ヘナロ・レオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
以下はボクシング関連記事の編集者へ向けたPJ:BOXINGのメッセージです。プレビュー時のみ表示され、保存後は表示されません。
Boxrec BoxRec (Boxrec.com) は 信頼できる確かな情報源ではない ため、ウィキペディア日本語版では情報源として使用出来ません詳細
世界王者の歴代数: ボクサー記事の各世界王座認定団体世界王者歴代数(第○代××王者)は『元××王者』と書き換えて下さい(詳細)
ボクサー記事の書き方: ボクサー記事に対するプロジェクト推奨スタイルはありません。Wikipedia:スタイルマニュアル (人物伝)に従って下さい(詳細)

このメッセージは プロジェクト:ボクシング の合意内容を反映しています。
ヘナロ・レオン
基本情報
本名 ヘナロ・レオン
階級 スーパーウェルター級
身長 175cm
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 (1960-08-10) 1960年8月10日(58歳)
出身地 シナロア州クリアカン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 61
勝ち 48
KO勝ち 43
敗け 11
引き分け 2
無効試合 0
テンプレートを表示

ヘナロ・レオンGenaro Leon、男性、1960年8月10日 - )は、メキシコプロボクサーシナロア州クリアカン出身。初代WBO世界ウェルター級王者。

来歴[編集]

1984年ロサンゼルスオリンピックウェルター級で出場。1回戦を完封で制すと、2回戦は後のWBA世界スーパーライト級王者平仲明信を初戦に続き完封で制した。3回戦は3-2の僅かで制したが準々決勝で後のWBA世界ウェルター級王者で今大会で金メダルを獲得するマーク・ブリーランドに初回KO負けで敗退した。

1984年9月28日、プロデビューを果たし2回KO勝ちで白星でデビューを飾った。

1986年2月22日、マリオ・オルメドと対戦し10回判定勝ち。

1988年9月22日、ヤング・デリック・タイガーと対戦し10回2-0の判定勝ち。

1989年5月6日、ダニー・ガルシアと初代WBO世界ウェルター級王座決定戦を行い初回KO勝ちで王座獲得に成功した。

1989年12月15日、WBO世界ウェルター級王座を返上した。

1989年12月16日、メキシコシティのプラザ・デ・トロスでWBCアメリカ大陸ウェルター級王者スリオ・サンチェスと対戦し初回1分54秒TKO勝ちで王座獲得に成功した。

1991年3月27日、ミゲル・アンヘル・ドミンゲスと対戦し4回TKO勝ちで初防衛に成功した。

1992年3月16日、ラモン・ラモスと対戦し2回TKO勝ちで2度目の防衛に成功した。

1993年1月12日、ニューヨークパラマウント・シアター英語版WBC世界ウェルター級王者バディ・マクガートと対戦し12回0-3(113-118、114-117、111-117)の判定負けでWBOに続く王座獲得に失敗した。

1994年4月23日、ヘスス・カルデナスと対戦し3回失格負けで3度目の防衛に失敗し王座から陥落した。

1995年8月7日、後のIBF世界スーパーウェルター級王者でNABO北米ウェルター級王座決定戦でルイス・ラモン・カンパスと対戦し3回TKO負けで王座獲得に失敗した。

2001年7月28日、カルロス・アントニオ・エスコバルと対戦し7回KO勝ちを最後に現役を引退した。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

前王者
N/A
WBO世界ウェルター級王者

1989年5月6日 - 1989年12月15日(返上)

空位
次タイトル獲得者
マニング・ギャロウェイ