ベアトリス・フィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ベアトリス・フィン
Beatrice Fihn in Geneva (2016).jpg
ベアトリス・フィン
(2016年5月、ジュネーブにて)
生誕 (1982-11-07) 1982年11月7日(35歳)[1]
 スウェーデンヨーテボリ[1]
国籍  スウェーデン
出身校 ストックホルム大学
ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン
子供 2人[2]

ベアトリス・フィンスウェーデン語: Beatrice Fihn1982年11月2日 - )は、スウェーデン平和運動家。

ヨーテボリ生まれ[1]。同世代の移民難民と接するなかで、国際情勢に関心を持つようになり[2]ストックホルム大学国際関係を専攻、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン国際法の修士号を取得した。2009年にジュネーブ非政府組織(NGO)婦人国際平和自由連盟にてインターンシップに参加。2010年、前述の婦人国際平和自由連盟に人権活動家として入職し[3]軍縮問題を担当した[1]2014年核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)に移籍し、事務局長を務める[1]

ICANの2017年ノーベル平和賞受賞を受け、同年12月10日授賞式で演説。2018年1月12日-18日初訪日し、長崎大学核兵器廃絶研究センター主催のシンポジウムでの基調講演[1][4]長崎原爆資料館での長崎市長田上富久との会談[5]広島平和記念資料館訪問、被爆者との会談[2]、与野党の国会議員との討論集会出席[6]創価学会本部訪問[7]などをおこなった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 【社会】被爆者尽力で核禁止条約生まれた ICANフィンさん、長崎で感謝の講演”. 東京新聞 (2018年1月14日). 2018年1月15日閲覧。
  2. ^ a b c WEB特集 ノーベル平和賞 ICAN事務局長が見た「核と日本」”. 日本放送協会 (2018年1月22日). 2018年1月30日閲覧。
  3. ^ ノーベル平和賞 ICAN事務局長「被爆者全員の平和賞」”. 毎日新聞 (2017年10月7日). 2018年1月15日閲覧。
  4. ^ ノーベル平和賞受賞記念特別市民セミナー「核兵器禁止条約をどう活かすか~ナガサキからのメッセージ~」”. 長崎大学. 2018年1月15日閲覧。
  5. ^ ノーベル平和賞 ICAN事務局長が長崎訪問”. 『毎日新聞』 (2018年1月12日). 2018年1月30日閲覧。
  6. ^ 核兵器禁止条約 国会で議論を ICANのフィン事務局長、国会議員と討論集会 /広島”. 『毎日新聞』 (2018年1月23日). 2018年1月30日閲覧。
  7. ^ ICANの事務局長が総本部を訪問”. 創価学会 (2018年1月18日). 2018年1月30日閲覧。