ヘルマン・キュンネ (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Z19 ヘルマン・キュンネ (Z19 Hermann Künne) はドイツ海軍駆逐艦1936型

艦歴[編集]

1936年10月5日起工。1937年12月22日進水。1939年1月12日就役。

第二次世界大戦開戦後、イギリス沿岸への機雷敷設などに従事した。

1940年4月、ノルウェー侵攻作戦に参加、ナルヴィクの攻略に向かう。4月10日、イギリスの駆逐艦がナルヴィク港に奇襲攻撃をかけ、第1次ナルヴィク海戦が発生した。この時、「ヘルマン・キュンネ」はナルヴィク港内でタンカーから給油を受けていた。「ヘルマン・キュンネ」の近くにいた駆逐艦「アントン・シュミット」に魚雷が命中して爆沈、その影響で「ヘルマン・キュンネ」は一時的に航行不能となった。この海戦でドイツ軍は2隻の駆逐艦を失った。

4月13日、イギリス軍による攻撃が再び行われ、再び戦闘が行われた。この第2次ナルヴィク海戦で残るドイツ軍の駆逐艦8隻すべてが失われた。「ヘルマン・キュンネ」は最後はヘリヤンクスフィヨルドで自沈した。