ヘンリー・クレイ (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
USSHenryClay.jpg
艦歴
発注: 1961年2月3日
起工: 1961年10月23日
進水: 1962年11月30日
就役: 1964年2月20日
退役: 1990年11月5日
その後: 原子力艦再利用プログラム
除籍: 1990年11月5日
性能諸元
排水量:
全長:
全幅:
吃水:
機関: 原子力ギアード・タービン
主機関: S5W原子炉
最大速:
兵員:
兵装: 潜水艦発射弾道ミサイル16基
21インチ魚雷発射管4門
モットー: Preservation of the Nation

ヘンリー・クレイ(USS Henry Clay, SSBN-625)は、アメリカ海軍原子力潜水艦ラファイエット級原子力潜水艦の8番艦。艦名はヘンリー・クレイに因む。

艦歴[編集]

ヘンリー・クレイの建造は1961年2月3日にバージニア州ニューポート・ニューズニューポート・ニューズ造船所に発注され、1961年10月23日に起工した。1962年11月30日にグリーン・B・ギブソン夫人によって進水し、1964年2月20日にブルー班艦長トーマス・A・ブライス中佐およびゴールド班艦長ジョン・C・ルイス中佐の指揮下就役した。

1986年12月にゴールド班が乗り組んだヘンリー・クレイはイギリスプリマスを訪問した。この訪問は1985年4月から1987年10月までにゴールド班が行った唯一の訪問であった。

1985年から1987年までのヘンリー・クレイの航海長はゴードン・ヘンドリック、機関長はビル・ヘイズ、砲雷長はマイケル・マクガリティであった。

1987年、ヘンリー・クレイのゴールド班は抜き打ちの原子炉保安検査 (Operational Reactor Safeguards Examination, ORSE) を受けた。当時の艦長はエドワード・ウォレン、副長はドン・ヘイズであった。ヘンリー・クレイの評価は EXCELLENT であり、大西洋艦隊においてこの評価を受けたのは2隻のみであった。(もう一隻はハイマン・G・リッコーヴァー (USS Hyman G. Rickover, SSN-709))

ヘンリー・クレイは1990年11月5日に退役、除籍され、1997年9月30日にワシントン州ブレマートン原子力艦再利用プログラムに従って解体された。

関連項目[編集]