ヘンリー・セシル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

サー・ヘンリー・セシルSir Henry Richard Amherst Cecil1943年1月11日 - 2013年6月11日[1])は、イギリス競走馬調教師

来歴[編集]

1964年から1968年まで、継父のセシル・ボイドロッチフォート調教師の下で調教助手を務めた。

1969年、調教師免許を取得し厩舎を開業。

1973年、クルーナフ(Cloonagh)でアイリッシュ1000ギニーを勝ち、G1及びクラシック競走初制覇[2]

1975年、ボルコンスキー(Bolkonski)で2000ギニーを勝ち、イギリスクラシック競走初制覇。

1976年、義父のノエル・マーレス調教師[3]の引退に伴い、厩舎を引き継ぐ。同年、初めてリーディングを獲得した。

1985年6月5日スリップアンカー(Slip Anchor)でダービーステークス初制覇。また同年、オーソーシャープ(Oh So Sharp)で1000ギニーオークスセントレジャーステークスを制し、牝馬クラシック三冠を達成した。

1987年7月25日にリファレンスポイント(Reference Point)でキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス初制覇。同馬はダービーステークス・セントレジャーステークスの二冠も制した。この年は180勝を挙げ、120年ぶりにイギリスの最多勝記録を更新した。

1990年、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス勝ち馬のベルメッツ(Belmez)がジャパンカップに出走。管理馬の日本初出走を果たしたが、1番人気に推されながら7着に敗れた。日本への遠征はこの1回のみである。

1995年シェイク・モハメドと決別。マークオブエスティーム(Mark of Esteem)の故障を迅速に報告しなかったことがきっかけとされる[4]

1997年10月4日にヤシュマク(Yashmak)でフラワーボウルインビテーショナルハンデキャップを勝ち、ヨーロッパ以外のG1初制覇。

1999年ラムルマ(Ramruma)でオークス・アイリッシュオークスヨークシャーオークスを制し、ヨーロッパオークス三冠を達成した。またこの年、妻[5]主戦騎手キーレン・ファロンとの間に不倫疑惑が報じられ、ファロンとの専属契約を解除した。

2000年6月25日にビートホロー(Beat Hollow)でパリ大賞典を制して以降、長らく大レースから遠ざかることとなる。2001年にはリーディングトップ10の座から脱落。2005年の年間収得賞金は僅か14万5000ポンドで、ランキングを97位まで落とすことになった。かつては200頭を越えていた管理頭数も、60頭を切るまでに減少した。

2006年11月21日にパッセージオブタイム(Passage of Time)でクリテリウムドサンクルーを勝ち、6年5ヶ月ぶりにG1を制覇。2007年のシーズン開幕前にはに冒されていることを公表したが、その病魔と戦いながら厩舎運営を続ける。そして6月1日ライトシフト(Light Shift)で8度目のオークス制覇を果たして称賛を浴びた。

2009年11月6日ミッデイ(Midday)でブリーダーズカップ・フィリー&メアターフを勝ち、ブリーダーズカップ初制覇。

2011年、6月に2011 Birthday Honoursで、ナイトの称号を授与された。

2011年フランケルでマイルレースを席巻するが、癌との闘病生活も始まる。

2012年、古馬となったフランケルで中距離のレースを総なめ、14戦14勝で無敗のまま引退し、名伯楽の評価を確固たるものとした。

2013年6月11日に死去[1]。70歳。

オークスで8勝、1000ギニーで6勝を挙げているが、どちらもロバート・ロブソン調教師に次ぐ第2位の記録である。また10勝を挙げているレーシングポストトロフィー(前身のフューチュリティステークスなど含む)、8勝を挙げているナッソーステークス、7勝を挙げているサセックスステークスで最多勝記録を持つ。

主戦騎手はトム・クウィリー。かつての主戦騎手はスティーブ・コーゼン、キーレン・ファロンなど。

表彰[編集]

主な勝鞍[編集]

イギリス[編集]

  • 1000ギニー(1979年One in a Million、1981年Fairy Footsteps、1985年Oh So Sharp、1996年Bosra Sham1997年Sleepytime、 1999年Wince)
  • 2000ギニー(1975年Bolkonski、1976年Wollow、2011年Frankel
  • オークス(1985年Oh So Sharp、1988年Diminuendo、1989年Snow Bride、1996年Lady Carla、1997年Reams of Verse、1999年Ramruma、2000年Love Divine、2007年Light Shift)
  • ダービーステークス(1985年Slip Anchor、1987年Reference Point、1993年Commander in Chief、1999年Oath
  • セントレジャーステークス(1980年Light Cavalry、1985年Oh So Sharp、1987年Reference Point、1989年Michelozzo)
  • エクリプスステークス(1969年Wolver Hollow、1976年Wollow、1978年Gunner B、2010年Twice Over)
  • キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス(1987年Reference Point、1990年Belmez、1994年King's Theatre
  • コロネーションステークス(1975年Roussalka、1979年One in a Million、1982年Chalon、1990年Chimes of Freedom、1994年Kissing Cousin)
  • サセックスステークス(1975年Bolkonski、1976年Wollow、1979年Kris、1994年Distant View、1997年Ali-Royal、2011年・2012年Frankel)
  • セントジェームズパレスステークス(1975年Bolkonski、1979年Kris、1990年Shavian、1995年Dr.Fong、2011年Frankel)
  • チャンピオンステークス(1988年Indian Skimmer、1996年Bosra Sham、2009年・2010年Twice Over)
  • デューハーストステークス(1975年Wollow、1982年Diesis、2010年Frankel)
  • ナッソーステークス(1975年・1976年Roussalka、1979年Connaught Bridge、1987年Nom de Plume、1993年Lyphard's Delta、2009年・2010年・2011年Midday)
  • レーシングポストトロフィー(1969年Approval、1975年Take Your Place、 1979年Hello Gorgeous、1982年Dunbeath、1984年Lanfranco、1986年Reference Point、1989年Be My Chief、1990年Peter Davies、1992年Armiger、1993年King's Theatre)
  • インターナショナルステークス(2012年Frankel)

アイルランド[編集]

フランス[編集]

アメリカ[編集]

  • フラワーボウルインビテーショナルハンデキャップ(1997年Yashmak)
  • ブリーダーズカップ・フィリー&メアターフ(2009年Midday)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Legendary trainer Sir Henry Cecil dies aged 70”. Racing Post (2013年6月11日). 2013年6月12日閲覧。
  2. ^ グループ制導入は1971年であり、1969年には後のG1であるエクリプスステークスなどを制している。
  3. ^ セシルの妻がマーレス調教師の娘。後に離婚。
  4. ^ netkeiba.com | ヘンリー・セシル6年振りのG1制覇/合田直弘/世界の競馬 2010-11-15閲覧
  5. ^ 前述のマーレス調教師の娘ではなく、再婚相手。
  6. ^ メロディスト(Melodist)との同着。どちらもシェイク・モハメドの所有馬。