ベイ50丁目駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ベイ50丁目駅
Bay 50 Street
NYCS-bull-trans-D.svg
ニューヨーク市地下鉄
Bay 50th WestEnd.jpeg
列車から北行ホームを見る
駅情報
住所 Bay 50th Street & Stillwell Avenue
Brooklyn, NY 11223
ブルックリン区
地区 グレーブセンド
座標 北緯40度35分21秒 西経73度59分03秒 / 北緯40.589279度 西経73.984122度 / 40.589279; -73.984122座標: 北緯40度35分21秒 西経73度59分03秒 / 北緯40.589279度 西経73.984122度 / 40.589279; -73.984122
ディビジョン BディビジョンBMT
路線 BMTウェスト・エンド線
運行系統       D Stops all times (終日)
接続 バスによる輸送 ニューヨーク市バス: B64
構造 高架駅
ホーム数 相対式ホーム 2面
線路数 3線(通常運用は2線のみ)
その他の情報
開業日 1917年21日(101年前) (1917-12-21
利用状況
乗客数 (2014)884,302[1]増加 4.3%
順位 375位(421駅中)
次の停車駅
北側の隣駅 25番街駅: D Stops all times
南側の隣駅 コニー・アイランド-スティルウェル・アベニュー駅: D Stops all times

ベイ50丁目駅(ベイ50ちょうめえき、英語: Bay 50th Street)はニューヨーク市地下鉄BMTウェスト・エンド線の駅である。ブルックリン区グレーブセンドのベイ50丁目 - スティルウェル・アベニュー交差点にあり、終日D系統が停車する。ジョン・デューイ高校の前にあり、ニューヨークシティ・トランジット・オーソリティのAdopt-a-Station プログラムの一環で同校の生徒が働いている。

駅構造[編集]

P
ホーム階
相対式ホーム、右側ドアが開く
北行緩行線 NYCS-bull-trans-D.svg ノーウッド-205丁目駅行き
NYCS-bull-trans-D.svg 次の停車駅:25番街駅
混雑方向
急行線
定期列車なし
南行緩行線 NYCS-bull-trans-D.svg コニー・アイランド-スティルウェル・アベニュー駅行き →
NYCS D 次の停車駅:コニー・アイランド-スティルウェル・アベニュー駅 (終点) →
相対式ホーム、右側ドアが開く
M 改札階 改札口、駅員詰所、メトロカード自動券売機
G 地上階 出入口

ベイ50丁目駅は相対式ホーム.2面3面の駅で、中央を走る急行線は普段使われていない。 1910年代のデュアル・コントラクツ英語版による路線拡張期にブルックリン・マンハッタン・トランジット(BMT)が建設したウェスト・エンド高架線の一部として1917年に開業した。コニー・アイランド駅への線路は駅の南北に延びている。1960年代に北行ホームは北側、南行ホームは南側にそれぞれ拡張され、コニー・アイランド駅を望むことができる。北行ホームの中央には廃止された信号扱所が残っている(6.1メートル (20 ft) ほど南に近代的な扱所が作られ、機能はそちらに移されている)。駅の南側で急行線は両側の緩行線それぞれと合流している。

2012年に、2009年アメリカ復興・再投資法に基づく資金拠出を受けて改装が行われた[2]

ポップカルチャーにて[編集]

ベイ50丁目駅は1971年の映画『フレンチ・コネクション』で古典的な尾行シーンの起点として登場した。

画像[編集]

脚注[編集]