ベイシティ刑事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ベイシティ刑事
ジャンル 刑事ドラマ
出演者 藤竜也
世良公則
石川秀美
いかりや長介
エンディング 世良公則「Heart is Gold」
製作
プロデューサー 大井素宏
岩永恵(テレビ朝日)
福湯通夫
加藤貢
武居勝彦
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1987年10月7日 - 1988年3月23日
放送時間 水曜 21:00 - 21:54
放送枠 テレビ朝日水曜21時枠刑事ドラマ
放送分 54分
回数 24

ベイシティ刑事』(ベイシティコップ)は、1987年10月7日から1988年3月23日まで毎週水曜日21:00 - 21:54(JST) に、テレビ朝日系の「水曜21時」枠で放送された日本の刑事ドラマ

あらすじ[編集]

横浜を舞台に、港町署に設置された捜査課のお荷物セクション「別動班」(メンバーは4人)の主に2人の刑事の活躍を描く。

キャスト[編集]

港町署捜査課別動班[編集]

小池柾
演 - 藤竜也
警部補。通称「コーさん」。
離婚歴あり。女性経験多数。英語と中国語に堪能で、横浜では表街道から裏社会に至るまで広く顔の利く事情通。ウィンドサーフィンなどのマリンスポーツを得意とする。使用銃はS&W M29センチネルアームズカスタム、愛称ジョン。
星野秀夫
演 - 世良公則
巡査長
元暴走族の総長で後輩の手を借りることもしばしば。刑事を辞め転職をしようと転職情報誌を読む場面も多い。使用銃はコルト ゴールドカップナショナルマッチコンバットカスタム、愛称マギー。
河合あゆみ
演 - 石川秀美
巡査
元少年課で刑事部屋ではスイーツを食べていることが多いが、スポーツが得意であり男性顔負けのアクションを披露することも。使用銃はS&W M36チーフスペシャル、その後ワルサーPPK/Sシルバーモデルに変更(愛称ケンタロウ)。
山崎末彦
演 - いかりや長介
警部補。別動班係長(愛称は「班長」)。
妻と子供2人と暮らす典型的なサラリーマンタイプの刑事。しかし時に小池や星野の行動をフォローすべく奮闘することも多い。使用銃はS&W M686

セミレギュラー[編集]

  • 桜井浩一(港町署捜査課長) - 神山繁
  • 佐伯(捜査課一係刑事) - 大川ひろし
  • 工藤(捜査課一係刑事) - 市山登
  • 渡辺(捜査課一係刑事) - 寒川直人
  • 木下(捜査課一係刑事) - 浜崎一也
  • 土屋(捜査課一係刑事) - 田辺達也
  • 春日(捜査課一係刑事) - 新富重夫
  • 臼井(捜査課一係刑事) - 窪園純一
  • 和田(捜査課一係刑事) - 川村浩之
  • 「クラーク」マスター - ウィリー・ドウシ

ゲスト[編集]

第1話「プールサイドの女」
第2話「ヨコハマに消えた女」
第3話「グッドバイ わが愛しき友よ!」
第4話「チャイナタウンの女」
第5話「美少女は俺がヤル!」
第6話「デカの子供まで狙うなョ!」
第7話「二人が走れば 死体があがる!」
第8話「想い出は危険がいっぱい」
第9話「囚人刑事とボディービルの美女」
第10話「湘南大捜査線! 危険な女」
第11話「襲われた美しいテニスギャル」
第12話「サンタが殺しにやって来る」
第13話「殺し屋たちの危険な大運動会」
第14話「身替わり殺人・炎の中に消えた女」
第15話「美女の写真は殺しの招待状!」
第16話「再会 恋人は銃声とともに!」
第17話「誘拐犯は二人の刑事!」
第18話「子連れ刑事 ヨコハマ物語」
第19話「復讐…」
第20話「お嬢さま刑事 鉄人レースを激走」
第21話「あぶないオンナ」
第22話「時効 それぞれの10年」
第23話「ヘビの入れ墨をした女」
最終話「男たちのラストショー」

スタッフ[編集]

  • 制作 - 関口恭司
  • プロデューサー - 大井素宏、岩永恵(テレビ朝日)、福湯通夫、加藤貢、武居勝彦
  • 脚本 - 日暮裕一柏原寛司永原秀一宮下隼一大川俊道峯尾基三、高橋裕臣、巽祐一郎金子成人平野靖士
  • 音楽 - 大谷和夫
  • 主題歌 - 世良公則「Heart is Gold」(ポニーキャニオン
  • 撮影 - 緒方博、稲垣久夫
  • 照明 - 高橋弘、石垣敏雄
    • 照明助手 - 竹田勝三、小野幹雄、和泉環、清水達己、諸星和光、簔口輝雄、大坂章夫、松山哲也
  • 録音 - 織本道雄、長井幹夫
    • 録音助手 - 渡会民雄、永井勝宏、岩岡勝徳、高柳秀孝
  • 美術 - 宮国登、安部衛、筒井増男
  • 助監督 - 息邦夫、横井洋、蓑輪雅夫、花岡学、小幡直正、畠山典久、佐伯英二、原正弘、保坂直輝、岩原直樹
  • 編集 - 伊吹勝雄、山口一喜、成島一城、広島正和
    • 編集助手 - 橋場めぐみ、斉藤光康、矢船陽介、河合梨江子
  • ファイティングコーディネーター - 國井正廣
  • 記録 - 安藤豊子、大橋仁子、石川和枝、菅正子、小林みどり
  • 計測 - 内田正司、斉藤健、上赤寿一
  • 選曲 - 石川孝
  • 音楽協力 - テレビ朝日ミュージック
  • 装置 - 東映美術センター、紀和美建
  • 装飾 - 装美社(塩野善光、山本正、橋本達也)
  • 美粧 - サン・メイク
    • メイク - 中村正春、奥村弘子、柳沢静子
  • 効果 - 大泉音映
  • 現像 - 東映化学
  • ガン・アドバイザー - BIGSHOT、納富貴久男
  • ガン・コーディネーション - むげん
  • カースタント - 武士レーシングチーム
  • スタイリスト - 崇名憂美
  • タイトルバック - 東映CM
  • 衣裳 - 東京衣裳(田村勝末、野村明子)
  • 衣裳協力 - ハナムラ、PLAYLORD、AVIA、BIRTHDICH、PAGEBOYほか
  • 協力 - NIKE、日本ヒコック
  • スチール - 石橋昭二郎
  • 進行 - 桐山勝、隈部文康、石垣紘一
    • 進行助手 - 清水原司、東正信、榊田茂樹、小川祥、阿部文仁、明瀬礼洋
  • 制作デスク - 橋本鉄雄
  • 広報担当 - 津田宗司
  • 制作担当 - 奈良場繁
  • ナレーター - 桑原たけし
  • 監督 - 黒沢直輔成田裕介村川透井藤雄才天野利彦
  • 制作 - テレビ朝日東映

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
第1話 1987年10月07日 プールサイドの女 柏原寛司
日暮裕一
黒沢直輔 9.8%
第2話 10月14日 ヨコハマに消えた女 永原秀一 成田裕介 9.5%
第3話 10月21日 グッドバイ わが愛しき友よ! 宮下隼一 6.6%
第4話 10月28日 チャイナタウンの女 日暮裕一 黒沢直輔 9.8%
第5話 11月04日 美少女は俺がヤル! 宮下隼一 村川透 7.8%
第6話 11月11日 デカの子供まで狙うなョ! 永原秀一 7.3%
第7話 11月18日 二人が走れば 死体があがる! 柏原寛司 黒沢直輔 8.6%
第8話 11月25日 想い出は危険がいっぱい 大川俊道 5.9%
第9話 12月02日 囚人刑事とボディービルの美女 峯尾基三 成田裕介 8.5%
第10話 12月09日 湘南大捜査線! 危険な女 日暮裕一 5.9%
第11話 12月16日 襲われた美しいテニスギャル 宮下隼一 井藤雄才 7.8%
第12話 12月23日 サンタが殺しにやって来る 大川俊道 9.7%
第13話 1988年01月06日 殺し屋たちの危険な大運動会 日暮裕一 村川透 8.2%
第14話 1月13日 身替わり殺人・炎の中に消えた女 永原秀一 9.2%
第15話 1月20日 美女の写真は殺しの招待状! 大川俊道 黒沢直輔 9.0%
第16話 1月27日 再会 恋人は銃声とともに! 宮下隼一 6.5%
第17話 2月03日 誘拐犯は二人の刑事! 峯尾基三 成田裕介 8.1%
第18話 2月10日 子連れ刑事 ヨコハマ物語 日暮裕一 6.4%
第19話 2月17日 復讐… 永原秀一
高橋裕臣
天野利彦 5.2%
第20話 2月24日 お嬢さま刑事 鉄人レースを激走 柏原寛司
巽祐一郎
7.3%
第21話 3月02日 あぶないオンナ 大川俊道 黒沢直輔 8.3%
第22話 3月09日 時効 それぞれの10年 金子成人 6.1%
第23話 3月16日 ヘビの入れ墨をした女 平野靖士 村川透 7.8%
最終話 3月23日 男たちのラストショー 日暮裕一 9.3%
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)

エピソード[編集]

  • 本作品はいかりや長介の民放の連続ドラマにおける初レギュラー作品でもある。藤竜也とは後年胃腸薬「キャベジン」のCMでも共演している。また、いがみ合っている上司役の神山繁とは『踊る大捜査線 THE MOVIE』でも(かつての)上司と部下の関係を演じており、こちらは信頼しあっている仲であった。
  • ガンアクションに重点が置かれ、小池刑事の愛銃はジョン(S&W M29 2.5インチカスタム)、星野刑事の使用銃はマギー(コルト・ナショナルマッチ コンバットカスタム)と、それぞれ銃器に愛称が付けられている。「マギー」の由来は、アメリカのテレビドラマ『俺がハマーだ!』の主人公、スレッジ・ハマー刑事の使用銃の愛称(そのまま借用している)。小池や星野が自分の拳銃の名前を呼ぶと、拳銃が返事をするシーンもある。2人の使用するホルスターは「ジョンのパンツ」「マギーのドレス」と名付けられていた。
  • 星野刑事の使うマギーはバリエーションが数多く存在する。その理由としては撮影においてプロップガンが損傷すると調達されたパーツを現場で組み込むためである。また、過酷な発砲シーンに耐えられるために小池刑事のジョンもS&W M66ベースのカスタムが使用されていたシーンがある。
  • 番組オリジナルのサウンドトラック(音楽担当は大谷和夫)とともに毎回劇中には著名なオールディーズ・ナンバーが多数オンエアされていた。第14話で、フランク・シナトラの「夜のストレンジャー」が使用されたのはその一例である。
  • 劇用車はセドリックY31(ブロアムVIP)を重点的に使われた。終了後は、同枠次作クールの「はぐれ刑事純情派」・「さすらい刑事旅情編」で継続された。


テレビ朝日 水曜21時枠刑事ドラマ
前番組 番組名 次番組
大都会25時
(1987.4.22 - 1987.9.23)
ベイシティ刑事
(1987.10.7 - 1988.3.23)
はぐれ刑事純情派(第1シリーズ)
(1988.4.6 - 1988.9.21)