ヘンリー・アイザック・ラウントリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ヘンリー・アイザック・ラウントリー(Henry Isaac Rowntree、1837年1883年)は、イギリス最大級の菓子メーカーのひとつであるラウントリーズ (Rowntree's) の創業者。

経歴[編集]

ヘンリー・ラウントリーは、ヨークのペイブメント通り (The Pavement) にあった父親の店で徒弟として働いた後、1860年に父が死去したのを受けて、ワイムゲート (Walmgate) にあったテューク家英語版の店で働くようになった[1]

1862年6月、ラウントリーは、チョコレートココアの製造に関する部門とチコリーを扱う部門を買い入れ、12名ほどの人員を雇い入れて、自身の事業を立ち上げた[2]。彼はクエーカーとしての信念に従い、常に高品質を追求した[2]1864年8月、彼は、タナーズ・モート (Tanners Moat) にあった使われなくなっていた鋳造所英語版 を買い取り、ここに新たな工場を建設した[3]。しかし、週刊新聞『Yorkshire Weekly Press』紙の編集発行者として責務が重荷となり、チョコレート事業に手が回らなくなってしまうと、チョコレート事業は不振に陥り、1869年6月には兄であるジョセフ・ラウントリーを、事業の共同経営者として迎え、事業も「H. I. Rowntree & Co.」と改名することになった[3]。兄弟は、共同経営を続け、事業は成長に成長を重ねたが、ヘンリー・アイザックは、1993年に死去した[4]

家族[編集]

ラウントリーは、1868年2月に、スカーブラのハリエット・セリーナ・オズボーン (Harriet Selina Osborn) と結婚した[4]。夫妻の間には、1868年にフランシス・ヘンリー (Francis Henry)、1870年にアリス・メアリ (Alice Mary)、1873年にエセル (Ethel) と、3人の子どもたちが生まれた。

脚注[編集]

  1. ^ Fitzgerald, R. Page 47
  2. ^ a b Fitzgerald, R. Page 48
  3. ^ a b Fizgerald, R, Page 48
  4. ^ a b Larigan Genealogy

関連文献[編集]

  • Rowntree and the Marketing Revolution 1862 - 1969 by Robert Fitzgerald, Cambridge University Press, 1995 ISBN 978-0-521-43512-3