ベイビー・アイ・メイク・ア・モーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ベイビー・アイ・メイク・ア・モーション
レイジーシングル
収録アルバム LAZY V
B面 好きさ、好きさ、好きさ
リリース 1979年6月5日
規格 EP
ジャンル J-POP
時間 8分05秒
レーベル RCA
作詞・作曲 作詞:岩沢律 作曲:加瀬邦彦
レイジー シングル 年表
愛には愛を
(1979年)
ベイビー・アイ・メイク・ア・モーション
(1979年)
Midnight Boxer
1980年
テンプレートを表示

ベイビー・アイ・メイク・ア・モーション」は、1979年6月5日に発売されたレイジーシングル

概要[編集]

A面は加瀬邦彦、B面は浜田金吾と、両面に当時のヒットメーカーを起用したシングル。

なお、プロモーション映像の撮影中に影山ヒロノブが右足首を複雑骨折、入院するというアクシデントが発生している。

収録曲[編集]

  1. ベイビー・アイ・メイク・ア・モーション作詞:岩沢律 作曲加瀬邦彦 編曲渡辺茂樹
  2. 好きさ、好きさ、好きさ(作詞:小林和子 作曲:浜田金吾 編曲:井上鑑
    アルバムRock Diamond』からのシングルカット。『Rock Diamond』は全10曲中8曲をメンバー自身が作曲しているが、メンバー以外の作曲家が手掛けたこの曲がシングル化されることになった。