ヘンリー・ペラム=クリントン (第4代ニューカッスル公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第4代ニューカッスル公

第4代ニューカッスル=アンダー=ライン公爵ヘンリー・ペラム・ファインズ・ペラム=クリントン英語: Henry Pelham Fiennes Pelham-Clinton, 4th Duke of Newcastle-under-Lyne, KG1785年1月31日 - 1851年1月12日)は、イギリスの貴族。

経歴[編集]

第3代ニューカッスル=アンダー=ライン公爵トマス・ペラム=クリントンの長男として生まれる。母はその妻アン(第2代ハリントン伯爵ウィリアム・スタンホープ英語版の娘)[1]

イートン校を卒業。1795年5月18日に父の死により爵位を継承した。1809年から1839年にかけてノッティンガムシャー知事英語版を務めた[2]

貴族院議員としては保守党に所属した。1846年穀物法廃止をめぐる保守党の分裂では保護貿易を支持して保守党党首・首相サー・ロバート・ピール準男爵の政策に反対した。しかし息子のリンカン伯(儀礼称号)ヘンリーは、ピール首相の自由貿易を支持した。これに激怒した彼は息子に絶縁を宣言し、息子が 南ノッティンガムシャー選挙区英語版で落選するよう工作した[3]

1851年1月12日に死去した。爵位はヘンリーが継承した[2]。息子とは臨終直前に和解した[3]

栄典[編集]

爵位[編集]

勲章[編集]

家族[編集]

1807年にジョージナ・マンデと結婚。彼女との間に長男ヘンリー(第5代ニューカッスル公)、次男チャールズ英語版、四男ロバート英語版など4男2女を儲けた[2]

出典[編集]

  1. ^ Lundy, Darryl. “Thomas Pelham-Clinton, 3rd Duke of Newcastle-under-Lyme” (英語). thepeerage.com. 2015年8月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Lundy, Darryl. “Henry Pelham Pelham-Clinton, 4th Duke of Newcastle-under-Lyme” (英語). thepeerage.com. 2015年8月9日閲覧。
  3. ^ a b ブレイク 1993, p. 274.

参考文献[編集]

  • ブレイク, ロバート『ディズレイリ』灘尾弘吉監修、谷福丸訳、大蔵省印刷局、1993年。ISBN 978-4172820000。
名誉職
先代:
第3代ポートランド公爵
ノッティンガムシャー知事英語版
1809年–1839年
次代:
第8代スカボロー伯爵英語版
グレートブリテンの爵位
先代:
トマス・ペラム=クリントン
第4代ニューカッスル=アンダー=ライン公爵
1795年 - 1851年
次代:
ヘンリー・ペラム=クリントン