ヘンドリック・ウィレム・メスダフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヘンドリック・ウィレム・メスダフと妻シーナ

ヘンドリック・ウィレム・メスダフ(Hendrik Willem Mesdag、1831年2月23日 - 1915年7月10日)はオランダの画家である。海洋画を描いた。「ハーグ派」の一人に数えられる。

略歴[編集]

フローニンゲンで生まれた。父親は銀行家でアマチュア画家であった。父親の勧めで美術を学んだ。兄のタコ・メスダフ(Taco Mesdag:1829-1902)も風景画家として知られる。父の銀行で働き始めたが、1856年に裕福な証人の娘で画家のシーナ(Sina Mesdag-van Houten)と結婚した。父親の遺産を継承した後は画家に専念した。妻の叔父にはオランダの大臣となったSamuel van Houtenがいる。

ブリュッセルに移った風景画家のウィレム・ルーロフスから絵を学んだ。1868年から、デン・ハーグに移り海洋画や海岸の風景を描いた。1870年にサロン・ド・パリに出展し、金賞を受賞した。

1880年にベルギーの会社の依頼をうけて、高さ14m、周囲長120mの円筒の巨大なパノラマ絵画を妻と弟子の助けをかりて製作した。ハーグで展示されている「パノラマ・メスダグ」(Panorama Mesdag)には北海に面した村スヘフェニンゲンの風景が描かれている。

「ハーグ派」の美術団体「プルクリ・スタジオ」に加わり、1889年には会長となった。

1903年にハーグの邸と、メスダグ夫妻の作品や収集した美術コレクションを政府に寄付し、メスダグ・コレクション・ミュージアムとなっている。

作品[編集]

「パノラマ・メスダグ」[編集]

Panorama mesdag.PNG

海洋画[編集]