ヘスス・コロメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はコロメ第二姓(母方の)はデ・ラ・クルーズです。
ヘスス・コロメ
Jesús Colomé
Jesus Colome.jpg
ワシントン・ナショナルズ時代
(2008年4月22日)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サン・ペドロ・デ・マコリス州サンペドロ・デ・マコリス
生年月日 (1977-12-23) 1977年12月23日(41歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
240 lb =約108.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1996年 アマチュア・フリーエージェントとしてオークランド・アスレチックスと契約
初出場 2001年6月21日
最終出場 2010年5月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ヘスス・コロメ・デ・ラ・クルーズJesús Colomé de la Cruz , 1977年12月23日 - )は、ドミニカ共和国サン・ペドロ・デ・マコリス州サンペドロ・デ・マコリス出身の元プロ野球選手投手)。

アレックス・コロメ

経歴[編集]

プロ入りからレイズ時代[編集]

1996年にアマチュア・フリーエージェントとしてオークランド・アスレチックスと契約。

2000年7月28日にトレードで、タンパベイ・デビルレイズへ移籍した。

2001年6月21日の対ボストン・レッドソックス戦においてメジャーデビューを果たす。マイナーリーグでは先発登板が多かったが、メジャー昇格後はリリーフとして起用され、エステバン・ジャンらとクローザーの座を争ったこともあった。2005年に右肩を痛めて2度の故障者リスト入り。2006年、開幕直後に1試合に登板しただけで解雇された。その後、ニューヨーク・ヤンキースと契約するが、メジャーでの登板はなくシーズン終了後に放出される。

ナショナルズ時代[編集]

2007年1月にワシントン・ナショナルズと契約。この年に自己最多の61試合に登板し、手薄なリリーフ陣を支えた。2008年も同じく61試合に登板したが、シーズン終了後の12月10日にナショナルズから解雇された[1]

2009年4月9日にマイナー契約でナショナルズに復帰した。7月にDFAとなった。

ブルワーズ時代[編集]

ミルウォーキー・ブルワーズがマイナー契約で獲得したが、9月6日に放出された[2]

マリナーズ時代[編集]

2010年1月10日にシアトル・マリナーズとマイナー契約を結んだ[3]が、5月10日に解雇される[4]

ドジャース傘下時代[編集]

6月23日にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結ぶ。

レンジャース傘下時代[編集]

8月15日にテキサス・レンジャースとマイナー契約を結んだ。

ロッキーズ傘下時代[編集]

2011年コロラド・ロッキーズ傘下のAAA級コロラドスプリングス・スカイソックスでプレーしたがメジャー昇格には至らなかった。

メキシカンリーグ時代[編集]

2012年メキシカンリーグモンテレイ・サルタンズでプレーした。しかし、禁止薬物の使用で50試合の出場停止処分を受けた。薬物の使用について本人は身に覚えが無いと潔白を主張している[5]

2013年台湾プロ野球義大ライノズと契約したが、メキシカンリーグで処分を受けていたことが問題となり、開幕前に契約を解除された[5]。同年5月18日に中日ドラゴンズの入団テストを受け[6]、薬物検査の結果に問題はなかったものの、「総合的に判断した」との理由で同月28日に不合格となった[7]

2014年オフは母国ドミニカ共和国のウィンターリーグに参加。

米独立リーグ時代[編集]

2015年5月25日に独立リーグアトランティックリーグブリッジポート・ブルーフィッシュと契約したが、3試合の登板で解雇となる。

投球スタイル[編集]

好調時には最高で100mph(約160.9km/h)を計時するフォーシームの速球と、切れ味鋭いスライダーが武器。制球も徐々に良くなり、クローザー候補として毎年名前が挙がる投手だが、まだクローザーになれずにいる。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2001 TB 30 0 0 0 0 2 3 0 6 .400 209 48.2 37 8 25 4 2 31 2 0 22 18 3.33 1.27
2002 32 0 0 0 0 2 7 0 3 .222 204 41.1 56 6 33 5 2 33 5 0 41 38 8.27 2.15
2003 54 0 0 0 0 3 7 2 11 .300 334 74.0 69 9 46 5 3 69 7 0 37 37 4.50 1.55
2004 33 0 0 0 0 2 2 3 8 .500 169 41.1 28 4 18 1 1 40 1 1 16 15 3.27 1.11
2005 36 0 0 0 0 2 3 0 2 .400 212 45.1 54 7 18 3 2 28 5 0 29 23 4.57 1.59
2006 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 2 0.1 0 0 1 0 0 0 0 0 1 1 27.00 3.00
2007 WSH 61 0 0 0 0 5 1 1 11 .833 286 66.0 64 6 27 3 1 43 4 0 30 28 3.82 1.38
2008 61 0 0 0 0 2 2 0 1 .500 312 71.0 61 6 39 4 4 55 7 0 38 34 4.31 1.41
2009 16 0 0 0 0 1 1 0 0 .500 75 15.0 23 1 6 1 1 12 2 2 14 14 8.40 1.93
MIL 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 28 6.1 11 1 0 0 0 3 1 0 4 4 5.68 1.74
'09計 21 0 0 0 0 1 1 0 0 .500 103 21.1 34 2 6 1 1 15 3 2 18 18 7.59 1.88
2010 SEA 12 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 77 17.0 15 1 11 0 1 16 3 0 10 10 5.29 1.53
MLB:10年 341 0 0 0 0 19 27 6 42 .413 1908 426.1 418 49 224 26 17 330 37 3 242 222 4.69 1.51

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2001 TB 30 4 1 1 0 .833
2002 32 4 8 0 0 1.000
2003 54 6 10 1 0 .941
2004 33 2 7 0 0 1.000
2005 36 5 5 1 0 .909
2006 1 0 0 0 0 ----
2007 WSH 61 5 6 0 0 1.000
2008 61 1 10 0 0 1.000
2009 16 0 0 1 0 .000
MIL 5 0 1 0 0 1.000
'09計 21 0 1 1 0 .500
2010 SEA 12 0 3 0 0 1.000
MLB 341 27 51 4 0 .951

背番号[編集]

  • 46 (2001年 - 2002年)
  • 49 (2003年 - 2006年)
  • 43 (2007年 - 2009年途中)
  • 58 (2009年途中 - 同年終了)
  • 37 (2010年)

脚注[編集]

関連項目[編集]