ヘネラル・ベルグラノ (巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヘネラル・ベルグラノ
Belgrano Ushuaia.jpg
基本情報
建造所 ニューヨーク造船所
運用者  アルゼンチン海軍
艦種 巡洋艦
級名 ブルックリン級軽巡洋艦
艦歴
起工 1935年4月15日
進水 1938年3月12日
竣工 1939年3月18日
(アメリカ合衆国 フェニックスとして)
就役 1951年4月12日
最期 1982年5月2日戦没
要目
基準排水量 10,800トン
満載排水量 13,645トン
全長 185.4 m
最大幅 21.0 m
吃水 7.3 m
主缶 B&W水管ボイラー×8缶
主機 蒸気タービン
出力 100,000馬力
推進器 スクリュープロペラ×4軸
速力 32.5ノット (竣工時)
燃料 2,200トン
航続距離 7,600海里 (15kt巡航時)
乗員 1,200名
兵装 ・47口径15.3cm3連装砲×5基
・25口径12.7cm連装砲×4基
・56口径40mm機銃×20門
シーキャット短SAM
 4連装発射機×2基
装甲 ・装甲帯:100-38 mm
・甲板:76+51 mm
・砲塔:127-76 mm
・司令塔:203 mm
搭載機 ・ヘリコプター×2機
テンプレートを表示

ヘネラル・ベルグラノARA General Belgrano)は、アルゼンチン海軍巡洋艦。元はアメリカ海軍の軽巡洋艦フェニックスであったが、アルゼンチンに売却されて再就役し、フォークランド戦争(マルビナス戦争)でイギリス海軍の原子力潜水艦コンカラーによって撃沈された。

原子力潜水艦からの攻撃で沈没した史上初の艦であり、またセントルイス級を除いたブルックリン級軽巡洋艦のうち、唯一の戦闘による喪失艦でもある。

前歴[編集]

1938年3月にアメリカニュージャージー州にあるニューヨーク造船会社でブルックリン級軽巡洋艦フェニックス (USS Phoenix) として建造されアメリカ海軍に納入された。その後日本海軍による真珠湾攻撃を生き延びて太平洋戦争期間中活躍し、大戦終結後の1946年7月にアメリカ海軍を退役した。

アルゼンチン海軍での就役[編集]

1951年10月にアルゼンチン海軍がフェニックスを購入し、ファン・ペロン大統領によって「ディエシシエテ・デ・オクトゥブレ(10月17日)」 (ARA Diecisiete de Octubre) と命名された。艦名の由来となった10月17日は国家としての記念日ではなく、ペロン大統領の属する正義党(俗にペロン党ともいう)の記念日だったため、ペロン大統領がクーデターにより追放されると、本艦は「ヘネラル・ベルグラノ(ベルグラノ将軍)」へと改名された。艦名は1816年に行われたアルゼンチン独立戦争時の英雄であり、アルゼンチン国旗の制定者であるマヌエル・ベルグラーノ将軍に由来する。

フォークランド戦争での撃沈[編集]

魚雷攻撃を受けて沈没直前のヘネラル・ベルグラノ

1982年3月末、アルゼンチンがフォークランド諸島に侵攻した。イギリスは機動部隊第317任務部隊)を編成して反撃体制を整えた。ここにフォークランド戦争(マルビナス戦争)が勃発する。

アルゼンチンは当初イギリスの反攻を予期していなかったが、イギリスの動きを見て4月5日から大規模な艦隊の再編成に着手した。ヘネラル・ベルグラノを含むアルゼンチンの主要な戦闘艦艇および補助艦艇は第79任務部隊として再編された。4月30日、この任務部隊は3つの任務群に分割され、本艦はロス・エスタードス島北方を担当する第79.3任務群の旗艦となった[1]

5月1日、第79.1任務群旗艦である航空母艦ベインティシンコ・デ・マヨ搭載のトラッカー哨戒機がイギリス空母戦闘群を発見したことで、同日2307Z時(2007L時)、同空母に乗艦していた第79任務部隊指揮官アララ准将は攻撃作戦の開始を命じた。この作戦では、ベインティシンコ・デ・マヨの第79.1任務群とへネラル・ベルグラノの第79.3任務群によってイギリス空母戦闘群を挟撃することになっていた。しかし風が弱まってベインティシンコ・デ・マヨのスカイホーク艦上攻撃機が発艦できなかったほか、イギリス側に位置を知られたと思われたことから、攻撃作戦は5月2日未明に中止された。各任務群はイギリスの潜水艦を避けるために反転して浅海域に戻ることとなった。へネラル・ベルグラノも、5月2日の0900Z時までには反転を完了していた[1]

アルゼンチン側は気付いていなかったが、本艦は5月1日1400Z時以降、イギリス海軍の原子力潜水艦コンカラーに追尾されていた。へネラル・ベルグラノはイギリス側の設定した完全排除水域(TEZ)に入らず、その外縁部を沿うように進んでいたため、イギリスの交戦規定(ROE)で定められた攻撃対象の範囲外であった。しかし本艦は旧式とはいえ強力な艦砲装甲を持ち、イギリス側の水上戦闘艦の4.5インチ砲やエグゾセ艦対艦ミサイルだけでは対抗できない存在であり、もし本艦が針路を変更して完全排除水域に突入してきた場合にはイギリス艦隊にとって脅威となると予想されていた。このため、本艦を攻撃するか否かはイギリス側の懸案事項となっていた。最終的にマーガレット・サッチャー首相の認可を得て交戦規定が変更され、完全排除水域外にいるベルグラノに対しての攻撃が許可された[1]

コンカラーの通信装置の不調のため、攻撃許可の受信には時間がかかったが、コンカラーは攻撃する意思を示す通信を5月2日1710Z時までに返信し、1813Z時、戦闘配置についた。へネラル・ベルグラノは依然としてコンカラーの存在に気付いておらず、緩やかに蛇行しながら前進していた。1857Z時までに、コンカラーは理想的な攻撃位置であるベルグラノの艦首左前方1,400 ヤードに回り込み、Mk8魚雷3発を斉射した[1]

コンカラーの魚雷2発がほぼ同時、3秒ないし4秒の差でヘネラル・ベルグラノに命中した[2]。1発目の魚雷は艦首を吹き飛ばしたものの、内部の対魚雷隔壁は損傷を受けなかったため浸水はなく、弾薬の誘爆も起こらず、また付近に乗員がいなかったため死傷者も発生しなかった[2]。より深刻な被害を与えたのは、左舷後方に突き刺さって後部機械室で爆発した2発目の魚雷であった[3]。その爆風は後部機械室の上階の食堂や娯楽室に達して多数の死者を出した後、さらに上へと抜けて主甲板に長さ20ヤード(約18メートル)の破孔を開けた[3]。2発目の魚雷による浸水が発生したが、艦内の2箇所の非常用発電設備は爆発と冠水によって両方とも失われたため、電動ポンプによる排水作業は不可能であった[4]。魚雷命中から20分後にはエクトール・E・ボンソ艦長が総員退去命令を下し[5]、やがてヘネラル・ベルグラノは沈没した[6]。乗員321名と乗艦していた民間人2名が死亡し、生存者772名がアルゼンチン海軍と近隣を航行していたチリ海軍の船艇によって救助された。

本艦の沈没を受けて第79任務部隊が大陸棚の浅海に戻って以降、アルゼンチン海軍の水上戦闘艦は現存艦隊主義に徹し、紛争が終わるまで二度と出撃してくることはなかった。航空母艦ベインティシンコ・デ・マヨの艦載機は搭載解除され、陸上基地からの航空作戦に参加することとなった[7]

へネラル・ベルグラノの沈没で323人が死亡したが、これはフォークランド戦争(マルビナス戦争)におけるアルゼンチン側の戦死者649人の半数近くを占める[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 世界の艦船 増刊第36集 アメリカ巡洋艦史」(海人社)、1993年
  • 「世界の艦船 増刊第57集 第2次大戦のアメリカ巡洋艦」(海人社)、2001年
  • 「世界の艦船 2010年1月増刊号 近代巡洋艦史」(海人社)
  • 「第8章 海上作戦の観点から見たフォークランド戦争」『フォークランド戦争史 : NIDS国際紛争史研究』防衛研究所戦史研究センター、防衛省防衛研究所、2014年。ISBN 978-4864820202。
  • Gardiner, Robert (1996). Conway's All the World's Fighting Ships 1947-1995. Naval Institute Press. pp. 6-7. ISBN 978-1557501325. 
  • Middlebrook, Martin (2009). Argentine Fight for the Falklands. Pen and Sword Books. pp. 109-112. ISBN 978-1844158881. https://books.google.co.jp/books?id=JTWUBQAAQBAJ&pg=PA109&dq=torpedo+electrical+abandon#v=onepage 2019年5月9日閲覧。. 
  • Moore, John E. (1975). Jane's Fighting Ships 1974-1975. Watts. p. 23. ASIN B000NHY68W. 

関連項目[編集]