のポップ・ミュージックとしては異例の長さで[12][注釈 1]、後半(曲全体の半分以上)で「na na na,na na na na[注釈 2]... Hey Jude」のリフレインを延々と繰り返している。このリフレイン部のコード進行はFから始まりE♭→B♭→Fと循環逆四度進行を繰り返している。この点を作曲家のすぎやまこういちは「ここがHey Judeに面白い匂いを持たせてる部分であり、ポールは非常に斬新でユニークな発想を持った人だと感心させられる」と述べている[13]

「ヘイ・ジュード」のレコーディング用楽譜類譜がロンドンで1996年にオークションに出された際にジュリアンが「ポールが僕の為に書いてくれた曲だから」として2万5千ポンドで落札している。

2012年に開催されたロンドンオリンピックの開会式のフィナーレでは、ポールが「ヘイ・ジュード」[注釈 3]を演奏し、後半は観客とともにアカペラで大合唱して式典を締めくくった。なお、その際、演奏の冒頭で事前録音された音源が流れ、生演奏と重なるというトラブルが発生した。当初はあらかじめ録音された音源に合わせて「口パク当て振り」をする予定だったが、口パク嫌いのポールの反対によって、最終的に「生歌・生演奏」へと変更されたにもかかわらず、誤って事前録音された音源を流してしまったのがトラブルの原因とみられる[14][15]

レコーディング[編集]

アビー・ロード・スタジオでのリハーサル[編集]

ザ・ビートルズ』(ホワイトアルバム)と同時期に、シングル盤として発売するためにレコーディングが行われた[16][17]。この時期のセッションでは、ジョンは常にヨーコを連れて参加していたことや、メンバーそれぞれの意見の食い違いにより、バンドのメンバー間では不和が生じていた[18]

1968年7月28日29日の2日間、プロデューサーのジョージ・マーティンと共に[19]アビー・ロード・スタジオにてリハーサルとして25テイク録音[16]。このセッション当時、アビー・ロード・スタジオでは既に納入されていた8トラック・レコーダーの使用が、不文律の規約に基づき許容されていなかったことから[16]、4トラック・レコーダーが使用された[16]。なお、7月29日に行われたリハーサル音源が、1996年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー3』に収録されている[20]

7月30日のリハーサルでは、『Music!』という短編ドキュメンタリーの撮影のため、カメラクルーが入っている[21][22]。これが、ビートルズのレコーディング・セッションにカメラクルーの参加が許可された初の事例となった[23]。この日のリハーサルで、ジョージ・ハリスンは「ボーカルにオブリガードを弾く」ことを提案するが、ポールはこれを拒否した[24][25]。後にポールは、このことについて「ジョージはボーカルの後にギターリフを入れることを提案したんだけど、僕にはいいと思えなかった。ジョージのような偉大なギタリストに向かって言うのは憚れたけど、“弾かないでくれ”と返した。侮辱したみたいになったけど、僕らの間では普通のことだった。」と語っている[26]。このポールとジョージのやり取りは、翌年のゲット・バック・セッションでも持ち出され、ポールとジョージが口論している[注釈 4]

トライデント・スタジオでのセッション[編集]

7月31日に前日までに録音されたテイクをすべて破棄して、リメイクが開始された。なお、スタジオはアビー・ロード・スタジオではなく、トライデント・スタジオが使用された[27]。このセッションでのレコーディング・エンジニアは、バリー・シェフィールド英語版が務めた。

ポールがピアノリード・ボーカル、ジョンがアコースティック・ギター、ジョージがエレクトリック・ギターリンゴ・スタードラムスという編成で、ベーシックトラックが4テイク録音された[24][28]。最初の2テイクにおいて、ポールはリンゴがトイレに行っていたことに気づかずに録音を始めていた[27]。トイレから戻ってきたリンゴが2番からドラムを重ねた際に、ポールが「このテイクはいける!」と感じたことから、この曲のドラムは2番から入っている[29][25]

8月1日にベーシック・トラックに対して、ポールによるリード・ボーカルとベース、ジョンとポールとジョージによるバッキング・ボーカル、リンゴによる[30]タンブリンがオーバー・ダビングが行われた[31]

曲が始まってから3分ほどから始まるコーダ部分では、「Cary Grant on heat!」を含むポールのシャウトと36名のオーケストラによる演奏が加えられた。スコアはジョージ・マーティンによるもの[27]ヴァイオリン(10本)、ヴィオラ(3本)、チェロ(3本)、ダブルベース(2本)、フルート(2本)、クラリネット(2本)、バスクラリネット(1本)、ファゴット(1本)、コントラファゴット(1本)、トランペット(4本)、ホルン(2本)、トロンボーン(4本)、パーカッションで構成されている[30]。ポールは、グランドピアノの上に立ち、オーケストラの指揮を担当した[32]

この日のセッションで、ビートルズはコーダのリフレイン部分でコーラスと手拍子をしてもらうことをオーケストラのメンバーに提案。オーケストラのメンバーのうちの1人は「ポール・マッカートニーの糞みたいな歌で、コーラスや手拍子なんてしたくない。」と断ったものの、残りのメンバーはギャラを上乗せすることを条件に参加した[24]。なお、このコーダ部分のコーラスには、アップル・レコードの補佐であるクリス・オーデル[33]ジャッキー・ロマックス英語版も参加したとされている[34]

なお、「ヘイ・ジュード」は、ビートルズの楽曲で初めて8トラック・レコーダーを使用してレコーディングが行われた楽曲である[28]

ミキシング[編集]

ケン・スコットとマーティン、そしてビートルズは、アビー・ロード・スタジオにてレコーディングが完了した音源のミキシングを行った[35]。しかし、EMI直属のスタジオであるEMIレコーディング・スタジオと独立系スタジオであるトライデント・スタジオでは録音機材の規格が異なっていたので、レコーディングとミキシングを済ませてEMIレコーディング・スタジオに持ち帰ったマスターテープを再生すると、「高音域がほとんど失われて籠った音質」になることが発覚した[35]。ビートルズに伝え対策を協議。結果として、イコライザーを操作して高音域をある程度まで回復できたので発売延期せずに済んだ[36]。「ヘイ・ジュード」のステレオ・ミックスは8月2日、モノラル・ミックスは8月8日に完成した[37]

曲の2分58秒の辺りで("Remember to let her under your skin""Then you'll begin to make it better" の間)「"Fucking hell!!"(クソったれ!!)」とポールが小さな声で言っている[38]。これは、ポールがピアノの演奏をミスしたことにより、口にした言葉である。

ステレオ・バージョン[編集]

「ヘイ・ジュード」のリアル・ステレオバージョンは、イギリスにおいてはビートルズ活動中にはリリースされなかった。ただし、アメリカでは1970年2月にリリースされたアルバム『ヘイ・ジュード』に収録された。英国では1973年4月リリースの『ザ・ビートルズ1967年〜1970年』が最初となる。CDでは1988年3月にリリースされたアルバム『パスト・マスターズ Vol.2』に収録された。

シングル盤[編集]

シングル盤は、ビートルズ自身が設立したアップル・レコード初のシングルとして、1968年8月26日アメリカで、8月30日イギリス[39]、B面に「レヴォリューション」を収録して発売された。『ビルボード』(Billboard)誌では、1968年9月28日付のBillboard Hot 100で第1位を獲得[40]、9週間連続1位、同1968年年間ランキングでも第1位であった。この1位は1964年の「抱きしめたい」に続くものであり、ビルボード誌年間ランキング第1位を2度獲得したのは、同誌史上初めてのことであった。『キャッシュボックス』誌では連続7週第1位を記録し、年間ランキングでも第1位を獲得している。イギリスでは「ミュージック・ウィーク」誌で、2週連続最高位第1位を獲得している[41]

アメリカだけで400万枚以上、イギリスでは90万枚以上を売り、全世界では1,300万枚のセールスを記録。世界歴代シングル売上第4位(ギネス・ワールド・レコーズ認定による)とされる。なお、R&Bシンガーのウィルソン・ピケットのバージョン[注釈 5]もリリースされているが、こちらは、ビルボード誌最高位23位、全英では最高位16位を記録している。

プロモーション・ビデオ[編集]

ディレクターは、「ペイパーバック・ライター」「レイン」のミュージック・ビデオのほか、後に映画『レット・イット・ビー』の監督を務めたマイケル・リンゼイ=ホッグ[42][43]。プロモーション・ビデオの制作を兼ねて『デービッド・フロスト・ショー』に出演、この曲を演奏した。新曲のプロモーションとしてのテレビ出演は1966年以来。撮影は、1968年9月4日にトゥイッケナム・スタジオズで行われた[44]。この日は「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」のセッション時にドラミングをめぐってポールと口論して一時的に脱退していたリンゴ[45]が復帰した日である[46][47]

基本的にはリップシンクだが、ポールのボーカルのみライヴ。冒頭にはデービッド・フロストによる紹介もある。このミュージック・ビデオでは、ポールがピアノボーカル、ジョンがエレクトリック・ギター、ジョージがベース、リンゴがドラムという編成になっている。

この映像は、カップリング曲の「レヴォリューション」のPVと共に世界各国のレコード会社に配られた。

演奏[編集]

クレジットはイアン・マクドナルド[48]マーク・ルイソン[49]によるもの。

ビートルズ

外部ミュージシャン

収録アルバム[編集]

カバー曲(もう一つの「ヘイ・ジュード」)[編集]

1989年のチェコスロヴァキアビロード革命のおり、1960年代のチェコを代表する歌手の一人、マルタ・クビショヴァー(Marta KUBIŠOVÁ)による、チェコ語でのカバー(チェコ語作詞:ズデニェック・リティーシュ(Zdeněk RYTÍŘ))が、民主化運動を行う民衆を励ます曲として、「マルタへの祈り」(Modlitba pro Martu)と共に民衆によって歌われた。クビショヴァーによる「ヘイ・ジュード」は、1968年にチェコにソヴィエト軍が侵攻し、いわゆる「プラハの春」を弾圧した事件に抵抗するために「マルタへの祈り」等と共にレコーディングされていたのであった。

なお、チェコ語では「ジュード」は女性形の名詞ではないが、マルタ版の歌詞においては「ジュード」は女性ということになっている。また、ビロード革命の時には、クビショヴァー自身は歌詞を忘れてしまい、完全に歌うことができなかった。

影響[編集]

嘉門タツオは、「ヘイ・ジュード」の影響を受けた楽曲「HEY!浄土[50]」(2018年発売)を制作した[51]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 後に他のミュージシャンがカバーしたバージョンの中には更に長いものもある
  2. ^ ポールは歌詞原稿に "na na na,na na na na Hey Jude" と直筆している。
  3. ^ この時に「ジ・エンド」も演奏された。
  4. ^ これはドキュメンタリー映画『レット・イット・ビー』で確認できる。
  5. ^ 終結部のリード・ギターはデュアン・オールマン
  6. ^ ヴァイオリン(10本)、ヴィオラ(3本)、チェロ(3本)、ダブルベース(2本)、フルート(2本)、クラリネット(2本)、バスクラリネット(1本)、ファゴット(1本)、コントラファゴット(1本)、トランペット(4本)、ホルン(2本)、トロンボーン(4本)、パーカッションで構成。
  7. ^ オーケストラ36名のうち35名が担当

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Lane, Dan (2012年11月18日). “The biggest selling singles of every year revealed! (1952–2011)”. Official Charts Company. 2019年5月14日閲覧。
  2. ^ The Billboard Hot 100 – 1968”. Billboard. 2006年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月14日閲覧。
  3. ^ a b c The Beatles (2000). The Beatles Anthology. San Francisco, CA: Chronicle Books. p. 297. ISBN 978-0-8118-2684-6. 
  4. ^ a b Womack, Kenneth (2014). The Beatles Encyclopedia: Everything Fab Four. Santa Barbara, CA: ABC-CLIO. p. 389. ISBN 978-0-313-39171-2. 
  5. ^ Miles, Barry (1997). Paul McCartney: Many Years From Now. New York, NY: Henry Holt and Company. p. 465. ISBN 0-8050-5249-6. 
  6. ^ Everett, Walter (1999). The Beatles as Musicians: Revolver Through the Anthology. New York, NY: Oxford University Press. p. 192. ISBN 0-19-509553-7. 
  7. ^ Harry, Bill (2000). The Beatles Encyclopedia: Revised and Updated. London: Virgin Publishing. p. 517. ISBN 0-7535-0481-2. 
  8. ^ Sounes, Howard (2010). Fab: An Intimate Life of Paul McCartney. London: HarperCollins. p. 222. ISBN 978-0-00-723705-0. 
  9. ^ Miles, Barry (2001). The Beatles Diary Volume 1: The Beatles Years. London: Omnibus Press. p. 306. ISBN 0-7119-8308-9. 
  10. ^ Womack, Kenneth (2014). The Beatles Encyclopedia: Everything Fab Four. Santa Barbara, CA: ABC-CLIO. p. 391-92. ISBN 978-0-313-39171-2. 
  11. ^ Norman, Philip (2016). Paul McCartney: The Biography. London: Weidenfeld & Nicolson. p. 339. ISBN 978-0-297-87075-3. 
  12. ^ Lowry, Todd (2002). Lennon and McCartney Hits: Keyboard Signature Licks. Hal Leonard. p. 44. ISBN 0-634-03250-X. 
  13. ^ すぎやまこういちの体験作曲入門(1981)
  14. ^ 開会式「ヘイ・ジュード」は“口パク”の予定だった?”. 産経新聞 (2012年7月29日). 2012年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月8日閲覧。
  15. ^ ポール、8万人大合唱!機械トラブルで急きょ大合唱”. スポーツ報知 (2012年7月29日). 2012年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月8日閲覧。
  16. ^ a b c d Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. p. 145. ISBN 0-517-57066-1. 
  17. ^ Spitz, Bob (2005). The Beatles: The Biography. Boston: Little, Brown. p. 782. ISBN 0-316-80352-9. 
  18. ^ Hertsgaard, Mark (1996). A Day in the Life: The Music and Artistry of the Beatles. London: Pan Books. p. 247, 251. ISBN 0-330-33891-9. 
  19. ^ Womack, Kenneth (2014). The Beatles Encyclopedia: Everything Fab Four. Santa Barbara, CA: ABC-CLIO. p. 389-90. ISBN 978-0-313-39171-2. 
  20. ^ Lewisohn, Mark (1996). Anthology 3 (booklet). The Beatles. London: Apple Records. p. 14. 34451.
  21. ^ Miles, Barry (2001). The Beatles Diary Volume 1: The Beatles Years. London: Omnibus Press. p. 304. ISBN 0-7119-8308-9. 
  22. ^ Winn, John C. (2009). That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966–1970. New York, NY: Three Rivers Press. p. 197. ISBN 978-0-3074-5239-9. 
  23. ^ Spizer, Bruce (2003). The Beatles on Apple Records. New Orleans, LA: 498 Productions. p. 32. ISBN 0-9662649-4-0. 
  24. ^ a b c Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. p. 146. ISBN 0-517-57066-1. 
  25. ^ a b Miles, Barry (1997). Paul McCartney: Many Years From Now. New York, NY: Henry Holt and Company. p. 466. ISBN 0-8050-5249-6. 
  26. ^ William J. Dowlding (1989). Beatlesongs. ouchstone. p. 343. ISBN 978-0617682295. https://books.google.co.jp/books?id=SZYXaM8cZ0wC&pg=PT343&lpg=PT343&dq=I+remember+on+%E2%80%98Hey+Jude%E2%80%99+telling+George+not+to+play+guitar.+He+wanted+to+do+echo+riffs+after+the+vocal+phrases,+which+I+didn%E2%80%99t+think+was+appropriate.+He+didn%E2%80%99t+see+it+like+that,+and+it+was+a+bit+of+a+number+for+me+to+have+to+%E2%80%98dare%E2%80%99+to+tell+George+Harrison%E2%80%93+who%E2%80%99s+one+of+the+greats%E2%80%93+not+to+play.+It+was+like+an+insult.+But+that%E2%80%99s+how+we+did+alot+of+our+stuff.&source=bl&ots=k5v-spbz-h&sig=ACfU3U2h8kiEkiJw_7xot55kLi6uaRBObw&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwjvxcn9i5viAhUK6bwKHaG8CSkQ6AEwAHoECAkQAQ#v=onepage&q=I%20remember%20on%20%E2%80%98Hey%20Jude%E2%80%99%20telling%20George%20not%20to%20play%20guitar.%20He%20wanted%20to%20do%20echo%20riffs%20after%20the%20vocal%20phrases%2C%20which%20I%20didn%E2%80%99t%20think%20was%20appropriate.%20He%20didn%E2%80%99t%20see%20it%20like%20that%2C%20and%20it%20was%20a%20bit%20of%20a%20number%20for%20me%20to%20have%20to%20%E2%80%98dare%E2%80%99%20to%20tell%20George%20Harrison%E2%80%93%20who%E2%80%99s%20one%20of%20the%20greats%E2%80%93%20not%20to%20play.%20It%20was%20like%20an%20insult.%20But%20that%E2%80%99s%20how%20we%20did%20alot%20of%20our%20stuff.&f=false. 
  27. ^ a b c Spizer, Bruce (2003). The Beatles on Apple Records. New Orleans, LA: 498 Productions. p. 33. ISBN 0-9662649-4-0. 
  28. ^ a b Winn, John C. (2009). That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966–1970. New York, NY: Three Rivers Press. p. 198. ISBN 978-0-3074-5239-9. 
  29. ^ アルク英語出版「英語で歌おう ビートルズ編」P62-63、ビートルズ研究家・山本和雄の解説
  30. ^ a b MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). p. 264. ISBN 1-84413-828-3. 
  31. ^ Everett, Walter (1999). The Beatles as Musicians: Revolver Through the Anthology. New York, NY: Oxford University Press. p. 194. ISBN 0-19-509553-7. 
  32. ^ Sheffield, Norman J. (2013). Life on Two Legs. London: Trident Publishing. p. 18, 19. ISBN 978-0-9575133-0-3. 
  33. ^ O'Dell, Chris (2009). Miss O'Dell: My Hard Days and Long Nights with The Beatles, The Stones, Bob Dylan, Eric Clapton, and the Women They Loved. New York, NY: Touchstone. p. 74-75. ISBN 978-1-4165-9093-4. 
  34. ^ Staunton, Terry (2004-07). “Jackie Lomax: Is This What You Want?. Record Collector. http://www.rocksbackpages.com/Library/Article/jackie-lomax-is-this-what-you-want 2019年5月14日閲覧。. 
  35. ^ a b Hunt, Chris. "Here Comes the Son". In: Mojo Special Limited Edition 2003, p. 39.
  36. ^ Emerick, Geoff; Massey, Howard (2006). Here, There and Everywhere: My Life Recording the Music of The Beatles. New York, NY: Gotham Books. p. 260. ISBN 978-1-59240-269-4. 
  37. ^ Everett, Walter (1999). The Beatles as Musicians: Revolver Through the Anthology. New York, NY: Oxford University Press. p. 195日. ISBN 0-19-509553-7. 
  38. ^ Womack, Kenneth (2014). The Beatles Encyclopedia: Everything Fab Four. Santa Barbara, CA: ABC-CLIO. p. 391. ISBN 978-0-313-39171-2. 
  39. ^ Castleman, Harry; Podrazik, Walter J. (1976). All Together Now: The First Complete Beatles Discography 1961–1975. New York, NY: Ballantine Books. p. 67-68. ISBN 0-345-25680-8. 
  40. ^ The Billboard Hot 100 – 1968”. 2006年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月14日閲覧。
  41. ^ Lane, Dan (2012年11月18日). “The biggest selling singles of every year revealed! (1952–2011)”. Official Charts Company. 2018年11月8日閲覧。
  42. ^ McCormick, Neil (2015年11月11日). “Did the Beatles invent the pop video?”. The Daily Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/music/artists/did-the-beatles-invent-the-pop-video/ 2019年5月14日閲覧。 
  43. ^ Spizer, Bruce (2003). The Beatles on Apple Records. New Orleans, LA: 498 Productions. p. 34-35. ISBN 0-9662649-4-0. 
  44. ^ Winn, John C. (2009). That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966–1970. New York, NY: Three Rivers Press. p. 208. ISBN 978-0-3074-5239-9. 
  45. ^ Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. p. 151. ISBN 0-517-57066-1. 
  46. ^ Hertsgaard, Mark (1996). A Day in the Life: The Music and Artistry of the Beatles. London: Pan Books. p. 250-51. ISBN 0-330-33891-9. 
  47. ^ Clayson, Alan (2003b). Ringo Starr. London: Sanctuary. p. 183–84. ISBN 1-86074-488-5. 
  48. ^ MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). p. 302-304. ISBN 1-84413-828-3. 
  49. ^ Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. p. 146. ISBN 0-517-57066-1. 
  50. ^ 嘉門タツオ「HEY!浄土」(ライブ音源) - YouTube
  51. ^ 『グッド!モーニング』2018年8月20日(月)04:55~08:00 テレビ朝日、価格.com - 2019年1月9日閲覧。