ヘンリー・ペティ=フィッツモーリス (第4代ランズダウン侯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第4代ランズダウン侯爵
ヘンリー・ペティ=フィッツモーリス
Henry Petty-Fitzmaurice,
4th Marquess of Lansdowne
4thMarquessOfLansdowne.jpg
生年月日 1816年1月7日
出生地 イギリスの旗 イギリスイングランドロンドンバークレー広場英語版ランズダウン・ハウス英語版
没年月日 (1866-07-05) 1866年7月5日(50歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス、イングランド・ロンドン・バークレー広場・ランズダウン・ハウス
出身校 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
所属政党 ホイッグ党(自由党)
称号 第4代ランズダウン侯爵ガーター勲章勲爵士(KG)
配偶者 (1)ジョージアナ(旧姓ハーバート)
(2)エミリー英語版(旧姓ド・フラオー)(8代ネアーン女卿)
親族 初代ランズダウン侯爵(祖父)、第3代ランズダウン侯爵 (父)、第2代イルチェスター伯爵英語版(祖父)、第3代イルチェスター伯爵英語版(叔父)、第4代イルチェスター伯爵英語版(叔父)、第5代ランズダウン侯爵(長男)、初代フィッツモーリス男爵英語版(次男)、第11代ペンブルック伯爵英語版(先妻の父)、タレーラン(後妻の祖父)、シャルル・ド・モルニー(後妻の兄)

イギリスの旗 外務政務次官英語版
内閣 第2次パーマストン子爵内閣
在任期間 1856年7月5日 - 1858年2月26日

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 キャルネ選挙区英語版
在任期間 1837年7月24日 - 1856年7月8日[1]

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 1856年7月14日 - 1866年7月5日[1]
テンプレートを表示

第4代ランズダウン侯爵ヘンリー・トマス・ペティ=フィッツモーリス英語: Henry Thomas Petty-Fitzmaurice, 4th Marquess of Lansdowne, KG1816年1月7日 - 1866年7月5日)は、イギリスの貴族、政治家。

1837年から議会入りし、ホイッグ党自由党)の政治家として同党政権下で外務政務次官英語版などの政府役職を務めた

生誕から兄が死去する1836年まで侯爵家のヤンガーサンとして卿(Lord)の儀礼称号で称され、1836年から襲爵する1863年までは法定推定相続人としてシェルバーン伯(Earl of Shelburne)の儀礼称号で称された。

経歴[編集]

1816年1月7日に第3代ランズダウン侯爵ヘンリー・ペティ=フィッツモーリスとその妻ルイーザ(第2代イルチェスター伯爵英語版ヘンリー・フォックス=ストラングウェイズ英語版の娘)の間の次男としてロンドンバークレー広場英語版のランズダウン侯爵邸ランズダウン・ハウス英語版に生まれた[2][3]。兄にケリー伯爵(儀礼称号)ウィリアム・ペティ=フィッツモーリス英語版がいる[3]

ウェストミンスター・スクールを経てケンブリッジ大学トリニティ・カレッジへ進学[2]1836年に兄のケリー伯ウィリアムが男子なく死去したため、代わってランズダウン侯爵家の法定推定相続人となり、シェルバーン伯爵の儀礼称号を称するようになった[2]

1837年からキャルネ選挙区英語版から選出されてホイッグ党(後の自由党)の庶民院議員となる[2][3]

1847年から1848年にかけてはホイッグ党政権の第一次ラッセル内閣で下級大蔵卿英語版を務めた[2][3]。ついで1856年から1858年にかけては自由党政権の第2次パーマストン内閣で外務政務次官英語版を務めた[2][3]

1856年7月にはいまだ父が存命ながら繰上勅書により第4代ウィコム男爵を襲爵して貴族院議員に転じた[2][3][1]

1863年1月には父の死により第4代ランズダウン侯爵位を継承し、1864年にはガーター勲章を受勲したが、1866年7月5日にランズダウン・ハウスにおいて死去した。爵位は長男ヘンリー・ペティ=フィッツモーリスが継承した[2][3]

栄典[編集]

爵位[編集]

1856年7月14日繰上勅書により父ヘンリー・ペティ=フィッツモーリスから以下の爵位を継承した[2][3]

1863年1月31日に父ヘンリー・ペティ=フィッツモーリスの死去により以下の爵位を継承した[2][3]

  • サマセット州における第4代ランズダウン侯爵 (4th Marquess of Lansdowne, in the County of Somerset)
    (1784年12月6日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • 第5代ケリー伯爵 (5th Earl of Kerry)
    (1722年1月17日の勅許状によるアイルランド貴族爵位)
  • ウェックスフォード州における第5代シェルバーン伯爵 (5th Earl of Shelburne, in the County of Wexford)
    (1753年6月26日の勅許状によるアイルランド貴族爵位)
  • バッキンガム州におけるチッピング・ウィコムの第4代ウィコム伯爵 (4th Earl Wycombe, of Chipping Wycombe in the County of Buckingham)
    (1784年12月6日の勅許状によるグレートブリテン貴族)
  • 第5代クランモーリス子爵 (5th Viscount Clanmaurice)
    (1722年1月17日の勅許状によるアイルランド貴族爵位)
  • 第5代フィッツモーリス子爵 (5th Viscount Fitzmaurice)
    (1751年10月7日の勅許状によるアイルランド貴族爵位)
  • 第4代キャルネ=キャルストン子爵 (4th Viscount Calne and Calston)
    (1784年12月6日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • 第25代ケリー=リックナウ男爵 (25th Baron of Kerry and Lixnaw)
    (1223年頃創設アイルランド貴族爵位)
  • 第5代ダンケロン男爵 (5th Baron Dunkeron)
    (1751年10月7日の勅許状によるアイルランド貴族爵位)

勲章[編集]

家族[編集]

1840年8月18日に第11代ペンブルック伯爵ジョージ・ハーバート英語版の娘ジョージアナと最初の結婚をしたが、翌1841年に死別した[3]

ついでフランス軍大将ド・フラオー・ド・ラ・ビヤールドゥリー伯爵(Comte de Flahault de la Billardrie)オーギュスト・シャルル・ジョゼフ・ド・フラオーフランス語版ナポレオン帝政復古王政のフランス外相シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴールの息子)の娘エミリー・ジェーン・マーサー・エルフィンストン・ド・フラオー英語版(Emily Jane Mercer Elphinstone de Flahault, 1819-1895)と結婚した[2][3]。このエミリーはスコットランド貴族第2代ネアーン卿英語版ウィリアム・マリー英語版来孫にあたり(第2代ネアーン卿の次男ロバートの次男ウィリアム・マーサーの娘ジェーン・マーサーの娘マーガレット・マーサー・エルフィンストン英語版の娘がエミリー)、そのため1874年8月4日の貴族院決議によってエミリーが第8代ネアーン女卿と認められている(彼女の死後ネアーン卿位は5代から7代までのランズダウン侯爵によって継承され、その後は女系継承でマージー子爵英語版ビンガム家に継承されて2016年現在に至っている)[4]。エミリーとの間に以下の2男1女を儲けた[2][3]

  • 長男ヘンリー・チャールズ・キース・ペティ=フィッツモーリス (Henry Charles Keith Petty-FitzMaurice, 1845-1927) 政治家。父から第5代ランズダウン侯爵位、母から第9代ネアーン卿位を継承
  • 次男エドモンド・ジョージ・ペティ=フィッツモーリス英語版 (Edmond George Patty-FitzMaurice, 1846-1935) 政治家。初代フィッツモーリス男爵に叙される
  • 長女エミリー・ルイーザ・フィッツモーリス (Emily Louisa Anne FitzMaurice, -1939) 陸軍軍人エバラード・ディグビー大佐と結婚

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c UK Parliament. “Earl of Shelburne” (英語). HANSARD 1803-2005. 2016年9月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m Lundy, Darryl. “Henry Petty-FitzMaurice, 4th Marquess of Lansdowne” (英語). thepeerage.com. 2016年9月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m Heraldic Media Limited. “Lansdowne, Marquess of (GB, 1784)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年7月22日閲覧。
  4. ^ Heraldic Media Limited. “Nairne, Lord (S, 1681)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年9月1日閲覧。
グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会
先代:
ジョン・フォックス=ストラングウェイズ英語版
キャルネ選挙区英語版選出庶民院議員
1837年英語版–1856年
次代:
サー・ウィリアム・ウィリアムズ準男爵英語版
公職
先代:
エブリントン子爵英語版
下級大蔵卿英語版
1847年1848年
次代:
無し
先代:
第3代ウッドハウス男爵
外務政務次官英語版
1856年1858年
次代:
ウィリアム・ヴィーゼイ=フィッツジェラルド英語版
グレートブリテンの爵位
先代:
ヘンリー・ペティ=フィッツモーリス
第4代ランズダウン侯爵
1863年1866年
次代:
ヘンリー・ペティ=フィッツモーリス
第5代ウィコム男爵
(繰上勅書により父存命中に襲爵)

1856年1866年