ヘレナ (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
USS Helena (CL-50) at a South Pacific base, circa in 1943 (NH 95814).jpg
艦歴
発注
起工 1936年12月9日
進水 1938年8月27日
就役 1939年9月18日
退役
その後 1943年7月6日に戦没(クラ湾夜戦
除籍
性能諸元
排水量 10,000 トン
全長 608 ft 4 in
全幅 61 ft 8 in
吃水 19 ft 10 in
機関
最大速 33ノット
乗員 士官、兵員888名
兵装 6インチ砲15門、5インチ砲8門、50口径機銃8基

ヘレナ (USS Helena, CL-50) は、アメリカ海軍軽巡洋艦セントルイス級軽巡洋艦の2番艦。艦名はモンタナ州ヘレナに因む。その名を持つ艦としては砲艦ヘレナ英語版に続いて2隻目。

概要[編集]

軽巡洋艦ヘレナUSS Helena, CL-50)は、1939年(昭和14年)9月に就役したアメリカ海軍の軍艦で、セントルイス級軽巡の2番艦。1941年(昭和16年)12月8日真珠湾攻撃二航戦の攻撃を受け大破した[1][2]。 修理後、船団護衛任務に従事したあと1942年(昭和17年)8月以降のガダルカナル島攻防戦に参加する。9月15日、空母ワスプ伊19に撃沈されると[3]、ヘレナと僚艦は乗組員を救助した。10月中旬、ヘレナはサボ島沖海戦に参加し、僚艦と協力して重巡洋艦青葉を撃破、重巡古鷹と駆逐艦吹雪を撃沈した[4]。10月下旬の南太平洋海戦時は、戦艦ワシントン以下の第64任務部隊として日本艦隊の出現に備えた[5]。11月中旬、ガダルカナル島向け輸送船団を護衛中に日本海軍のヘンダーソン飛行場砲撃部隊と夜間水上戦闘を繰り広げた[6]第三次ソロモン海戦)。

1943年(昭和18年)2月初頭に日本軍がガ島から撤退すると、戦局はニュージョージア諸島に移る(ソロモン諸島の戦い[7]。6月下旬からはじまったニュージョージア島攻防戦にヘレナも参加し、7月6日クラ湾夜戦第三水雷戦隊と交戦する[8]。夜間水上砲戦で駆逐艦新月第三水雷戦隊旗艦)を撃沈したが、新月麾下の駆逐艦谷風涼風が発射した酸素魚雷が命中し、ヘレナは沈没した[8]

艦歴[編集]

大戦前[編集]

ヘレナはニューヨーク州ニューヨーク海軍工廠で1936年(昭和11年)12月に起工。1938年(昭和13年)8月27日に、モンタナ州選出上院議員トーマス・J・ウェルシュ英語版の孫娘、エリノア・カーライル・ガッジャーによって進水、翌1939年(昭和14年)9月18日に艦長マックス・B・デモット大佐の指揮下就役する。

12月に試運転を行ったヘレナは、12月27日から訓練航海でラテンアメリカ方面に向かった。1940年(昭和15年)1月にブエノスアイレスに到着した後、1月29日にモンテビデオに入港。モンデビデオにおいてヘレナの乗組員は、前年12月13日のラプラタ沖海戦の結果自沈して果てたドイツ装甲艦アドミラル・グラーフ・シュペーの残骸を見学した。

第二次世界大戦[編集]

真珠湾攻撃[編集]

ヘレナに命中した魚雷による被害。内部に推進軸や後部機械室のタービンが見える

ヘレナは太平洋艦隊に配属され、真珠湾攻撃当日の1941年(昭和16年)12月7日(日本時間12月8日)には、真珠湾の東、ドックで機雷敷設艦オグラーラ (USS Oglala, CM-4) の外側に係留されていた[9]。そこには通常、戦艦ペンシルベニア (USS Pennsylvania, BB-38) が係留されているはずであったが、そのためヘレナは日本軍機の目標となった[10]

フォード島への最初攻撃は、午前7時55分(日本時間午前3時25分)であった[11]。午前8時1分(日本時間午前3時31分)[1]九七式艦上攻撃機が投下した魚雷のうち1本がオグラーラの下を通過し[12]、ヘレナの右舷ほぼ中央部、ちょうど乗組員が戦闘配置された位置に命中した。20名の士官と兵員が死亡し、機関室とボイラー室が浸水した。艦内配線も切断されたが、乗組員は2分以内に復旧させ、ディーゼル発電機を始動させて砲塔を動かすことが出来た。これにより、反撃の対空砲火を撃ち上げることが可能となって、更なる被害を防ぐことが出来た。午前7時57分に最初の日本軍機を発見し、砲塔の作動が可能になったのは8時1分であったことから、ヘレナ乗組員によるドアとハッチの即時閉鎖による水密維持などの被害対策が功を奏し、ヘレナは沈没を免れることが出来た。

ヘレナには爆弾も投下され、1発が命中し、4発が至近弾となった[13]。魚雷の爆発と至近弾の影響で、ヘレナの隣にいたオグラーラは転覆沈没した[12][14]。後日、引揚げられて復旧した[15]。日米双方の史料によれば、ヘレナを攻撃したのは第二航空戦隊(司令官山口多聞少将、旗艦「蒼龍」)の攻撃隊であった[2]。ヘレナ(日本側は目標「ニ」と呼称)に対し、空母蒼龍雷撃機が艦中央部に魚雷1本命中、空母飛龍雷撃機が魚雷計3本乃至4本命中を記録した[16][17]。蒼龍艦爆隊が爆弾3発命中、飛龍艦爆隊が爆弾3発命中を記録した[18]。日本側戦果判定では、目標(ニ)甲巡オーガスタまたはポートランド撃沈[16]、乙巡ブルックリンまたはアトランタ撃沈となっている[16]

ガダルカナル島[編集]

真珠湾で仮修理を行ったヘレナは、本格的修理のためメア・アイランド海軍造船所に回航された。1942年(昭和17年)に入って修理を終えると、ヘレナは南太平洋方面に飛行機とシービーを緊急輸送する任務に就き、エスピリトゥサント島からガダルカナル島へ急送した。ウォッチタワー作戦によりアメリカ海兵隊が占領したヘンダーソン飛行場に、一刻もはやく航空隊を進出させる必要があった[19]。 このため軽巡ヘレナと駆逐艦1隻は、アメリカ海兵隊機を搭載した護衛空母ロング・アイランド (USS Long Island, AVG-1) を護衛してガ島に接近した[20]8月20日午前9時30分、日本海軍の飛行艇はガ島南東約250浬地点で「〇九三〇 D2 敵ノ兵力 空母一 巡洋艦一 駆逐艦二 其ノ他、基地ヨリノ方位一一六度五二〇浬、針路三五〇度速力一四節」を報じた[21]。この空母は艦橋のないタイプであった[22]。また別の飛行艇は「一二〇五 D1 敵兵力空母一 巡洋艦四 駆逐艦九/一二一五 D一 敵機動部隊ノ位置「ツラギ」ノ一三三度二四七浬、針路一三〇度速力一八節」を報じ、この空母は艦橋をもつタイプであった[22]。二つの空母の位置には約70浬の差があり、日本側は別個の機動部隊と判断、第二水雷戦隊(司令官田中頼三少将)が護衛していた一木支隊第二梯団を反転退避させた[23]

20日午後、ロング・アイランドはSBD ドーントレス急降下爆撃機 12機、F4F ワイルドキャット戦闘機 19機を射出した[24]。海兵隊機はヘンダーソン基地に着陸し、最初の航空兵力となった[25]。ロング・アイランドはニューヘブリディーズ諸島に帰投したので、ガ島北方から迫っていた南雲機動部隊の第一航空戦隊翔鶴瑞鶴龍驤)と対決せずに済んだ[20]一木支隊先遣隊約900名の夜襲を8月21日未明のイル川渡河戦(テナル川の戦い)で撃退したヘンダーソン飛行場基地は[26][27]、次々に増強される[28]。そして8月24日から25日第二次ソロモン海戦において連合軍勝利の一因になった[29]

つづいてヘレナは空母機動部隊の護衛に加わった。空母ワスプ (USS Wasp, CV-7) 基幹の第18任務部隊(レイ・ノイス少将)に合流した。空母ホーネットUSS Hornet, CV-8)を基幹とする第17任務部隊英語版と、ワスプ基幹の第18任務部隊は、エスピリトゥサント島からガ島へ向かう海兵隊を乗せた6隻の輸送船を間接護衛していた[30][31]9月15日昼、ワスプが伊19(潜水艦長木梨鷹一少佐)の魚雷攻撃をうける[3]酸素魚雷が3本命中したワスプは、炎上して手のつけようがなくなった[32]。重巡サンフランシスコソルトレイクシティ、軽巡ヘレナ、ジュノー等が協力して救援に従事した。ヘレナはワスプの幹部と乗組員合わせて約400名を救助した。なお、伊19が発射した魚雷は第17任務部隊をも襲い、空母ホーネットを護衛していた戦艦ノースカロライナ (USS North Carolina, BB-55) と駆逐艦オブライエン (USS O'Brien, DD-415) に命中した[33]。後者はその損傷が元で後日沈没した[34]。ヘレナはワスプ生存者をエスピリトゥサント島まで送り届けた後、レンネル島沖にてガダルカナル島行き輸送船団の護衛任務に戻った[35]。その後、ヘレナは第64任務部隊に配置換えになった。またヘレナ艦長もギルバート・C・フーバー英語版大佐となった。

サボ島沖海戦(エスペランス岬沖海戦)[編集]

この頃、ヘンダーソン飛行場からの飛行機が、しばしば「東京急行」を妨害していた。10月11日、日本海軍は何かとうるさいヘンダーソン飛行場を砲撃して沈黙させるべく、水上機母艦日進千歳の重火器輸送と並行して[36]、外南洋部隊(指揮官三川軍一第八艦隊司令長官)の重巡洋艦を送り込んできた[37]。この外南洋部隊支援隊[注釈 1]は、第六戦隊司令官五藤存知少将に率いられていた[39]。五藤少将の重巡洋艦戦隊は、18時10分の時点でサボ島から160キロ離れた海域を進撃中だった。 一方、南太平洋部隊司令官ロバート・L・ゴームレー中将は、太平洋艦隊司令長官チェスター・ニミッツ大将に突かれる形で[40]ニューカレドニアから3,000名の新たな陸軍部隊をガダルカナル島に送り込み、同時に「東京急行」を「脱線」させる艦隊を出撃させることとした[41]。「東京急行脱線」の任務を受けた艦隊、第64任務部隊(ノーマン・スコット少将)は[42]、重巡洋艦サンフランシスコ (USS San Francisco, CA-38) を旗艦とし、サンフランシスコのほかに重巡ソルトレイクシティ (USS Salt Lake City, CA-25)、軽巡ボイシ (USS Boise, CL-47) 、そして軽巡ヘレナが続き、巡洋艦部隊の前方に駆逐艦3隻(ファーレンフォルト、ダンカン、ラフィー)、巡洋艦部隊の後方に駆逐艦2隻(ブキャナン英語版、マッカラ)が配備された[4]。 スコット少将が、新型レーダーを装備していないサンフランシスコを旗艦にしていたことがネックと見られたが[41]、ともかくサボ島沖で日本艦隊を迎撃することとなった[43]。第64任務部隊は、「東京急行」すなわち先行していた日進輸送隊[注釈 2]と接敵せず、後続の外南洋部隊支援隊と交戦することになった[46]

スコット少将は任務部隊を丁字戦法の形に持ち込んで夜間水上戦闘に入る手はずだった[47]。しかし、回頭の際に前衛の駆逐艦ダンカン (USS Duncan, DD-485) とファーレンホルト英語版 (USS Farenholt, DD-491) が脱落して混乱を起こした。新型レーダーのSGを装備していたヘレナは任務部隊各艦の中でいち早く外南洋部隊支援隊を探知しており[48]、旗艦に射撃許可を求めていた[46]。ところが軽巡ボイシが報告してきた敵艦隊の位置に大差があった[46]。スコット少将は射撃を許可しなかったが、その最中、ヘレナは命令の読み違えから抜け駆けの形で砲撃を開始し、両艦隊の交戦が始まった[49](連合軍呼称、エスペランス岬海戦)[50]。 日本側の外南洋部隊支援隊旗艦青葉艦橋では、前方に艦影を認めた第六戦隊司令部が「日進隊ではないか」と迷って敵味方識別信号を送っていた[51]。第64任務部隊が発射した初弾(不発弾)が青葉艦橋を貫通し、五藤司令官や幹部が多数戦死、通信機能も失った[52]。丁字を描かれた外南洋部隊支援隊は不利な戦闘を強いられ、青葉が大破して五藤司令官が戦死、重巡古鷹と駆逐艦吹雪が沈没した[52]。しかし健在の重巡衣笠と駆逐艦初雪も反撃してきた[53][54]。第64任務部隊では、ダンカンとファーレンホルトが敵味方双方から撃たれてファーレンホルトが大破、ダンカンが沈没した[55]。巡洋艦戦隊もボイシが大破、ソルトレイクシティが小破した[49]。 第64任務部隊は夜戦で勝利したが、日本側も東京急行(日進隊)のガ島輸送に成功した[45]。つづいて鉄底海峡に突入してきた金剛型戦艦を阻止することはできず、第三戦隊司令官栗田健男中将が指揮する戦艦金剛榛名および護衛の第二水雷戦隊ヘンダーソン飛行場を思う存分砲撃した[56][57]

サボ島沖海戦後、第64任務部隊はエスピリトゥサント島とマキラ島の間で哨戒を行った。損傷したソルトレイクシティとボイシが修理のため第64任務部隊から離脱し、新鋭戦艦ワシントン (USS Washington, BB-56) と軽巡洋艦アトランタUSS Atlanta, CL-51)が加わった[58]。新任司令官ウィリス・A・リー少将はワシントンを旗艦としていた[58]。この時期の第64任務部隊(ワシントン、サンフランシスコ、チェスター、ヘレナ、アトランタ、駆逐艦8隻)は、幾度か日本軍の潜水艦(伊172伊4など)と遭遇した[59]10月20日夜、ヘレナは雷撃を受けたが、近くで爆発しただけでヘレナには命中しなかった。第64任務部隊僚艦の重巡チェスターUSS Chester, CA-27)が伊176(潜水艦長田辺弥八少佐)に撃破された[60][61]南太平洋海戦(連合軍呼称:サンタ・クルーズ諸島沖海戦)の時[62]、第64任務部隊はレンネル島サン・クリストバル島の周辺海域に展開し、ニュージョージア海峡を通過してガダルカナル島に来襲するであろう日本艦隊の阻止を命令されていた[63][5]。空母機動部隊同士の決戦がおわったあとの10月27日、第64任務部隊ではワシントンが伊21に雷撃されたが[64]、早爆して無傷だった[65][66]

第三次ソロモン海戦[編集]

11月に入っても、ヘレナはエスピリトゥサント島からガダルカナル島に送り込まれる陸上部隊輸送船団の護衛を続けていた。その最中にヘレナは第三次ソロモン海戦を戦うことになった。11月3日、15kmの距離で浮上中の伊172をレーダー探知した。駆逐艦マッカーラ英語版 (USS McCalla, DD-488) が確認に向かい「爆雷攻撃で伊172を撃沈した」と可能性がある[注釈 3]

11月11日、ヘレナはマキラ島沖で連合軍輸送船団(第一船団:スコット少将護衛/第二船団:ターナー少将指揮、キャラハン少将護衛)と合同し、何事もなくガダルカナル島沖に到着した。損傷状態の空母エンタープライズ[69]と新鋭戦艦2隻を含む連合機動部隊[注釈 4]は、ガダルカナル島南方から輸送船団を掩護していた[73]。同11日、先にガ島に到着したスコット船団はブーゲンビル島ブインから飛来した九九式艦上爆撃機に襲われ[74]、輸送船1隻が損傷し、駆逐艦1隻に護衛されて引き返した[75]。 11月12日午後、沿岸監視隊から日本機に関する警報が伝えられ、スコット船団と後続のターナー船団はただちに揚陸作業を中止して防御態勢に入った[76]。やがてニューブリテン島ラバウルから飛来したラバウル航空隊一式陸上攻撃機が連合軍船団上空に現れて空襲を仕掛けてきた[77]。魚雷装備の陸攻19機と、零戦30機であった[78]。ヘレナやアトランタを含む各艦の対空砲火により、一式陸攻は大損害を受けた[注釈 5]。最初の空襲を無事やり過ごしたものの、2度目の空襲ではヘレナには損害がなかったが2隻の損傷船を出した。それでも、ヘレナを含めた護衛艦艇は8分間で8機の日本機を撃墜したと見られた。ダニエル・J・キャラハン少将の旗艦サンフランシスコに被弾した陸攻が体当たりされて小破し[69]、誤射で駆逐艦ブキャナン英語版 (USS_Buchanan,DD-484) が損傷した[76]

空襲が終わり揚陸作業が再開されたが、その間にも偵察機による日本の艦隊等の動きは刻々と入ってきていた[79]。輸送船団を伴っていなかったものの、意図はおおよそ見当がついたので、リッチモンド・K・ターナー提督は邀撃を命じる[79]。ターナーはアメリカ軍輸送船団と3隻(ペサンコラ、プレストン、グウィン)をガダルカナル島海域から遠ざけた後[72]ダニエル・J・キャラハン少将率いる第67任務部隊英語版アイアンボトム・サウンドに引き返させた[79]。第67任務部隊4群が抱えていた問題の一つは、キャラハン少将が旧式レーダーのサンフランシスコを旗艦とし、スコット少将も旧式レーダーのアトランタに将旗を掲げていたことだった[80][81]

11月13日を回った深夜、ヘレナのSGレーダーは、サボ島沖海戦につづいて真っ先に日本軍艦隊の接近を探知した[82]。金剛型戦艦2隻(比叡霧島)を主力とする飛行場砲撃部隊であった[注釈 6]。 キャラハン少将(旗艦サンフランシスコ)は新型レーダー搭載のヘレナ等に電話で状況報告を求めたので、これも混乱の一助となった[84]。直後から始まった大混戦の第三次ソロモン海戦では、ヘレナの被害は小破にとどまった[85]。ヘレナはサンフランシスコを攻撃していた駆逐艦天津風を砲撃し、中破させたかもしれない[6]。 朝を迎えると、周辺の海域には何隻かの傷ついた彼我の数隻と、沈没艦から脱出した生存者が漂っていた[86][注釈 7]。アメリカ艦隊は海戦でキャラハン、スコット両少将の戦死などの少なからぬ損害を受けたものの、日本艦隊の企図を完全に挫いた[88]

旗艦サンフランシスコが大破してキャラハン少将が戦死した結果[89]、ヘレナ艦長が任務部隊の指揮を臨時に執ることとなり、フーバー艦長は南方への退却を指示した[86]。ヘレナは海戦で大破した重巡サンフランシスコ、軽巡洋艦ジュノー (USS Juneau, CL-52) および駆逐艦2隻(フレッチャースタレット)を連れて、ニューヘブリディーズ諸島に向かっていた[注釈 8]。日本時間午前9時1分、伊26(潜水艦長横田稔中佐)が5隻を襲撃する[90]。駆逐艦2隻が先行し、ヘレナが続航、後方にサンフランシスコ、同艦右舷側にジュノーが航行しており、伊26はサンフランシスコの左舷から同艦を狙って魚雷3本を発射した[91]。この魚雷が命中したジュノーは、火薬庫に誘爆して轟沈した[92][93]。フーバー艦長は日本潜水艦の脅威を恐れ、立ち止まらず前進するよう命令して救助作業をしなかった[94]。ヘレナはサンフランシスコと駆逐艦と共に、この海域を足早に去っていった。しかし、ジュノーが沈没した際に100名程度の生存者がおり、生存者は救助作業を受けることなく8日間漂流させられた挙句、10名以外はサリヴァン兄弟[95]を含む全ての生存者が落命してしまった。生存者を見捨てたフーバー艦長の行為は南太平洋部隊司令官ウィリアム・ハルゼー中将の不興を買い、フーバー艦長は解任させられた。

ニュージョージア諸島への攻撃[編集]

1943年(昭和18年)1月、ヘレナは第67任務部隊ウォルデン・L・エインズワース少将:軽巡ナッシュビルセントルイス、ヘレナ、アキリーズホノルル、駆逐艦フレッチャー、オバノン、ニコラスなど)として、ニュージョージア諸島の日本軍を攻撃する新任務に参加した。当時、日本軍はニュージョージア島西部ムンダ[96]コロンバンガラ島ヴィラ・スタンモーア英語版地区に飛行場を建設中であった[97][98]。ムンダ基地とコロンバンガラ基地の設営と警備を担当していたのは、第三次ソロモン海戦で戦艦ワシントンに撃沈された戦艦霧島艦長の岩淵三次大佐であった[99][100]

1月4日深夜から5日未明にかけて、第67任務部隊はムンダ飛行場に艦砲射撃をおこなった[101]。そこそこの戦果を挙げて帰投中[注釈 9]、零戦14と九九艦爆9の空襲を受ける[103]F4F戦闘機の掩護もむなしく、艦爆2機撃墜と引き換えに軽巡ホノルル (USS Honolulu, CL-48) が至近弾3を受け、軽巡アキリーズ(HMNZS Achilles)が直撃弾で中破した[103]ラバウル航空隊は接敵しなかった[103]

1月23日深夜から24日未明にかけて、エインズワース隊は再びニュージョージア諸島を襲った[104]。ムンダ飛行場とコロンバンガラ飛行場に対して艦砲射撃をおこない、打撃を与えて基地建設を遅らせた[105]前夜、駆逐艦大潮(第8駆逐隊)と輸送船「第二東亜丸」がコロンバンガラ島に到着して日本陸軍飛行隊の機材や燃料などを揚陸していた[106]。ヘレナ達の砲撃を目撃していた山代勝守大佐(当時、第8駆逐隊司令)は「第三次ソロモン海戦時の「鈴谷」と「摩耶」の飛行場砲撃よりはるかに美観だった」と回想している[99][注釈 10]。 この物件の焼失は、日本軍にとって大きな打撃となった[109]。さらに飛行場はサラトガ艦上機にも襲われて被害が拡大し[110]、ガ島撤収作戦開始までにコロンバンガラ基地は完成しなかった[106]。また、ラバウル航空隊の陸攻は第67任務部隊を捕捉できなかった[111]。山代は「大潮が島陰から躍りかかってエインワース隊に魚雷を発射しても、多勢に無勢で嬲り殺しにされただろう」と回想している[109]

ヘレナはニュージョージア島攻撃の傍ら、最終期に入ったガダルカナル島攻防戦で、哨戒と護衛任務を行った(レンネル島沖海戦)。ガ島撤退後の日本軍は中部ソロモン方面ニュージョージア諸島を防衛線とし、飛行場や砲台の建設を進めた[7]。2月11日[112]、ヘレナから発進したOS2U キングフィッシャーサンクリストバル島南方で潜航中の伊18を発見し、発煙筒を投下したあと駆逐艦フレッチャー (USS Fletcher, DD-445) を呼び寄せ、フレッチャーの爆雷攻撃により伊18を撃沈した[113][114]。アメリカ側は、この潜水艦を呂102だと思っていた[115]。ヘレナはこの後、シドニーで修理を受けた。

クラ湾夜戦(クラ湾海戦)[編集]

1943年(昭和18年)1月現在の第67任務部隊は第36任務部隊に再編成され、ヘレナはエインズワース少将の第36.1任務群に加わった。 修理を終えたヘレナは、3月にニュージョージア島攻撃を再開したが、本格的な攻略の準備のためエスピリトゥサント島に帰投した。6月30日、アメリカ軍は事前攻撃でレンドバ島に上陸した[116]。側面を安全にしてからニュージョージア島上陸に取り掛かった[117]。7月4日夜、第36.1任務群に護衛された上陸部隊はクラ湾に入り、陸上部隊3,000名を上陸させた[118]。第36.1任務群はニュージョージア島の日本軍砲台に対して艦砲射撃を行ったが、この時、コロンバンガラ島に対する「東京急行」に従事中の第三水雷戦隊(司令官秋山輝男少将)の駆逐艦4隻(旧式駆逐艦〈長月皐月夕凪〉、秋月型駆逐艦〈新月〉)がクラ湾で第36.1任務群と鉢合わせした[119]。しかし、第22駆逐隊司令金岡國三大佐指揮下の4隻は魚雷を発射して即座にクラ湾を去っていき[120]、第36.1任務群はこの動きに気付いていなかった[121]。魚雷は駆逐艦ストロング (USS Strong, DD-467) に命中し、ストロングは魚雷命中と陸上からの反撃で沈没した[122]。第36.1任務群はストロング乗組員を救助してガダルカナル島沖に引き返したが[123]、ハルゼー大将から別の「東京急行」の出発を知らされクラ湾に急行した[123]

軽巡洋艦ホノルルから撮影された、クラ湾夜戦で砲撃中のヘレナ。直後に魚雷が命中して沈没した

7月5日夜、第36.1任務群は雨の中、ニュージョージア海峡を25ノットで航行していた[124]。第36.1任務群は一本棒の陣形で、旗艦の軽巡洋艦ホノルル (USS Honolulu, CL-48) 、ヘレナおよびセントルイス (USS St. Louis, CL-49) を陣形の真ん中に置き、その前後に駆逐艦を配置していた[124]。一方、外南洋部隊増援部隊(第三水雷戦隊)も同じく7月5日夕刻にショートランド諸島を出撃してコロンバンガラ島への輸送作戦を開始していた[125]。第三水雷戦隊は戦力の駆逐艦10隻のうち、戦隊旗艦新月および応援の艦隊型駆逐艦2隻(涼風谷風)を警戒隊とし、残る7隻を2分して第一輸送隊(望月三日月浜風)と第二輸送隊(天霧初雪、長月、皐月)を編成した[126]

23時18分、三水戦旗艦新月はレーダーで連合軍水上艦艇を探知、水上戦闘に備えた[126]。 23時36分、ホノルルのレーダーは警戒隊を探知。エインズワース少将はまず砲撃を行って混乱させてから雷撃を行う戦法を採った[127]。日本側は輸送部隊を分離し、直率隊(新月、谷風、涼風)となった[126]。23時56分、エインズワース少将は警戒隊に対する砲撃開始を命令し、一斉射撃により新月を炎上させた(秋山少将戦死)[126]。新月の炎上はヘレナの砲撃の良い目標となった。他の2隻への攻撃がどうなったか分からなかったが、反撃してこないところから日本艦隊を撃滅したと判断された[128]。エインズワース少将は筋書き通りに事が進んでいると思い、予定通りの行動を続けたが、新月に注意を払いすぎたことで戦術の欠陥を露呈した[129]。第36.1任務群が新月の火災に気を取られている間に、涼風と谷風が距離4000mから魚雷を発射していたのである[130]

ヘレナに命中した魚雷による被害図

砲撃開始からおよそ7分後、ヘレナに魚雷が命中した。3分もの間に1本は1番砲塔と2番砲塔の間、2本目と3本目はヘレナの中央部にそれぞれ命中し、中央部に命中したものはほぼ同じ箇所に命中していた[131]。1本目の魚雷の命中によってヘレナの艦首は切断された[132]。また中央部に命中した魚雷によって前部機械室、後部機械室、前部ボイラー室に浸水し推進力を失った[133]。前部機械室には生存者はいなかった[133]。後部ボイラー室から4名の乗員だけが脱出できた[133]。後部機械室からは全員の乗員が脱出出来た[133]。2本目の魚雷によって電源が断たれ、ヘレナの艦内は停電してしまったが、脱出ルートに設置された110個の非常用照明が乗員に脱出に大きな役割を果たした[133]。この110個の非常用照明の数は、海軍の基準の2倍の数であったが、110個でも必要最低限の数であったことが報告されている[133]。非常用照明が役立ったことは被害調査報告書で高く評価され、他の艦艇にも多数の非常用照明器具を装備することが推奨された[133]

3本目の魚雷が命中して20分間でヘレナは船体がV字型に折れて[134]急速に沈没した。

ヘレナの生存者[編集]

ヘレナの生存者の一部は、信じがたい冒険を経験した。沈没から30分後、後続の駆逐艦ニコラス (USS Nicholas, DD-449) とラドフォード (USS Radford, DD-446) がヘレナの生存者の収容を開始しようとしたが、涼風と谷風、輸送隊の天霧が引き返してきたので、作業を一時中止して退避。しかし、ニコラスとラドフォードに気付かず去っていったので、連合軍側は作業を再開した[135]。ニコラスとラドフォードは夜明け前に天霧および望月との砲戦を交わし、日本機の空襲を気にしつつも275名を救助し、ツラギ島に帰投した。しかし、275名がヘレナの生存者の総数ではなく、残りの約500名ほどの生存者はニコラス、ラドフォードおよびホノルル、セントルイスから供与された救命ボートに分乗していた。チャールズ・パーセル・セシル艦長は3隻の救命ボートを集めてベララベラ島に向かい、他の87名と共に上陸したが、この時のベララベラ島には日本兵600名がいた[136]。セシル艦長のグループは翌朝に駆逐艦グウィン (USS Gwin, DD-433) とウッドワース英語版 (USS Woodworth, DD-460) に収容された。

別の200名のグループは、ヘレナの救命ボートに乗って脱出した。一時危機に瀕したものの、PB4Y-1 リベレ―ターが投下した救命胴衣とゴムの救命ボートにより危機は回避された。負傷者を従来の救命ボートに留め置いて移動し、コロンバンガラ島へ向けて航行したものの、風と海流に流されて日本軍の勢力圏内まで流された。その間に負傷者は次々と息を引き取り、捜索の飛行機にも遭遇せず、コロンバンガラ島は遠くに見えなくなっていた。一晩の後、セシル艦長のグループと同様ベララベラ島を発見し、上陸した後2名の沿岸監視員に匿われてガダルカナル島に情報を送信した。165名の生存者はジャングルの奥で保護された。165名の収容はニコラス、ラドフォードの他、駆逐艦ジェンキンス (USS Jenkins, DD-447) とオバノン (USS O'Bannon, DD-450) によって行われた。7月15日、ニュージョージア海峡を急行した4隻の駆逐艦は、翌7月16日夜にベララベラ島に到着し、165名の他中国人16名を救助した。ベララベラ島の日本兵は一連の動きに全く気付かなかった[136]

およそ900名のヘレナの乗組員のうち、168名が戦死した。生存者の一部は後に、12月20日に就役したクリーブランド級軽巡洋艦ヒューストン (USS Houston, CL-81) の乗組員の中核を成した[137]。また、戦死者や負傷者に火傷の者が多かったので、以後暑い気候の海域でも、基本的に肌の露出が少ない服装を着用することが義務付けられた[136]

サボ島沖海戦にて誤射にて駆逐艦ダンカンを撃沈、ファーレンホルトに損害を与え、第三次ソロモン海戦ではジュノーの乗員を見捨て逃げた等の失態があったもののヘレナは海軍殊勲部隊章を受章した最初の艦となった。サボ島沖海戦、ガダルカナル島の戦い、クラ湾夜戦での功績が受章理由であった。ヘレナはまたアジア=太平洋戦役章および7個の従軍星章も受章した。

その後[編集]

2006年6月、ラノンガ島でアメリカ海軍のタグを付けた遺体が発見され、回収・調査の結果、戦死したヘレナの乗組員と判明して翌2007年に遺族に返還された[138]

2018年4月11日ポール・アレン率いる調査チームはソロモン諸島沖でヘレナの残骸を発見し、映像を撮影した[139]。同チームはこの直前にジュノーの残骸も発見している。

出典[編集]

[編集]

  1. ^ 外南洋部隊支援隊(指揮官五藤存知第六戦隊司令官):第六戦隊(青葉、古鷹、衣笠)、第11駆逐隊第2小隊(初雪、吹雪)[38]
  2. ^ 水上機母艦(日進、千歳)、駆逐艦秋月朝雲夏雲白雪[44]叢雲綾波[45]
  3. ^ 『戦史叢書 潜水艦史』では、伊176は11月10日に駆逐艦サウサード英語版によって撃沈されたとする[67]。なお、この方面では伊172のほかに伊22(10月5日以降消息不明、11月12日沈没認定)と伊15(11月3日以降消息不明、12月5日沈没認定)が行方不明となっている[68]
  4. ^ 空母エンタープライズ (USS Enterprise, CV-6)、戦艦2隻(ワシントン、サウスダコタ)、重巡ノーザンプトン (USS Northampton,CA-26) 、軽巡サンディエゴ (USS San Diego, CL-53) 、随伴駆逐艦[70][71]。のちに重巡ペンサコーラ (USS Pensacola, CA-24) などが加わる[72]
  5. ^ 陸攻19機のうち12機喪失、5機不時着、無事帰投2機[78]
  6. ^ 第十一戦隊司令官阿部弘毅中将が部隊を指揮する[79]。戦艦比叡(阿部弘毅中将旗艦)、霧島、軽巡長良(第十戦隊司令官木村進少将旗艦)、第6駆逐隊()、第16駆逐隊(雪風天津風)、秋月型駆逐艦照月、第四水雷戦隊朝雲(四水戦司令官高間完少将旗艦)、第2駆逐隊(村雨五月雨夕立春雨)。他に後方警戒の第27駆逐隊(時雨白露夕暮[83]
  7. ^ 戦艦比叡、重巡ポートランド、軽巡アトランタ、駆逐艦夕立、駆逐艦アーロン・ワードなど[87]
  8. ^ 駆逐艦オバノンは先行していた[90]
  9. ^ 約55分間の砲撃で、戦死傷32名、滑走路修復所要時間約2時間、幕舎倒壊約10、飛行機損害軽微[102]
  10. ^ 第三次ソロモン海戦時の第8駆逐隊司令は駆逐艦朝潮に乗艦し[107]、第七戦隊司令官西村祥治少将が率いる砲撃隊(鈴谷、摩耶、天龍風雲夕雲巻雲朝潮)として行動していた[108]

脚注[編集]

  1. ^ a b 戦史叢書10 1967, p. 387a艦船の被害/乙巡ヘレナ
  2. ^ a b 戦史叢書10 1967, p. 004a付図第四 機動部隊戦果判定図(第一航空艦隊戦闘詳報 図面第一号)
  3. ^ a b 戦史叢書98 1979, pp. 191-192ワスプの撃沈
  4. ^ a b 戦史叢書83 1975, pp. 195a-198サボ島沖海戦/米艦隊の戦闘
  5. ^ a b 戦艦ワシントン 1988, p. 123.
  6. ^ a b 戦艦ワシントン 1988, p. 144.
  7. ^ a b 戦史叢書96 1976, pp. 42-43中部ソロモン方面防備計画
  8. ^ a b 戦史叢書96 1976, p. 230.
  9. ^ 戦史叢書10 1967, p. 003付図第三 空襲時真珠湾在泊艦船碇泊位置(真珠湾攻撃記録)
  10. ^ 戦史叢書10 1967, p. 385a一 艦艇攻撃/1 第一期
  11. ^ 戦史叢書10 1967, p. 384.
  12. ^ a b 戦史叢書10 1967, p. 387b艦船の被害/機雷敷設艦オグララ
  13. ^ 戦史叢書10 1967, p. 358四 戦果判定/米軍史料(乙巡ヘレナ)
  14. ^ 木俣『日本空母戦史』101頁。
  15. ^ 瀬名, 66頁。
  16. ^ a b c 戦史叢書10 1967, p. 004b.
  17. ^ 戦史叢書10 1967, pp. 355-356艦船攻撃の戦果判定/一 雷撃命中状況
  18. ^ 戦史叢書10 1967, p. 356-357艦船攻撃の戦果判定/三 急降下爆撃
  19. ^ ニミッツ 1962, pp. 118-119小休止
  20. ^ a b 日本空母戦史 1977, p. 318.
  21. ^ 戦史叢書49 1971, pp. 537-540敵機動部隊の発見と敵機のガダルカナル島進出
  22. ^ a b 戦史叢書49 1971, p. 538.
  23. ^ 戦史叢書49 1971, p. 539.
  24. ^ 戦史叢書49 1971, pp. 547-548連合軍の作戦
  25. ^ バラード、悲劇の海 1994, p. 97.
  26. ^ バラード、悲劇の海 1994, p. 98.
  27. ^ 戦史叢書49 1971, pp. 535-537一木先遣隊の戦闘
  28. ^ バラード、悲劇の海 1994, p. 103.
  29. ^ ニミッツ 1962, pp. 119-122八月の攻撃
  30. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 125-127八 米海上部隊の作戦
  31. ^ 戦艦ワシントン 1988, p. 104.
  32. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 122-125先遣部隊の作戦(ワスプ撃沈)
  33. ^ ニミッツ 1962, p. 125.
  34. ^ ニミッツ 1962, p. 362.
  35. ^ 戦艦ワシントン 1988, p. 106.
  36. ^ 戦艦ワシントン 1988, p. 109.
  37. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 188-189三 サボ島沖海戦
  38. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 192-193第六戦隊の戦闘/出撃時の情勢判断
  39. ^ 戦艦ワシントン 1988, p. 110.
  40. ^ ポッター, 263頁。
  41. ^ a b ニミッツ 1962, p. 126.
  42. ^ バラード、悲劇の海 1994, p. 114.
  43. ^ バラード、悲劇の海 1994, p. 115.
  44. ^ 『戦史叢書』83巻188ページなど駆逐艦「白雲」と記述する二次資料があるが、白雲は大破して呉で修理中。詳細は「白雲」を参照のこと。
  45. ^ a b 戦史叢書83 1975, pp. 190-191「日進、千歳」の輸送
  46. ^ a b c 戦史叢書83 1975, p. 196.
  47. ^ ニミッツ 1962, p. 127a.
  48. ^ 戦艦ワシントン 1988, p. 113.
  49. ^ a b バラード、悲劇の海 1994, p. 116.
  50. ^ ニミッツ 1962, p. 127b第17図 エスペランス岬海戦(1942年10月11~12日)
  51. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 193-1945支援隊戦線攻撃を受ける
  52. ^ a b 戦史叢書83 1975, p. 194.
  53. ^ 戦史叢書83 1975, p. 195b.
  54. ^ 戦史叢書83 1975, p. 198.
  55. ^ 戦艦ワシントン 1988, p. 114.
  56. ^ ニミッツ 1962, p. 128.
  57. ^ 戦艦ワシントン 1988, p. 117.
  58. ^ a b 戦艦ワシントン 1988, p. 118.
  59. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 237-238.
  60. ^ 戦史叢書98 1979, p. 199.
  61. ^ 戦艦ワシントン 1988, p. 121.
  62. ^ バラード、悲劇の海 1994, pp. 119-120.
  63. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 274-275二 連合軍側の兵力
  64. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 313-316七 潜水部隊の作戦
  65. ^ 戦史叢書98 1979, p. 202.
  66. ^ 戦艦ワシントン 1988, pp. 130-131.
  67. ^ 戦史叢書98 1979, p. 471伊172(司)|17.11.27ソロモン諸島南西海面|10.12(トラック)ソロモン諸島方面作戦
  68. ^ 戦史叢書83 1975, p. 343.
  69. ^ a b ニミッツ 1962, p. 134.
  70. ^ 戦艦ワシントン 1988, p. 134.
  71. ^ 戦艦ワシントン 1988, p. 136.
  72. ^ a b 戦艦ワシントン 1988, p. 138.
  73. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 362-365連合軍の状況
  74. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 335a-336ガ島及びニューギニア方面の作戦
  75. ^ 戦史叢書83 1975, p. 363.
  76. ^ a b バラード、悲劇の海 1994, p. 124.
  77. ^ 戦史叢書83 1975, p. 335b.
  78. ^ a b 戦史叢書83 1975, p. 336.
  79. ^ a b c d ニミッツ 1962, p. 136.
  80. ^ バラード、悲劇の海 1994, p. 127.
  81. ^ 戦艦ワシントン 1988, p. 139.
  82. ^ バラード、悲劇の海 1994, p. 128.
  83. ^ 戦史叢書83 1975, p. 356(前進部隊兵力部署)
  84. ^ 戦史叢書83 1975, p. 368.
  85. ^ バラード、悲劇の海 1994, p. 138.
  86. ^ a b バラード、悲劇の海 1994, p. 139.
  87. ^ バラード、悲劇の海 1994, p. 142.
  88. ^ ニミッツ 1962, p. 138.
  89. ^ バラード、悲劇の海 1994, p. 134.
  90. ^ a b 戦史叢書83 1975, p. 370.
  91. ^ 佐藤、艦長たち(続篇) 1984, pp. 166-169軽巡「ジュノー」を撃沈
  92. ^ 戦史叢書98 1979, p. 206.
  93. ^ 戦艦ワシントン 1988, p. 145.
  94. ^ 戦史叢書83 1975, p. 168.
  95. ^ バラード、悲劇の海 1994, p. 147.
  96. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 452-453ムンダ基地設営
  97. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 455-456零戦隊のムンダ進出とその壊滅
  98. ^ 戦史叢書83 1975, p. 459.
  99. ^ a b 佐藤、艦長たち(続篇) 1984, p. 208.
  100. ^ 戦史叢書96 1976, pp. 37-41二月上旬までのソロモン方面防備の概要
  101. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 527-530敵水上部隊のムンダ基地砲撃
  102. ^ 戦史叢書83 1975, p. 528.
  103. ^ a b c 戦史叢書83 1975, p. 529.
  104. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 540a-542敵水上部隊のコロンバンガラ砲撃
  105. ^ 戦史叢書83 1975, p. 541.
  106. ^ a b 戦史叢書83 1975, p. 517.
  107. ^ 佐藤、艦長たち(続篇) 1984, p. 204.
  108. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 376-378「鈴谷、摩耶」のガ島飛行場砲撃と「衣笠」の喪失
  109. ^ a b 佐藤、艦長たち(続篇) 1984, p. 209.
  110. ^ 戦史叢書83 1975, p. 542.
  111. ^ 戦史叢書83 1975, p. 540b.
  112. ^ 戦史叢書96 1976, p. 86.
  113. ^ The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II
  114. ^ 戦史叢書98 1979, p. 472伊18(司)|18.2.11「ガ」島南東方海面|1.22(トラック)ソロモン諸島方面作戦
  115. ^ 木俣『日本潜水艦戦史』374-375頁。
  116. ^ 戦史叢書96 1976, pp. 205-207連合軍の艦砲射撃と攻略部隊の発見
  117. ^ ニミッツ 1962, p. 167.
  118. ^ 木俣『日本水雷戦史』318頁。
  119. ^ 戦史叢書96 1976, p. 221.
  120. ^ 戦史叢書96 1976, p. 227.
  121. ^ 木俣『日本水雷戦史』319頁。
  122. ^ ポッター, 369頁。、木俣『日本水雷戦史』320頁。
  123. ^ a b ポッター, 369頁。
  124. ^ a b 木俣『日本水雷戦史』325頁。
  125. ^ 戦史叢書96 1976, p. 222.
  126. ^ a b c d 戦史叢書96 1976, p. 228.
  127. ^ 佐藤, 80頁。
  128. ^ 佐藤, 81頁。
  129. ^ ニミッツ 1962, p. 171.
  130. ^ 駆逐艦 谷風(クラ湾沖海戦) 蓮.海防艦 第76号戦時日誌.戦闘詳報
  131. ^ 木俣『日本水雷戦史』326、327頁。
  132. ^ 佐藤, 82頁。
  133. ^ a b c d e f g Buships War Damage Report 1944 (1943). "U. S. S. HELENA (CL50) LOSS IN ACTION KULA GULF, SOLOMON ISLANDS 6 JULY, 1943". HELENA. WAR DAMAGE REPORT No. 43. HyperWar. Retrieved 29 May 2014.
  134. ^ 所謂「ジャックナイフ
  135. ^ 木俣『日本水雷戦史』327、328頁。
  136. ^ a b c 木俣『日本水雷戦史』327頁。
  137. ^ 中名生正己「アメリカ巡洋艦はいかに戦ったか」『アメリカ巡洋艦史』157頁。
  138. ^ Douglas Archives (2013年). “Seaman 1st Class General P. Douglas, U.S. Navy, k1943”. The Douglas Archives. The Douglas Archives. 2014年5月29日閲覧。
  139. ^ USS HELENA, paulallen.com

参考文献[編集]

  •  木俣滋郎『日本空母戦史』図書出版社、1977年7月。
  • 木俣滋郎『日本水雷戦史』図書出版社 1986年
  • 木俣滋郎『日本潜水艦戦史』図書出版社、1993年、ISBN 4-8099-0178-5
  • 佐藤和正『艦長たちの太平洋戦争 続篇 17人の艦長が語った勝者の条件』光人社、1984年4月。ISBN 4-7698-0231-5。
  • 「地の軍人」<潜水艦「伊二六」艦長・横田稔大佐の証言>(第三次ソロモン海戦時の伊26潜水艦長)
  • 「命令誤認」<砲艦「橋立」艦長・山代勝守大佐の証言>(ガダルカナル島攻防戦最終局面の第8駆逐隊司令)
  • 佐藤和正「ソロモン作戦II」『写真・太平洋戦争(第6巻)』光人社NF文庫、1995年。 ISBN 4-7698-2082-8
  • 「世界の艦船増刊第36集 アメリカ巡洋艦史」海人社、1993年。
  • 「世界の艦船増刊第57集 第2次大戦のアメリカ巡洋艦」海人社、2001年。
  • 瀬名堯彦「真珠湾で撃沈破された米艦艇のその後」『写真・太平洋戦争(1)』光人社、1988年。ISBN 4-7698-0413-X
  • チェスター・ニミッツ、E・B・ポッター『ニミッツの太平洋海戦史』実松譲、富永謙吾(共訳)、恒文社、1962年12月。
  • C.W.ニミッツ、E.B.ポッター『ニミッツの太平洋海戦史』実松譲、冨永謙吾共訳、恒文社、1992年。ISBN 4-7704-0757-2
  • ロバート・D・バラード 著、川中覺 監訳『THE LOST SHIPS OF GUADALCANAL ガダルカナル 悲劇の海に眠る艦船』同朋舎出版、1994年1月。ISBN 4-8104-1720-4。
  • E.B.ポッター『キル・ジャップス! - ブル・ハルゼー提督の太平洋海戦史』秋山信雄訳、光人社 1991年。ISBN 4-7698-0576-4
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 ハワイ作戦』第10巻、朝雲新聞社、1967年12月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 南東方面海軍作戦<1> ガ島奪還作戦開始まで』第49巻、朝雲新聞社、1971年9月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 南東方面海軍作戦<2> ガ島撤収まで』第83巻、朝雲新聞社、1975年8月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 南東方面海軍作戦(3) ガ島撤収後』第96巻、朝雲新聞社、1976年8月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 潜水艦史』第98巻、朝雲新聞社、1979年6月。
  • イヴァン・ミュージカント 著、中村定 訳『戦艦ワシントン 米主力戦艦から見た太平洋戦争』光人社、1988年12月。ISBN 4-7698-0418-0。

関連項目[編集]