ヘンク・フロル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ヘンク・フロル
Henk Grol with his bronze medal at the 2012 summer Olympics (cropped).JPG
基本情報
ラテン文字 Henk Grol
オランダの旗 オランダ
生年月日 (1985-04-14) 1985年4月14日(36歳)
身長 190cm
選手情報
階級 男子100kg級
JudoInside.comの詳細情報
 
獲得メダル
柔道
オランダの旗 オランダ
オリンピック
2008 北京 100kg級
2012 ロンドン 100kg級
世界柔道選手権
2009 ロッテルダム 100kg級
2010 東京 100kg級
2013 リオデジャネイロ 100kg級
テンプレートを表示

ヘンク・フロル: Henk Grol1985年4月14日 - )は、オランダの男子柔道家[1][2]。ヘンク・グロルとも表記される。

来歴[編集]

柔道は5歳の時に始めた。当時はサッカーにも取り組んでいたが、12歳になると柔道に専念することにした[3]。2008年の北京オリンピックでは銅メダルを獲得したが[1]、2009年に地元オランダで開催された世界選手権では決勝でカザフスタンマクシム・ラコフに一本負けして2位に終わった[2]。2010年に東京で開かれた世界選手権の決勝でも日本穴井隆将に指導2で敗れて2位にとどまった[2]。2011年の世界選手権では2回戦で敗れてメダルを獲得できなかった[2]。2012年1月にはワールドマスターズ決勝でラコフに敗れて2位に終わった[4]。7月のロンドンオリンピックでは前回の北京に続き銅メダルを獲得した[1]。 2013年の世界選手権では決勝でアゼルバイジャンのエルハン・ママドフに敗れてまたも2位に終わった[2]。2015年のヨーロッパ競技大会で優勝すると、2016年にはヨーロッパ選手権でも優勝している[2]。だが、リオデジャネイロオリンピックでは3回戦でフランスシリル・マレに敗れた[2]。その後階級を100㎏超級に上げると、2018年のグランドスラム・エカテリンブルグでは決勝で太田彪雅に反則負けしたが2位となった[2]。2020年のグランドスラム・パリでは3回戦で王者テディ・リネールの連勝記録を154で止めた日本の影浦心を小内刈で破って優勝を飾った[5]。2021年のヨーロッパ選手権では準々決勝で国内のライバルであるロイ・メイヤー小外掛で破るなどして2位となり、東京オリンピック代表に選出された。なお、メイヤーとの対戦で過剰な足払いを受けたことに激高して一本を先取後に、袖を離さないメイヤーを突き放すなど好ましくないアクションを示した[6]

IJF世界ランキングは3845ポイント獲得で7位となっている(21/4/19現在)[7]

主な戦績[編集]

90kg級での戦績

100kg級での戦績

100kg超級での戦績

(出典[2]、JudoInside.com)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Henk Grol Biography and Olympic Results
  2. ^ a b c d e f g h i profile
  3. ^ Henk Grol (Ned)”. 2012年8月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年11月14日閲覧。
  4. ^ Judo World Masters Almaty - Day 2”. 2012年1月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年1月24日閲覧。
  5. ^ Grand Slam Paris 2020
  6. ^ Henk Grol knows what to do for an Olympic medal
  7. ^ World ranking list”. 2016年9月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年4月24日閲覧。