ベシェニェイ・ペーテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にピーター・ベゼネイと表記することもあります。
ピーター・ベゼネイ
(ベシェニェイ・ペーテル)
Besenyei Péter
}
生誕 (1956-06-08) 1956年6月8日(62歳)
国籍  ハンガリー
レース経歴
初出場 2003
最高順位 1位 (2003年)
機体 コーバス・レーサー540
公式サイト
besenyeipeter.hu
Extra 300Sを操縦するベゼネイ

ベシェニェイ・ペーテルBesenyei Péter1956年6月8日 - )は、ハンガリー曲技飛行パイロットエアレースの世界チャンピオンとして名を馳せる。日本では、英語読みのピーター・ベゼネイで呼ばれることが多いため、本項でもその呼称を採用する。

経歴[編集]

ベゼネイが操縦するジブコ エッジ540機体記号は型番の540Péter Besenyeiの頭文字を合わせたN540PB

ハンガリー西部の町、ケルメンドに生まれる。ブダペストの空港のそばで育ち、幼い頃から飛行機に興味を持っていた。1962年の曲技飛行の世界選手権を観戦して、自分もパイロットになりたいと決心し、15歳の時にグライダーで初飛行を遂げる。1976年、初めて参戦したグライダー競技でその才能をいかんなく発揮し、2位で終えた[1]

曲技飛行パイロットになり、国内外の選手権でいくつものタイトルを獲得した。初めて金メダルを獲得したのは、1982年オーストラリア選手権だった[2]。専門はフリースタイル部門で、オリジナルのスナップロールをいくつも開発し、1984年にはナイフエッジ・スピンを生み出した。1995年には金メダル2つと銀メダル2つを獲得し、最も成功を収めた曲技飛行パイロットとして名声を得る[1]2001年、ブダペストのドナウ川にかかるセーチェニ鎖橋の下を飛行し、橋の下をくぐる技は今日のエアレースの基本的なマニューバの一つとなっている[3]

1996年ゲンツ・アールパード英語版大統領(当時)から金メダルを授与された[3]

レッドブル・エアレース・ワールドシリーズの発展に大きく寄与し、その方面では「ゴッドファーザー」の異名を取る[3]。2001年に、オーストリア栄養ドリンク会社・レッドブルから競技型エアレースの設立の協力を求められ、ルールや規則の設定に熱意を持って取り組み、肉体的にも精神的にも究極のエアレースにチャレンジするスキルと勇気を兼ね備えた、ある意味で向う見ずなパイロットを慎重に選んだ。またレースで使われる風船型パイロン『エアゲート』を考案した。最初のレースは、2003年にオーストリアのツェルトベク英語版で行われ、2年後の2005年には世界各地を転戦するレースへと進化していった。

自身も初年度からレースに参加しており、2010年からは自身のためコルバス・ハンガリーで設計されたコーバス・レーサー540を利用していたが、機体が曲技飛行向けでエアレースには適さないことを理由に2015年の第4戦から『540 V3』へ変更した[4]

現在は、ハンガリー航空局のテストパイロットのほか[3]ジブコ エッジ540の曲技飛行パイロット向けのインストラクターをしている。他の趣味に、カーレース、スキー、スカイダイビング、釣り、カメラなどがある[3]

2015年シーズンをもって、レッドブル・エアレースを引退した。2016年からはポール・ボノムと共に殿堂入りしている[5]

戦績[編集]

ピーター・ベゼネイが操縦するコーバス・レーサー540(2012年)
1982年
  • オーストラリア・ナショナル・チャンピオンシップ – 総合優勝
1990年
  • 世界曲技飛行選手権 – 2位
1993年
1994年
  • 規定演技(コンパルソリー)世界チャンピオン
1995年
  • フリースタイル部門ヨーロッパチャンピオン
  • 規定演技部門ヨーロッパチャンピオン
1998年
2000年
  • フリースタイル部門世界チャンピオン
2001年
  • FAIワールド・グランプリ・シリーズ - 1位
2003年
  • FAIワールド・グランプリ・シリーズ(日本・東京) - 1位
2005年

レッドブル・エアレース戦績[編集]

金色 銀色 銅色 ポイント圏内完走 ポイント圏外完走
1位 2位 3位 4-8位[注 1] 9-14位[注 1]
ハンガリーの旗 ピーター・ベゼネイ
レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ戦績
開催年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ポイント 勝利数 最終
順位
2003 オーストリアの旗
1位
[注 2]
ハンガリーの旗
1位
6
6 2 1位
2004 イギリスの旗
3位
4
ハンガリーの旗
3位
4
アメリカ合衆国の旗
3位
4
12 0 2位
2005 アラブ首長国連邦の旗
1位
6
オランダの旗
2位
5
オーストリアの旗
2位
5
アイルランドの旗
1位
6
イギリスの旗
3位
4
ハンガリーの旗
4位
3
アメリカ合衆国の旗
4位
3
32 2 2位
2006 アラブ首長国連邦の旗
3位
4
スペインの旗
1位
6
ドイツの旗
2位
5
ロシアの旗
中止
トルコの旗
3位
4
ハンガリーの旗
失格
イギリスの旗
2位
5
アメリカ合衆国の旗
2位
5
オーストラリアの旗
1位
6
35 2 2位
2007 アラブ首長国連邦の旗
1位
6
ブラジルの旗
5位
2
アメリカ合衆国の旗
1位
6
トルコの旗
5位
2
スペインの旗
中止
スイスの旗
3位
4
イギリスの旗
3位
4
ハンガリーの旗
4位
3
ポルトガルの旗
4位
3
アメリカ合衆国の旗
6位
1
メキシコの旗
中止
オーストラリアの旗
7位
0
31 2 3位
2008 アラブ首長国連邦の旗
4位
6
アメリカ合衆国の旗
8位
2
アメリカ合衆国の旗
5位
5
スウェーデンの旗
中止
オランダの旗
6位
4
イギリスの旗
4位
6
ハンガリーの旗
5位
5
ポルトガルの旗
7位
3
スペインの旗
中止
オーストラリアの旗
7位
3
34 0 5位
2009 アラブ首長国連邦の旗
10位
2
アメリカ合衆国の旗
4位
8
カナダの旗
DNS
ハンガリーの旗
10位
2
ポルトガルの旗
4位
8
スペインの旗
8位
4
24 0 8位
2010 アラブ首長国連邦の旗
3位
9
オーストラリアの旗
10位
2
ブラジルの旗
11位
1
カナダの旗
10位
2
アメリカ合衆国の旗
8位
4
ドイツの旗
9位
3
ハンガリーの旗
中止
ポルトガルの旗
中止
21 0 10位
2011年から2013年はレース休止
2014 アラブ首長国連邦の旗
10位
0
クロアチアの旗
11位
0
マレーシアの旗
7位
2
ポーランドの旗
7位
2
イギリスの旗
7位
2
アメリカ合衆国の旗
12位
0
アメリカ合衆国の旗
12位
0
オーストリアの旗
12位
0
6 0 11位
2015 アラブ首長国連邦の旗
7位
2
日本の旗
13位[6]
0
クロアチアの旗
12位[7]
0
ハンガリーの旗
6位[8]
3
イギリスの旗
6位[9]
3
オーストリアの旗
8位[10]
1
アメリカ合衆国の旗
13位[11]
0
アメリカ合衆国の旗
13位[12]
0
9 0 12位

関連項目[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 2009年・2010年は11位までポイント圏内。
  2. ^ タイム計測が議論を呼び、ポイントなしという措置が取られた。

出典[編集]

  1. ^ a b Peter Besenyei Aerobatics Pilot”. budpocketguide.com. 2010年1月25日閲覧。
  2. ^ Besenyei Peter” (Hungarian). rtl.hu. 2010年1月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e Peter Besenyei”. redbullairrace.com. 2010年1月25日閲覧。
  4. ^ 新機体を導入したベゼネイ | Red Bull Air Race
  5. ^ パイロット LEGENDS | Red Bull Air Race
  6. ^ 室屋義秀が最速タイムでラウンド・オブ・8へ進出”. Red Bull Air Race (2015年5月17日). 2016年1月31日閲覧。
  7. ^ 浅田真樹 (2015年6月2日). “【エアレース】室屋義秀、第3戦で10位もトップ争いへ視界良好”. Web Sportiva. 集英社. 2016年1月31日閲覧。
  8. ^ Round 8 wraps with full throttle drama”. Red Bull Air Race (2015年7月5日). 2016年1月31日閲覧。
  9. ^ Ascot anguish for Arch in Round of 8”. Red Bull Air Race (2015年8月16日). 2016年1月31日閲覧。
  10. ^ 第6戦シュピールベルク:決勝レース後リアクション”. Red Bull Air Race (2015年9月6日). 2016年1月31日閲覧。
  11. ^ Double celebration for Dolderer in Qualifying”. Red Bull Air Race (2015年9月26日). 2016年1月31日閲覧。
  12. ^ Muroya maneouvres for race podium”. Red Bull Air Race (2015年10月18日). 2016年1月31日閲覧。
タイトル
先代:
-
レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ チャンピオン
2003
次代:
カービー・チャンブリス
(2004)