ヘラクロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ヘラクロス
全国
ツボツボ - ヘラクロス(#214) - ニューラ
ジョウト
カイロス - ヘラクロス(#114) - ドガース
ホウエン
カイロス - ヘラクロス(#168) - サイホーン
シンオウ
トリトドン - ヘラクロス(#062) - エイパム
イッシュ(新)
エモンガ - ヘラクロス(#145) - カイロス
基礎データ
英語名 Heracross
進化体系 たねポケモン
進化前 なし
進化後 なし
世代 第2世代
ポケモン学
分類 1ぽんヅノポケモン
タイプ むし / かくとう
高さ 1.5m
重さ 54.0kg
特性 こんじょう / むしのしらせ
かくれ特性 じしんかじょう
テンプレートを表示

ヘラクロスは、ポケットモンスターシリーズに登場する655種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

特徴[編集]

カブトムシの姿をしたポケモン。エレキッドトゲピーホウオウドンファンなどと並び、早期に『金・銀』からの登場が予告された部類に入る。

主に樹液を餌にしている。おとなしい性格だが、食事の邪魔をされると角を使って威嚇したり、投げ飛ばしたりする。自分の体重の10倍の重さのものを持ち上げることが出来る。現実のカブトムシと違って雌雄ともに角を持ち、メスは角の先がハートの様な形をしている。

ひこうタイプは持たないが、背中の鞘翅の内側に飛翔用の翅を持ち、テレビアニメ版や『ポケモンスタジアム金・銀』では実際に飛んでいる様子を見せる。

ゲームでのヘラクロス[編集]

金・銀・クリスタル』と『ハートゴールド・ソウルシルバー』では特定の木に頭突きをすると落ちてくる(ただし『金・銀・クリスタル』では高い確率で逃げ出してしまう)。主に朝に見ることができる。

ルビー・サファイア・エメラルド』ではサファリゾーンの一部に生息している(出現率は低い)。フロンティアブレーンのコゴミが使用するポケモンの1匹でもある。

ファイアレッド・リーフグリーン』では「しるしのはやし」に生息し、近くには角の大きさを測ってくれる女性の民家がある。強化されたポケモンリーグではライバルが使用している。

ダイヤモンド・パール』では「あまいかおりのするき」に「あまいミツ」を塗るとやってくることがある。また、ライバルや四天王・リョウの手持ちにもいる。

かくとうタイプだけに「こうげき」が非常に高い。ただし「とくこう」は非常に低い。「すばやさ」もそこそこあるが、実は「すばやさ」より「とくぼう」の方が高く、「ぼうぎょ」は「すばやさ」より低い。これはヘラクロスとは逆に「ぼうぎょ」が高く「とくぼう」が低めなカイロスと対をなしているともいえるが、HPはヘラクロスの方が高い。

覚えるわざも格闘タイプの「インファイト」など強力なものが多く、中でもむしタイプの最強わざである「メガホーン」をレベルアップで覚えられる数少ないポケモンである。

ポケモンスタジアム金銀』発売当時に行われた公式大会・ニンテンドウカップ2000の全国大会決勝戦では優勝者が使用し、最後の1体・残りHP1(「こらえる」使用)の状態で、ケンタロスの「すてみタックル」を「きあいのハチマキ」で再び耐え、「きしかいせい」でケンタロスを破り、そのまま連続でカビゴンハッサムを倒し大逆転勝利を果たした。

ブラック・ホワイト』では「12番道路」で低確率で出現する。『ブラック2・ホワイト2』では『ブラック2』の「12番道路」や「迷いの森」で低確率で出現する(『ホワイト2』では対をなすカイロスが出現)。野生ポケモンながらかなり高レベルで出現し、「メガホーン」や「インファイト」などの大技を使用してくる。

複合タイプの都合上ひこうタイプの技には非常に弱い。

アニメでのヘラクロス[編集]

サトシのポケモンとして登場。サトシのポケモン (ジョウト編)#ヘラクロスを参照。

ダイヤモンド&パール』ではジュンのポケモンとして登場。ジュン (アニメポケットモンスター)#ジュンのポケモンを参照。

また、ヒカリのタッグバトル大会でのパートナーで、サトシのシンオウリーグ3回戦での対戦相手であるコウヘイの手持ちとしても登場した。

ポケモンカードでのヘラクロス[編集]

ポケモンカードゲームでは、草タイプのたねポケモンとして扱われている。

初登場は、ポケモンカードゲームneo「金、銀、新世界へ...」で、ホログラムカードとして収録された。

その後、ポケモンカードe、ポケモンカードゲームADV、ポケモンカードゲーム、ポケモンカードDP、ポケモンカードDPt、ポケモンカードLEGENDに収録されている。

M(ムービー)ポケモン、四(四天王)ポケモンになっている。

その他におけるヘラクロス[編集]

「Nintendo DREAM 任天堂ゲーム攻略本 ポケモンコロシアム」(毎日コミュニケーションズ刊 ISBN 4839913625)のヘラクロスのページにおいて、「ヘラワロス」と誤植されていた。ポケモンリストの見出しに使用されていた特殊なフォントは「ク」と「ワ」の見分けがほとんどつかないものだった。

関連項目[編集]