ヘンリー・ペラム=クリントン (1750-1778)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィリアム・ホーア英語版による肖像画、1750年代末。

ヘンリー・ファインズ・ペラム=クリントン英語: Henry Fiennes Pelham-Clinton、出生名ヘンリー・ファインズ・クリントン1750年11月5日1778年10月18日)は、グレートブリテン王国の政治家。1772年から1778年まで庶民院議員を務めた。1752年から1768年までクリントン卿儀礼称号を、1768年から1778年までリンカーン伯爵の儀礼称号を使用した。

生涯[編集]

第9代リンカーン伯爵ヘンリー・ファインズ・クリントン(1720年 – 1794年、後の第2代ニューカッスル=アンダー=ライン公爵ヘンリー・ファインズ・ペラム=クリントン)とキャサリン・ペラム(Catharine Pelham、1727年7月24日 – 1760年7月27日、イギリス首相ヘンリー・ペラムの娘)の次男として、1750年11月5日に生まれ、12月3日に洗礼を受けた[1]。1752年に兄ジョージが死去すると、父の法定推定相続人になった。1763年から1767年までイートン・カレッジで教育を受けた[2]

1772年5月にアルドバラ選挙区英語版庶民院議員に当選、1774年イギリス総選挙ノッティンガムシャー選挙区英語版に鞍替えして再選した[2]。議会ではノース卿政権を支持したが、演説の記録はなかった[2]

1774年にロンドンセント・ジェームズ英語版にあるアーリントン街22番地英語版の邸宅を継承、以降死去までそこに住んだ[3]

1778年10月18日にフランスで死去した[1]ウェストミンスター寺院に埋葬されたという説があるが、『完全貴族名鑑英語版』第1版では誤りだとしている[1]

家族[編集]

1775年5月22日、フランシス・シーモア=コンウェイ(Frances Seymour-Conway、1751年12月4日 – 1820年11月11日、初代ハートフォード侯爵フランシス・シーモア=コンウェイの娘)と結婚、1男1女を儲けた。

  • キャサリン(1776年4月6日 – 1804年5月18日) - 1801年10月2日、フォルクストーン子爵ウィリアム・プレイデル=ブーヴェリー英語版(後の第3代ラドノー伯爵)と結婚、子供あり
  • ヘンリー(1777年12月23日 – 1779年9月23日) - 1778年から1779年までクリントン伯爵の儀礼称号を使用した

出典[編集]

  1. ^ a b c Cokayne, George Edward, ed. (1895). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (N to R) (in English). 6 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 25.
  2. ^ a b c Christie, I. R. (1964). "PELHAM CLINTON, Henry Fiennes, Earl of Lincoln (1750-78).". In Namier, Sir Lewis; Brooke, John. The House of Commons 1754-1790 (in English). The History of Parliament Trust. Retrieved 7 August 2019.
  3. ^ Sassoon, Adrian (1991). Vincennes and Sèvres Porcelain: Catalogue of the Collections (in English). Malibu, California: J. Paul Getty Museum. p. 90. ISBN 978-0-892-36173-1.
グレートブリテン議会英語版
先代:
アンドリュー・ウィルキンソン英語版
オーブリー・ボークラーク
庶民院議員(アルドバラ選挙区英語版選出)
1772年 – 1774年
同職:オーブリー・ボークラーク
次代:
アベル・スミス英語版
チャールズ・ウィルキンソン英語版
先代:
ジョン・ソーンハーグ
トマス・ウィラビー英語版
庶民院議員(ノッティンガムシャー選挙区英語版選出)
1774年 – 1778年
同職:トマス・ウィラビー英語版 1774年
エドワード・ベンティンク卿英語版 1774年 – 1778年
次代:
チャールズ・ピアポント英語版
エドワード・ベンティンク卿英語版