ヘルウィン・アンカハス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャーウィン・アンカハス
基本情報
本名 ジャーウィン・ジャンティーラ・アンカハス
通称 Pretty Boy(プリティ・ボーイ)
階級 スーパーフライ級
身長 166cm
リーチ 169cm
国籍 フィリピンの旗 フィリピン
誕生日 (1992-01-01) 1992年1月1日(27歳)
出身地 ダバオ州パナボ
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 34
勝ち 31
KO勝ち 21
敗け 1
引き分け 2
無効試合 0
テンプレートを表示

ジャーウィン・アンカハスJerwin Ancajas1992年1月1日 - )は、フィリピンプロボクサーダバオ州パナボ出身。現IBF世界スーパーフライ級王者。ボブ・アラムトップランクマニー・パッキャオのMP・プロモーションズ所属。

来歴[編集]

2009年7月29日、北サンボアンガ州ポランコフライ級4回戦を行い、初回48秒TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2010年5月25日、セブ市マボロ地区でエルヴィン・ヤモとフライ級4回戦を行い、初回に偶然のバッティングでアンカハスが左目を負傷し、試合続行不可能と判断され負傷判定で引き分けた。

2011年4月16日、バタンガス州リパでレックス・ティトとWBOアジア太平洋スーパーフライ級ユース王座決定戦を行い、10回3-0(2者が97-93、99-91)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2012年3月17日、セブ州ラプ=ラプ市でマーク・アンソニー・ヘラルドと対戦し、10回0-2(94-97、92-98、95-95)の判定負けを喫しWBOアジア太平洋スーパーフライ級ユース王座の初防衛に失敗、王座から陥落した。

2013年8月30日、ケソン州ルセナでアルマンド・コサとフィリピンルソン島バンタム級王座決定戦を行い、4回59秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2014年5月3日、ダバオでペッワンチャイ・ソー・ウィセキッとIBFパンパシフィックスーパーフライ級王座決定戦を行い、初回2分16秒KO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2015年11月、IBFがIBF世界スーパーフライ級王者マックジョー・アローヨと指名試合を行うよう指令を出した。12月8日までに合意に達しない場合は入札になるとのこと[1]

2016年2月2日、IBF世界スーパーフライ級王者マックジョー・アローヨとの指名試合の入札はマニー・パッキャオ率いるMP・プロモーションズも参加したがアローヨを擁するプロモーターのサンプソン・リューコイツ(サンプソン・ボクシング)が2万5千ドル(約290万円)で落札を許した。ファイトマネーの配分が王者85%:挑戦者15%というIBF規定によりアローヨの報酬は2万1250ドル(約250万円)、アンカサスは3750ドル(約40万円)となった[2]

2016年4月16日、カヴィテ州バコールのストライク・コロシアムでIBF世界スーパーフライ級王者マックジョー・アローヨと対戦し王座獲得を目指す予定だったが、アローヨがアメリカで試合ができないことを理由にアウェーでの試合に不満を示していた。そして公開練習直前になってアローヨが怪我を理由に土壇場でキャンセルした。その後病院で検査した結果左拳を骨折していたことが分かり延期となった[3]

2016年9月3日、タギッグのフラド・ホール・オブ・ザ・フィリピン・マリーン・コープでIBF世界スーパーフライ級王者マックジョー・アローヨと対戦し、12回3-0(118-109、115-112、117-110)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[4][5][6]

2017年1月29日、マカオベネチアン・マカオコタイ・アリーナにて、元WBA世界ライトフライ級暫定王者でIBF世界スーパーフライ級14位のホセ・アルフレド・ロドリゲスと対戦し、ロドリゲスが7回終了時に棄権した為、初防衛に成功した[7][8]

2017年7月2日、ブリスベンサンコープ・スタジアムでIBF世界スーパーフライ級3位の帝里木下と対戦し、7回1分53秒TKO勝ちを収め、2度目の防衛に成功した[9][10]

2017年11月18日、ベルファストSSEアリーナでIBF世界スーパーフライ級4位のジェイミー・コンランと対戦し、6回52秒TKO勝ちを収め、3度目の防衛に成功した[11][12]

2017年12月22日、ボブ・アラムトップランクと6試合の契約を交わした[13][14]

2018年2月3日、テキサス州コーパスクリスティアメリカン・バンク・センターでIBF世界スーパーフライ級9位のイスラエル・ゴンサレスと対戦し、10回1分50秒TKO勝ちを収め、4度目の防衛に成功した[15][16]

2018年5月26日、カリフォルニア州フレズノセーブ・マート・センターにて、IBF世界スーパーフライ級1位で、IBFインターコンチネンタルスーパーフライ級王者のジョナス・スルタンと対戦し、12回3-0(119-109×2、117-111)の判定勝ちを収め、5度目の防衛に成功した[17][18][19]。この試合でアンカハスは7万5千ドル(約830万円)、スルタンは2万ドル(約220万円)のファイトマネーを稼いだ[20]

2018年9月28日、オークランドオラクル・アリーナにてホセ・ウスカテギvsエズキエル・マデルナの前座でアレハンドロ・バリオスと対戦し、12回引き分け判定となるも、王座の防衛に成功した。

2019年5月4日、アメリカ・カリフォルニア州のスストックトントックトンアリーナで、 IBF世界スーパーフライ級1位でWBOアジア太平洋スーパーフライ級王者の船井龍一と対戦し、6回終了時に船井にドクターストップがかかりTKO勝ちとなり、7度目の防衛に成功した。

2019年11月2日、ジョナサン・ロドリゲスと防衛戦を行うことが決まっていたが、ロドリゲスのビザ発給問題で試合中止となった[21]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Notes: Spence-Barrera now a title eliminator”. ESPN.com (2015年11月25日). 2015年11月26日閲覧。
  2. ^ Arroyo to defend junior bantamweight title vs. Ancajas”. ESPN.com (2016年2月3日). 2016年2月8日閲覧。
  3. ^ Arroyo injures left hand; title-defense against Ancajas in jeopardy PhilBoxing.com 2016年4月12日
  4. ^ Ancajas beats Arroyo to seize IBF 115lb title Fightnews.com 2016年9月3日
  5. ^ Pacquiao Promotions’ first world champ Fightnews.com 2016年9月4日
  6. ^ 激戦のS・フライ級、IBFはアンカジャスが新王者に Boxing News(ボクシングニュース)2016年9月4日
  7. ^ Ancajas retains IBF super flyweight world title in Macao Fightnews.com 2017年1月29日
  8. ^ ベルチェット陣営が三浦戦歓迎、マイキー怪気炎 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年1月30日
  9. ^ Ancajas stops Kinoshita to retain IBF title Fightnews.com 2017年7月2日
  10. ^ 帝里木下完敗、世界奪取ならず IBF・S・フライ級戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月2日
  11. ^ Ancajas KOs Conlan, retains IBF 115lb title Fightnews.com 2017年11月18日
  12. ^ アンカハス圧勝、コンランを4度倒してTKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2017年11月19日
  13. ^ Jerwin Ancajas inks contract with Top Rank, to face Israel Gonzalez ESPN.com 2017年12月22日
  14. ^ アンカハスがトップランクと6試合の契約締結 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月24日
  15. ^ Ancajas KOs Gonzalez to retain IBF 115lb title Fightnews.com 2018年2月3日
  16. ^ アンカハス終盤に爆発、米国デビュー戦でV4 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月4日
  17. ^ Ancajas beats Sultan to retain IBF 115lb title FightNews.com 2018年5月26日
  18. ^ Jerwin Ancajas Decisions Jonas Sultan, Retains IBF Title BoxingScene.com 2018年5月26日
  19. ^ アンカハスがIBF・SF級V5 同胞スルタンに大差判定 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月27日
  20. ^ Purses: Ancajas $75K, Sultan $20K, Yafai $40K, Carmona $10K”. Boxing News 24 (2018年5月26日). 2018年7月10日閲覧。
  21. ^ Jerwin Ancajas-Jonathan Rodriguez Canceled Due To Visa Issue”. Boxing Scene.com (2019年10月31日). 2019年11月13日閲覧。

関連項目[編集]

前王者
マックジョー・アローヨ
IBF世界スーパーフライ級王者

2016年9月3日 - 現在

次王者
N/A