ベカナマイシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ベカナマイシン
Bekanamycin.png
IUPAC命名法による物質名
(2R,3S,4R,5R,6R)-5-アミノ-2-(アミノメチル)-6-[(1R,2S,4R,6S)-4,6-ジアミノ-3-[(2S,3R,4S,5S,6R)-4-アミノ-3,5-ジヒドロキシ-6-(ヒドロキシメチル)オキサン-2-イル]オキシ-2-ヒドロキシシクロヘキシル]オキシオキサン-3,4-ジオール
臨床データ
AHFS/Drugs.com International Drug Names
法的規制
  • (Prescription only)
識別
CAS番号 4696-76-8 ×
ATCコード J01GB13
PubChem CID: 439318
ChemSpider 388449 チェック
UNII 15JT14C3GI チェック
ChEBI CHEBI:28098 チェック
ChEMBL CHEMBL176 チェック
NIAID ChemDB 005087
化学的データ
化学式 C18H37N5O10
分子量 483.51 g/mol

ベカナマイシン (bekanamycin) はアミノグリコシド系抗生物質の一種。放線菌 Streptomyces kanamyceticus からカナマイシンとともに見出され、カナマイシンBと呼ばれることもある。硫酸塩の商品名はカネンドマイシン

概要[編集]

カナマイシンよりも抗菌力が強く、化学療法剤として用いられる(結核菌を除く)。

また、ベカナマイシンは耐性菌に有効な半合成抗生物質(ジベカシンアルベカシンなど)の合成原料となる。

急性毒性[編集]

LD50 : 132 mg/kg(静脈注射マウス投与時)

参考文献[編集]

  • 『生化学辞典 第4版』東京化学同人、2007年 ISBN 9784807906703