ヘンリー・A・アダムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ヘンリー・アレン・アダムズ
Henry Allen Adams
Gasshukoku suishi teitoku kōjōgaki (Oral statement by the American Navy admiral).png
左端がアダムズ
生誕 1800年3月18日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア
死没 (1869-05-11) 1869年5月11日(69歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア
所属組織 Seal of the United States Department of the Navy.svgアメリカ海軍
軍歴 1814年 - 1862年
最終階級 海軍代将
墓所 Laurel Hill Cemetery
テンプレートを表示

ヘンリー・アレン・アダムズ(Henry Allen Adams、1800年3月18日 - 1869年5月11日)は、アメリカ海軍軍人マシュー・ペリーの率いた艦隊の副官である[1]

経歴[編集]

1814年3月14日に海軍兵学校生としてアメリカ海軍に入る。1825年中尉1825年司令官1855年大尉へ昇格する。1852年には東インド隊においてペリーの副司令官として割り当てられる。艦隊が日本に着いた後、彼は中心人物として交渉にあたった[2]日米和親条約が結ばれると報告のためサラトガ号に乗りワシントンD.C.へ向かった。1862年7月16日に海軍を退任。1869年5月11日フィラデルフィアの自宅で死去。

脚注[編集]

  1. ^ 『ペリー日本遠征日記』〈第2期・新異国叢書1〉雄松堂出版。ペリー自身の日記訳書
  2. ^ 「ペルリ提督日本遠征記」土屋喬雄、玉城肇/共訳 岩波書店

参考文献[編集]

  • 『ペリー日本遠征日記』〈第2期・新異国叢書1〉雄松堂出版、ペリー自身の日記訳書。

関連作品[編集]

テレビドラマ