ヘレナ (重巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
USS Helena (CA-75)
艦歴
発注:
起工:
進水: 1945年4月28日
就役: 1945年9月4日
退役: 1963年6月29日
除籍: 1974年1月1日
その後: 1974年にスクラップとして処分
性能諸元
排水量: 13,600 トン
全長: 674 ft 11 in
全幅: 70 ft 10 in
吃水: 20 ft 6 in
機関:
最大速: 33ノット
兵員: 士官、兵員1,142名
兵装: 8インチ砲9門、
5インチ砲12門、
40mm機銃48基、
20mm機銃22基
搭載機:

ヘレナ(USS Helena, CA-75)は、アメリカ海軍重巡洋艦ボルチモア級重巡洋艦の8番艦。艦名はモンタナ州ヘレナに因む。その名を持つ艦としては3隻目(先代はクラ湾夜戦で沈没したセントルイス級軽巡洋艦二番艦)。ヘレナはファーゴ級軽巡洋艦の一隻に名づけられるはずだったが、建造キャンセルされた後に命名された。

艦歴[編集]

ヘレナはマサチューセッツ州クインシーベスレヘム・スチール社で起工し、1945年4月28日にジョン・T・ヘイティン夫人(ヘレナ市長夫人)によって進水する。1945年9月4日にA・H・マッコルム艦長の指揮下就役した。

ヘレナはボストンで艤装が完了すると1945年10月24日に出航、翌日ニューヨークに到着し、10月27日の海軍記念日における第二次世界大戦祝賀式典に参加した。グアンタナモ湾での整調および訓練の後、1946年2月にボストンに帰還し、最初の配備の準備に入る。ヘレナはヨーロッパ方面軍司令官および第12艦隊司令官のH・ケント・ヒューイット大将が乗り込み、2月12日にボストンを出航しイギリスに向かう。続く3ヶ月にわたってヘレナは北ヨーロッパ海域で訓練演習を行い、イギリスおよびスコットランドの港を親善訪問した。

1946年5月1日に旗艦任務を解かれ、ヘレナは地中海の主要校を訪問、スエズ運河を通過しコロンボセイロン島シンガポールを経由して1946年6月18日に青島に到着した。極東では各種の訓練および艦隊演習を行い、1947年3月22日に上海を出航、帰途に就く。



ヘレナは朝鮮戦争の戦功で大韓民国殊勲部隊章および4つ星の従軍星章を受章した。

関連項目[編集]