ヘンリー・ハドソン橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヘンリー・ハドソン橋
航空写真
航空写真
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所在地 ニューヨーク市ブロンクス区スパイテン・ダイヴィル (en) およびマンハッタン区インウッド
交差物件 スパイテン・ダイヴィル川
路線名 NY 9A ヘンリー・ハドソン・パークウェイ (en) 7車線(上層3車線、下層4車線)
管理者 en:MTA Bridges and Tunnels
設計者 デビッド・スタインマン
開通 1936年12月12日
座標 北緯40度52分40秒 西経73度55分18秒 / 北緯40.877861度 西経73.921777度 / 40.877861; -73.921777座標: 北緯40度52分40秒 西経73度55分18秒 / 北緯40.877861度 西経73.921777度 / 40.877861; -73.921777
構造諸元
形式 二層アーチ橋
全長 673 m
3車線(上層)
4車線(下層)
桁下高 44 m
最大支間長 256 m
地図
ヘンリー・ハドソン橋の位置(ニューヨーク内)
ヘンリー・ハドソン橋
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

ヘンリー・ハドソン橋 (Henry Hudson Bridge) は、ニューヨーク市スパイテン・ダイヴィル川に架かる鋼製アーチ有料橋である。マンハッタン区インウッドブロンクス区スパイテン・ダイヴィル (en) を結んでおり、ヘンリー・ハドソン・パークウェイ (en, NY 9A) が橋上を走っている。マンハッタン側(南側)では、このパークウェイ (en) はインウッド・ヒル・パーク (en) 内を通過する。商用車(商品輸送車、客員運搬車、トラック、バス)はこの橋の通行を認められていない(一般的に商用車のパークウェイの走行は認められていない)。

設計[編集]

建設中の橋(1936年6月)
北向きに見た橋の下部

この橋はデビッド・スタインマンによってコロンビア大学における1911年の土木工学博士論文中で設計された[1][2]。その名前は、ヘンリー・ハドソンが1609年にハーヴ・ミーン号によって周辺の水域を航海しこの橋付近に停泊したことを記念して名付けられた[3][4]。1936年の開業時、この橋は世界最長の鈑桁アーチ橋 (plate girder arch bridge) および固定アーチ橋 (fixed arch bridge) であった[3]

この橋の道路は2層構造になっており、上層3車線、下層4車線の計7車線と歩道・自転車道が走っている。潮海峡スパイテン・ダイヴィル川上に架かり、この橋のすぐ西はハドソン川との合流地点である[5]。この道路橋はヘンリー・ハドソン・パークウェイ (en) の一部であり、ニューヨーク州道9A号線 (en) に指定されている。この橋の西には、スパイテン・ダイヴィル橋 (en) が水上5フィートに架かっており、その橋上をオールバニなどアップステートの都市に向かうアムトラックの列車が走っている。ブロンクス側の橋の麓にはメトロノース鉄道スパイテン・ダイヴィル駅がある。

歴史[編集]

この場所に橋を架ける計画は早くとも1906年に提案されていたが、スパイテン・ダイヴィルの住人および他の市民団体はインウッド・ヒル・パークの処女林が破壊されることおよびブロンクス側にもマンハッタンからの車による渋滞がもたらされる懸念から建設に反対していた。その一方で、ロバート・モーゼスはハドソン川沿いに橋を建設する方が良いと考えていた。その方がパークウェイの建設のための土地買収費用がかからず、また建設のために国の労働力を使うことができたためである[6][7]。この橋の建設によってリバーデイルの発展がもたらされた[8]

Henry Hudson Parkway Authorityの発注で、当初の単層の橋桁構造がアメリカン・ブリッジ・カンパニーによって$4,949,000で建設され、1936年12月12日に開業した[3][9]。上層の道路は後に設計され追加工事が行われ、1938年5月7日に開業した[10]。追加工事の費用はおよそ$2,000,000で、通行費用の値上げによって賄われた[6]。2012年の年平均通行量は63,434台()[11]

この橋の所有者はニューヨーク市で、大都市圏交通公社の関連組織のMTAブリッジス・アンド・トンネルス (en) によって運営されている。改修プロジェクトが2000年に始まり、この橋の元々の設計者のロビンソン&スタインマンの後身事務所であるen:Steinman, Boynton, Gronquist and Birdsallによって施行された。

2010年1月、MTAは料金所を廃止し、ノンストップの自動料金徴収システム導入実験を行うと発表した。2011年1月20日、この実験プロジェクトが始まった[12][13][14]E-ZPassを持たないドライバーは利用料金を郵送することができる。 この新しい料金システムは2012年11月12日より導入された[15]

脚注[編集]

  1. ^ Weingardt, Richard (2005). Engineering Legends: Great American Civil Engineers: 32 Profiles of Inspiration and Achievement. Reston, VA: American Society of Civil Engineers. p. 68. ISBN 0-7844-0801-7. 
  2. ^ Reier, Sharon (2000). The Bridges of New York. Mineola, NY: Dover Publications. pp. 132–134. ISBN 0-486-41230-X. 
  3. ^ a b c Henry Hudson Bridge”. MTA Bridges and Tunnels. 2011年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月6日閲覧。
  4. ^ McNamara, John (1984). History in Asphalt: The Origin of Bronx Street and Place Names. Bronx, NY: Bronx County Historical Society. p. 104. ISBN 0-941980-16-2. 
  5. ^ Sheraton, Mimi (1999年4月2日). “Seven Strolls In the Sky”. The New York Times. http://www.nytimes.com/1999/04/02/arts/seven-strolls-in-the-sky.html 2010年3月6日閲覧。 
  6. ^ a b Gray, Christopher (2003年8月10日). “Henry Hudson Bridge; A Controversial '36 Span Through Dreamy Isolation”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2003/08/10/realestate/streetscapes-henry-hudson-bridge-controversial-36-span-through-dreamy-isolation.html 2010年3月6日閲覧。 
  7. ^ “For A Henry Hudson Bridge; Board of Estimate Will Approve $2,000,000 To-day to Build It”. The New York Times. (1906年4月6日). http://query.nytimes.com/gst/abstract.html?res=9F00E0DE143DE433A25755C0A9629C946797D6CF 2010年3月6日閲覧。 
  8. ^ Garb, Margaret (1998年3月1日). “If You're Thinking of Living In Riverdale, the Bronx; A Community Jealous of Its Open Space”. The New York Times. http://www.nytimes.com/1998/03/01/realestate/if-you-re-thinking-living-riverdale-bronx-community-jealous-its-open-space.html 2010年3月6日閲覧。 
  9. ^ “The New Parkways”. The New York Times. (1936年12月12日). http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F50D11FA3E58107A93C0A81789D95F428385F9 2010年2月21日閲覧。 
  10. ^ “Henry Hudson Span Opens Upper Level”. The New York Times. (1938年5月8日). http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F30D13FF3F541A738DDDA10894DD405B888FF1D3 2010年2月21日閲覧。 
  11. ^ 2012 New York City Bridge Traffic Volumes”. 2014年9月23日閲覧。
  12. ^ Mancini, John (2011年1月20日). “Henry Hudson Span Goes "Gateless" - NY1”. NY1. 2014年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月13日閲覧。
  13. ^ Henry Hudson Bridge Toll Pilot”. MTA YouTube website (2011年1月20日). 2011年1月20日閲覧。
  14. ^ MTA | news | Gate Free E-ZPass on the Henry Hudson Reducing Travel Time”. MTA.info (2011年2月22日). 2014年7月13日閲覧。
  15. ^ Cashless tolls at the Henry Hudson Bridge”. MTA Bridges and Tunnels. 2012年10月3日閲覧。