ヘバーデン結節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヘバーデン結節
Heberden-Arthrose.JPG
右手の人差し指にヘバーデン結節が生じている
診療科 {{ リウマチ学 }}

ヘバーデン結節(ヘバーデンけっせつ、: Heberden's node)とは、遠位指節間関節(DIP関節、指先に最も近い、いわゆる第1関節)に生じる、硬性または骨性の腫脹である[1]変形性関節症であり、関節部の反復性外傷によって関節の軟骨骨棘英語版が形成されることで引き起こされる[2]

ヘバーデン結節は典型的には中年期に発症し、関節の慢性的な腫れか、または痛みを伴う突然の発赤、痺れと巧緻性の喪失のいずれかによって始まる。この初期の炎症と痛みは最終的には落ち着き、しばしば指先の横方向への変形を伴う骨増生(bony outgrowth)が患者には残される。近位指節間関節(PIP関節、いわゆる第2関節)における類似した骨性成長であるブシャール結節英語版が生じていることもあり、これもまた変形性関節症と関係している。

ヘバーデン結節は男性よりも女性に多く、症状の素因に関与する遺伝的要素があるようである。

ヘバーデン結節の名称はウィリアム・ヘバーデン英語版(1710–1801)からとられた[3]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ (英語) Handbook of Medical-surgical Nursing. Lippincott Williams & Wilkins. (2006). p. 630. ISBN 9781582554457. https://books.google.com/books?id=vCzlLiOlVeUC&dq=Heberden%27s+node&source=gbs_navlinks_s. 
  2. ^ Schoen, Delores Christina (2000) (英語). Adult Orthopaedic Nursing. Lippincott Williams & Wilkins. p. 60. ISBN 9780781718806. https://books.google.com/books?id=hIq32ObcDZIC&dq=Heberden%27s+node&source=gbs_navlinks_s 2018年1月18日閲覧。. 
  3. ^ William Heberden - Who Named It?
分類
外部リソース