ヘンリエッタ・ナギョワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヘンリエッタ・ナギョワ
Henrieta Nagyová
Tennis pictogram.svg
基本情報
国籍 スロバキアの旗 スロバキア
出身地 同・ノヴェー・ザームキ
生年月日 (1978-12-15) 1978年12月15日(39歳)
身長 177cm
体重 60kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1994年
引退年 2006年(2011年一時復帰)
ツアー通算 13勝
シングルス 9勝
ダブルス 4勝
生涯通算成績 524勝372敗
シングルス 366勝234敗
ダブルス 158勝138敗
生涯獲得賞金 $1,743,970
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(1998)
全仏 4回戦(1998・2001)
全英 2回戦(1998・2004)
全米 3回戦(1998・99・2001)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(1997・98・2001・03)
全仏 ベスト8(2003)
全英 ベスト8(2001)
全米 ベスト8(2002)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 21位(2001年9月17日)
ダブルス 37位(2002年5月13日)
テンプレート  プロジェクト テニス

ヘンリエッタ・ナギョワHenrieta Nagyová, 1978年12月15日 - )は、スロバキアノヴェー・ザームキ出身の女子プロテニス選手。自己最高ランキングはシングルス21位、ダブルス37位。WTAツアーでシングルス9勝、ダブルス4勝を挙げた。身長177cm、体重60kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

来歴[編集]

両親とも化学技師の家庭に生まれたナギョワは、1994年1月に15歳でプロ入りした。1995年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップスロバキア代表選手になり、7月22日・23日に行われた「ワールドグループ2部・プレーオフ」の対パラグアイ戦で代表デビューを果たす。1993年チェコスロバキアが連邦解体したことにより、チェコ共和国とスロバキア共和国が独立国家となり、「スロバキア」チームとしてのフェドカップ初参加は1994年であった。ナギョワはその最初期から、スロバキア女子の代表選手として不可欠な存在になった。1996年全仏オープン4大大会に初出場し、同年9月22日にポーランドワルシャワ大会でツアー初優勝を達成。翌1997年全豪オープンメアリー・ジョー・フェルナンデスとの3回戦に進み、11月末のタイパタヤ市大会でツアー2勝目を挙げた。

ヘンリエッタ・ナギョワは1998年に、4大大会のシングルスで自己最高成績を出し、全豪オープン全仏オープンの2大会連続で4回戦に進出した。全豪オープン4回戦では、第5シードのマリー・ピエルスから1ゲームも取れず、全仏オープン4回戦では第8シードのビーナス・ウィリアムズに 1-6, 1-6 で敗れた。ウィンブルドンでは、2回戦で左膝の故障による長期療養から復帰した第4シードのシュテフィ・グラフに敗れている。ナギョワはウィンブルドンが不得意で、初戦突破は1998年2004年の2度だけであった。

2000年は女子ツアーで年間3勝を挙げ、シドニー五輪にもスロバキア代表選手として出場したが、シングルス1回戦でビーナス・ウィリアムズと当たってしまい、当時絶好調だったウィリアムズに 2-6, 2-6 で敗れた。2001年、ナギョワは全仏オープンで3年ぶり2度目の4回戦進出を果たす。この大会では、前年のシドニー五輪で女子シングルス銀メダルを獲得したエレーナ・デメンチェワを2回戦で破ったが、4回戦でベルギーの新鋭キム・クライシュテルスに 4-6, 6-4, 3-6 のフルセットで敗れた。結局、ナギョワは4大大会シングルスでベスト8に勝ち残ることができなかった。

2002年は、スロバキアがフェドカップで初優勝を果たした年である。それまで8年間スロバキア・チームの代表選手を務めてきたナギョワも、この優勝メンバーの一員であった。この年にテニス成績を伸ばしたダニエラ・ハンチュコバだけでなく、ナギョワやヤネッテ・フサロバも大きな役割を果たし、11月2日-3日の「ワールドグループ」決勝でスペインを「3勝1敗」で破って初優勝を決めた。ナギョワ自身は、2003年11月のタイパタヤ市大会が現役最後の優勝になった。2006年7月、ヘンリエッタ・ナギョワは27歳で現役を引退した。

ナギョワは引退から5年後の2011年に下部ツアーであるサーキット大会のダブルスに出場した。5大会に出場し2勝5敗の成績を残している。

WTAツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 14回 (9勝5敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0–0)
ティア I (0–0)
ティア II (0–0)
ティア III (2–3)
ティア IV & V (7–2)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 1996年9月22日 ポーランドの旗 ワルシャワ クレー オーストリアの旗 バルバラ・パウルス 3-6, 6-2, 6-1
準優勝 1. 1997年7月27日 ポーランドの旗 ワルシャワ クレー オーストリアの旗 バルバラ・パウルス 4–6, 4–6
準優勝 2. 1997年8月3日 オーストリアの旗 マリア・ランコヴィッツ クレー オーストリアの旗 バルバラ・シェット 6–3, 2–6, 3–6
優勝 2. 1997年11月23日 タイ王国の旗 パタヤ ハード ベルギーの旗 ドミニク・ファン・ルースト 7–5, 6–7(6), 7–5
優勝 3. 1998年8月2日 ポーランドの旗 ソポト クレー ドイツの旗 エレナ・パンポロバ 6-3, 5-7, 6-1
優勝 4. 1998年8月9日 トルコの旗 イスタンブール クレー ベラルーシの旗 オリガ・バラバンシコワ 6-4, 3-6, 7-6
優勝 5. 1999年2月14日 チェコの旗 プロスチェヨフ カーペット (室内) イタリアの旗 シルビア・ファリナ 7–6(2), 6–4
優勝 6. 2000年5月14日 ポーランドの旗 ワルシャワ クレー オランダの旗 アマンダ・ホップマンス 2–6, 6–4, 7–5
優勝 7. 2000年7月16日 イタリアの旗 パレルモ クレー オーストラリアの旗 パブリナ・ノーラ 6–3, 7–5
優勝 8. 2000年11月12日 マレーシアの旗 クアラルンプール ハード クロアチアの旗 イバ・マヨリ 6-4, 6-2
準優勝 3. 2001年11月11日 タイ王国の旗 パタヤ ハード スイスの旗 パティ・シュナイダー 0–6, 4–6
準優勝 4. 2002年5月12日 ポーランドの旗 ワルシャワ クレー ロシアの旗 エレーナ・ボビナ 3–6, 1–6
準優勝 5. 2002年7月27日 ポーランドの旗 ソポト クレー ロシアの旗 ディナラ・サフィナ 3–6, 0–4 途中棄権
優勝 9. 2003年11月9日 タイ王国の旗 パタヤ ハード スロバキアの旗 ルボミラ・クルハイツォバ 6–4, 6–2

ダブルス: 10回 (4勝6敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1995年9月13日 ポーランドの旗 ワルシャワ クレー スロバキアの旗 Denisa Krajčovičová イタリアの旗 サンドラ・チェッキーニ
イタリアの旗 ラウラ・ガローネ
7–5, 2–6, 3–6
優勝 1. 1997年5月4日 クロアチアの旗 ボル クレー アルゼンチンの旗 ラウラ・モンタルボ アルゼンチンの旗 マリア・ホセ・ガイダノ
オーストリアの旗 マリオン・マルスカ
6-3, 6-1
優勝 2. 2000年11月12日 マレーシアの旗 クアラルンプール ハード オーストリアの旗 シルビア・プリシュケ 南アフリカ共和国の旗 リーゼル・ホーン
カナダの旗 ヴァネッサ・ウェッブ
6-4, 7-6(4)
準優勝 2. 2002年1月6日 ニュージーランドの旗 オークランド ハード チェコの旗 クベタ・ヘルドリコバ アメリカ合衆国の旗 ニコル・アレント
南アフリカ共和国の旗 リーゼル・フーバー
5–7, 4–6
準優勝 3. 2002年5月5日 クロアチアの旗 ボル クレー ロシアの旗 エレーナ・ボビナ イタリアの旗 タチアナ・ガルビン
インドネシアの旗 アンジェリク・ウィジャヤ
5–7, 6–3, 4–6
優勝 3. 2002年5月12日 ポーランドの旗 ワルシャワ クレー クロアチアの旗 エレナ・コスタニッチ ロシアの旗 エフゲニア・クリコフスカヤ
クロアチアの旗 シルビア・タラヤ
6–1, 6–1
優勝 4. 2002年10月20日 スロバキアの旗 ブラチスラヴァ ハード
(室内)
スロベニアの旗 マヤ・マテブジッチ アメリカ合衆国の旗 メイレン・ツー
フランスの旗 ナタリー・ドシー
6–0, 6–4
準優勝 4. 2003年4月5日 モロッコの旗 カサブランカ クレー ウクライナの旗 エレナ・タタルコワ アルゼンチンの旗 ヒセラ・ドゥルコ
アルゼンチンの旗 マリア・エミリア・サレルニ
3-6, 4-6
準優勝 5. 2004年7月25日 イタリアの旗 パレルモ クレー スロバキアの旗 ルボミラ・クルハイツォバ スペインの旗 アランチャ・サンチェス・ビカリオ
スペインの旗 アナベル・メディナ・ガリゲス
3–6, 6–7
準優勝 6. 2005年4月30日 ポルトガルの旗 エストリル クレー オランダの旗 ミハエラ・クライチェク 中華人民共和国の旗 李婷
中華人民共和国の旗 孫甜甜
3–6, 1–6

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 通算成績
全豪オープン A 3R 4R 2R 1R 1R 1R 1R 1R A LQ 6–8
全仏オープン 2R 1R 4R 1R 1R 4R 1R 1R 1R LQ LQ 7–9
ウィンブルドン 1R 1R 2R 1R 1R 1R 1R 1R 2R LQ LQ 2–9
全米オープン 2R 2R 3R 3R 2R 3R 2R 1R 1R LQ A 10–8

: 1999年全米3回戦の不戦敗は通算成績に含まない