ヘンリー・ラムリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヘンリー・ラムリー(Henry Lumley, 1658年 - 1722年10月18日)は、イギリスの軍人・政治家。ラムリー子爵リチャード・ラムリーの息子ジョン・ラムリーの次男で、名誉革命の招聘者の1人であるスカーバラ伯リチャード・ラムリーは兄。

1685年に近衛竜騎兵隊長に任命され、大同盟戦争イングランド王兼オランダ総督ウィリアム3世に従軍してスペイン領ネーデルラントフランス軍と戦い、1692年ステーンケルケの戦いに参戦して大佐となり、翌1693年に准将に昇進した。同年のネールウィンデンの戦いで撤退を援護、1695年第二次ナミュール包囲戦にも参戦して1696年に少将に昇進、1697年の終戦でイングランドへ帰国した。1701年サセックスから下院議員となり、翌1702年から1705年までサセックスから議員となり、1715年から1722年までアランデルから立候補して議員となっている。

スペイン継承戦争ではイングランド軍司令官マールバラ公ジョン・チャーチルに従い転戦、1703年に中将となり翌1704年ブレンハイムの戦い1706年ラミイの戦い1708年アウデナールデの戦い1709年マルプラケの戦いで騎兵を率いて戦った。1704年から1722年までジャージー島の総督を務め、1711年に将軍となった。

1717年に竜騎兵隊長を辞任、1722年に死去。ハートフォードシャーの教会に埋葬された。

2回結婚していて、2度目の妻との間に生まれた娘フランシスは1719年に死亡している。

参考文献[編集]

  • 友清理士『スペイン継承戦争 マールバラ公戦記とイギリス・ハノーヴァー朝誕生史彩流社、2007年。