ヘドヴィグ・カラカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Flag of Hungary.svg この項目では、印欧語族風に、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いカラカシュ・ヘドヴィグと表記することもあります。
ヘドヴィグ・カラカス
基本情報
ラテン文字 Hedvig Karakas
 ハンガリー
出生地 ヤース・ナジクン・ソルノク県ソルノク
生年月日 (1990-02-21) 1990年2月21日(29歳)
身長 167cm[1][2]
選手情報
階級 女子57kg級
世界ランキング 14位 2832点(2019/9/2)[3][4]
 
獲得メダル
柔道
世界柔道選手権
2009 ロッテルダム 57kg級
テンプレートを表示

ヘドヴィグ・カラカスもしくはカラカシュ・ヘドヴィグラテン語: Hedvig Karakas1990年2月21日 - )はハンガリーソルノク出身の女子柔道家

来歴[編集]

2009年の世界選手権では準々決勝でアゼルバイジャンのキファヤト・ガシモワに有効で敗れるが、その後の3位決定戦では右手を骨折して釣手の使えない松本薫に対して掬投を決めて3位となった[5]。さらにヨーロッパジュニアで優勝すると、世界ジュニアでも優勝を飾った。2010年のワールドマスターズグランドスラム・パリでは松本にそれぞれ上四方固浮腰の技ありで敗れた。ロンドンオリンピックでは準々決勝でルーマニアのコリーナ・カプリオリウに判定で敗れると、3位決定戦でもフランスのオトーヌ・パヴィアに有効で敗れて5位にとどまった[1]。2014年6月のグランプリ・ハバナでは3位になったが、違反柔道衣を着用したとして、順位を取り消された上に賞金の2000ドルも返還することとなった[6][7]。2015年のヨーロッパ競技大会では2位となったが、世界選手権では7位にとどまった[2]。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは7位だった[2]。2017年に地元のブダペストで開催された世界選手権では2回戦で敗れた[2]

主な戦績[編集]

52kg級での戦績

57kg級での戦績

(出典[2]JudoInside.com)。

脚注[編集]