ヘンタイよいこ新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヘンタイよいこ新聞」(ヘンタイよいこしんぶん)は、パルコ出版発行のサブカルチャー誌『ビックリハウス』において、1980年11月号から1982年7月号にかけて連載された、読者投稿記事である。のちにパルコ出版から単行本も発売された。編集責任者は糸井重里。題字は右横書きであった。略称は「ヘンよい」。書籍版の装丁横尾忠則が手がけた。

概要[編集]

人々を「ヘンタイよいこ」「セイジョーよいこ」「ヘンタイわるいこ」「セイジョーわるいこ」に大別、ヘンタイよいこのための機関紙を謳っている。

投稿者は糸井からテーマとして与えられた以下の10項目について答えるというスタイルを採っている。

  • A.キモチワルイものとは何か。
  • B.コワイものとは何か。
  • C.キモチイイものとは何か。
  • D.オイシイものとは何か。
  • E.スケベなものとは何か。
  • F.オカシイものとは何か。
  • G.キタナイものとは何か。
  • H.カワイイものとは何か。
  • I.ホシイものとは何か。
  • J.ビンボーとは何か。

他に、「私たちの水戸黄門」「明るい農村便り」などのオリジナルコーナーも存在した。

投稿者はビックリハウスの読者層でもある10代後半に集中しており、投稿に対し糸井重里がコメントを付していた。

雑誌への投稿者[編集]

単行本への寄稿者[編集]

応援者[編集]

単行本化されたときに各界の著名人が、応援の言葉を寄せた。

  • タモリ「あの方(糸井)のやってることは全部ナウいとしか思えない」
  • 岸本加世子
  • アラン・ブノア「日本人可愛いね」
  • 盛田昭夫「君たちが法律だよ」
  • ビートたけし「ヘンタイ新聞?俺のこと出てるんじゃないだろうな」
  • 浅野温子「糸井さん、書くのが楽しくないときどうしてんのかな?言葉のプロ、逃げないで」
  • 桃井かおり「コピーが命よ」

解散の集会[編集]

雑誌連載が終わったときに、「ヘンタイよいこ 白昼堂々秘密の大集会」と題する集会が行われ、忌野清志郎矢野顕子の持ち歌「ひとつだけ」を歌った。