ヘスス・マヌエル・ロハス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はロハス第二姓(母方の)はディアスです。
ヘスス・マヌエル・ロハス
基本情報
本名 ヘスス・マヌエル・ロハス・ディアス
階級 フェザー級
身長 170cm
リーチ 173cm
国籍 プエルトリコの旗 プエルトリコ
誕生日 (1986-12-26) 1986年12月26日(32歳)
出身地 カグアス
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 33
勝ち 27
KO勝ち 20
敗け 3
引き分け 2
無効試合 1
テンプレートを表示

ヘスス・マヌエル・ロハス・ディアスJesus Manuel Rojas Diaz1986年12月26日 - )は、プエルトリコプロボクサーカグアス出身。元WBA世界フェザー級王者。オスカー・デ・ラ・ホーヤゴールデンボーイ・プロモーションズ所属。

来歴[編集]

2012年6月9日、ネバダ州ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナWBO世界バンタム級王者ホルヘ・アルセと対戦する予定だったが、WBOがロハスがランカー入りしたがそれを認めずスーパーバンタム級契約でのノンタイトル戦として行われたが、ローブローで倒れ込んだのと同時にその後勢い余ってロハスのパンチが耳に当たり休息が与えられるも、回復せず2回9秒無判定試合に終わった[1]

2016年9月14日、ゴールデンボーイ・プロモーションズと契約した[2][3]

2017年9月15日、ネバダ州ラスベガスのMGMグランド内マーキー・ボール・ルームでWBA世界フェザー級暫定王者クラウディオ・マレロと対戦し、7回2分59秒KO勝ちを収め王座を獲得した[4][5][6][7]

2018年2月8日、カグアスでベルトが授与された[8]

2018年8月18日、ハリウッドのジ・アバロンでジョセフ・ディアスと対戦し、初防衛を目指す予定だったが、前日計量でディアスがフェザー級の規定体重である126ポンドを0.6ポンド超過の126.6ポンドを計測し体重超過で失格となったため、試合はWBAのルールに従い体重超過を犯したディアスに負けてもロハスは王座を失わず保持し、ディアスが勝っても王座獲得出来ないという条件で行われ、ロハスが12回判定負けを喫するが王座を失わずに保持したままとなった。この試合でロハスは6万ドル(約680万円)、ディアスは5万ドル(約580万円)のファイトマネーを稼いだが、ディアスはファイトマネーの20%(1万ドル)を体重超過の罰金として支払った[9]

2019年1月26日、テキサス州・ヒューストンのトヨタ・センターにてハイメ・ムンギアVS井上岳志の前座で徐燦と対戦し、12回3-0(112-116、111-117、110-118)の判定負けを喫し初防衛に失敗、王座から陥落した[10]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 37歳ベイリー劇的TKO勝ち IBFウェルター級王座決定戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年6月11日
  2. ^ JESUS ROJAS & MARVIN CABRERA SIGN WITH GOLDEN BOY PROMOTIONS Golden Boy Promotions 2016年9月14日
  3. ^ ゴロフキン&ロマゴン、メキシコでも高視聴件数 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年9月15日
  4. ^ Rojas KOs Marrero for WBA interim belt Fightnews.com 2017年9月15日
  5. ^ Jesus Rojas KOs Claudio Marrero, claims interim featherweight belt ESPN.com 2017年9月16日
  6. ^ Rojas Stops Marrero in 7th to Win Interim WBA Featherweight Title Boxing Scene.com 2017年9月16日
  7. ^ Jesús Rojas, new WBA Interim Featherweight Champion WBA公式サイト 2017年9月17日
  8. ^ Jesús Rojas received his WBA champion belt WBA公式サイト 2018年2月9日
  9. ^ Joseph Diaz Jr. misses 126-pound limit, can't win Jesus Rojas' belt”. ESPN.com (2018年8月11日). 2018年10月8日閲覧。
  10. ^ Xu Can Stuns Jesus Rojas, Wins Decision To Capture WBA Belt”. Boxing Scene.com (2018年1月26日). 2019年6月20日閲覧。

関連項目[編集]

前暫定王者
クラウディオ・マレロ
WBA世界フェザー級暫定王者
2017年9月15日 - 2018年7月4日
次暫定王者
正規認定により消滅
空位
前タイトル保持者
アブネル・マレス
WBA世界フェザー級王者

2018年7月4日 - 2019年1月26日

次王者
徐燦