ヘルベルト・ヴィント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヘルベルト・ヴィントHerbert Windt, 1894年9月15日 ゼンフテンベルク - 1965年11月22日 ダイゼンホーフェン)はドイツ映画音楽作曲家

来歴[編集]

フランツ・シュレーカーに師事。ヴァイマル共和国期は師にならって芸術音楽の作曲に専念したが、ナチス・ドイツ期にヴォルフガング・ツェラーやミヒャエル・ヤーリ、フランツ・グローテ、ゲオルク・ヘンチェルらと並ぶプロパガンダ映画の音楽家として活躍。

レニ・リーフェンシュタール監督との共同制作(「意志の勝利」(1934年1935年)、「オリンピア」シリーズ(1938年)、「低地」(1940年1954年))が特に著名だが、そのほかにグスタフ・ウチツキ監督の「あかつき Morgenrot」(1933年)、フランク・ウィスバー監督の「 Die Unbekannte」(1936年)・「 Fährmann Maria」(1936年)・「最後の戦線/壮烈第六軍 Hunde, wollt ihr ewig leben?」(1958年)、ヴォルフガング・リーベンアイナー監督の「 Die Entlassung」(1942年)、ゲオルク・ヴィルヘルム・パプスト監督の「パラケルスス Paracelsus」(1943年)にも楽曲を提供している。

とりわけ、第二次世界大戦中の「ポーランド進撃 Feldzug in Polen」(1940年)や「勝利の歴史 Sieg im Westen」(1941年)のような国策映画への参画は、映画社会学者ジークフリート・クラカウアーの注目を惹き、『カリガリからヒトラーへ Von Caligari zu Hitler』『映画理論 Theorie des Films』において詳しく分析されるところとなった。

ヴィントの作曲様式は、シュレーカーの教えから滅多に離れていないといってよい(たとえば「意志の勝利」の開幕シークエンス)が、反面その楽曲は微細な動機から形成されており(「オリンピア」シリーズでは、基礎動機がテトラコルドペンタトニックに依拠)、洗練されたリズム法が際立っている(1940年映画の「フリードリヒ・シラー、天才の勝利」)。

主要作品一覧[編集]

  • 室内交響曲
  • 歌劇《アンドロマケー Andromache》 1932年ベルリン初演
  • 映画音楽
    • あかつき Morgenrot 1933年
    • Flüchtlinge 1933年
    • Der Sieg des Glaubens 1933年
    • 意志の勝利 Triumph des Willens 1934/35年
    • Die Unbekannte 1936年
    • Fährmann Maria 1936年
    • 民族の祭典 Olympia - Fest der Völker 1938年
    • 美の祭典 Olympia - Fest der Schönheit 1938年
    • Pour le Mérite 1938年
    • Friedrich Schiller - Triumph eines Genies 1940年
    • ポーランド進撃 Feldzug in Polen 1940年
    • 勝利の歴史 Sieg im Westen 1941年
    • Die Entlassung 1942年
    • G.P.U. 1942年
    • パラケルスス Paracelsus 1943年
    • Besatzung Dora 1943年
    • Die Degenhardts 1944年
    • Tiefland 1954年
    • 最後の戦線/壮烈第六軍 Hunde, wollt ihr ewig leben? 1958年
    • Im Namen einer Mutter 1960年

参考文献[編集]

  • Reimar Volker: "Von oben sehr erwünscht" - Die Filmmusik Herbert Windts im NS-Propagandafilm. Trier 2003.
  • Siegfried Kracauer: Von Caligari zu Hitler. Eine psychologische Geschichte des deutsches Films. Frankfurt am Main 1979. S. 322 ff. und 366 ff.
  • Siegfried Kracauer: Theorie des Films. Die Errettung der äußeren Wirklichkeit, Frankfurt am Main 1964. S. 218 ff.
  • B. Hannah Schaub: Riefenstahls Olympia. Körperideale - ethische Verantwortung oder Freiheit des Künstlers? München 2003. S.64-70.
  • Michael Walter: Die Musik des Olympiafilms von 1938. In: (ders.): Hitler in der Oper. Deutsches Musikleben 1919-1945. Stuttgart, Weimar 2000.