ベヨネース列岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ベヨネース列岩
Bayonaise Rocks mlit.jpg
空中写真(1978年)
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
所在地 日本東京都
所在海域 太平洋フィリピン海
座標 北緯31度53分14秒
東経139度55分03秒
面積 0.01 km²
海岸線長km
最高標高 11[1] m
ベヨネース列岩の位置(日本内)
ベヨネース列岩
     
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示
位置

ベヨネース列岩(ベヨネースれつがん)は伊豆諸島の岩礁群。東京都に属す。ベヨネース岩礁ハロースとも呼ばれる。欧名は「Bayonnaise Rocks[2]

2016年時点で、所属市町村未定のため[3]本籍を置くことはできず、東京都の直轄であり、都の出先機関である東京都総務局八丈支庁が所管している[4]

命名の由来からすれば「ベヨネー」(フランス語発音: [bɛjɔnɛz])となるが、国土地理院発行の地形図気象庁の「火山データベース」でもベヨネー列岩を採用している(本稿でもそれに倣う)。

地理[編集]

伊豆諸島南部、東京から南に408km、青ヶ島の南約65kmに位置し、3個の烏帽子形の大岩礁と数個の小岩礁から成る[1]。東8kmに位置する海底カルデラ明神礁カルデラ」のカルデラ縁上に位置するが、形成時期は明神礁カルデラより古い。植生はほとんどない[1]。渡り鳥の休息地でもある。近海はカツオなどの大型魚を狙う人々の釣り場であり、八丈島から釣り船で6時間ほどである[1]。また付近の海底にあるベヨネース海丘で海底熱水鉱床が発見されており、金・銀・銅などを含んでいる[2]。最高標高は11mで、周囲に風や波を避けるものはなく、よほどのでなければ上陸は困難である[1]

気象庁は「ベヨネース列岩」を活火山名として登録しているが、事実上の活火山は先カルデラ火山(ベヨネース列岩など)、明神礁カルデラ、後カルデラ火山(明神礁、高根礁など)を総括した明神火山となっており[5]、有史以降の火山活動は主に明神礁で見られている[6]

歴史[編集]

1846年フランス海軍コルベット「J・R・バイヨネーズ」が発見、名前はこれに由来する。1896年以降、火山活動による海面異常や海底噴火がみられ、1906年1946年1952年 - 1953年には付近の明神礁で新島も出現した。この新島は青ヶ島からも遠望できるほどに成長した。

1953年10月5日にアメリカの海洋観測船「ベアード」の調査団長がゴムボートで上陸、岩石採取に成功する。この岩石は日本にも寄贈された。

本列岩は波浪で上陸困難だったことから、波浪の巣という意味で別名「ハロース」とも呼ばれるようになった[7]

2017年には噴火活動と海水の変色が確認され、航行警報が発表された。

岩(島)の改称[編集]

2012年3月15日の東京都議会予算特別委員会の質疑において、吉田康一郎議員(中野区)が、ベヨネース列岩の個々の岩(島)に命名をするとともに、「ベヨネース」という洋名についても、日本語由来の名称を付けるべきと提案した[7]。この折、吉田都議は、列岩の総称に「波浪巣島」「波浪巣岩」、3個の大きな烏帽子形の岩に「北烏帽子岩」「中烏帽子岩」「南烏帽子岩」、小さな岩礁に国に倣って「東小岩」「西上小岩」等の名称を提案しつつ、都民に広く名称案を募り、知事を長とする選考委員会で選定することを求めた。これに対し、当時の石原慎太郎都知事は「大賛成でありまして、責任を持ってやりたいと思います。」と答弁した[8][7]。しかし、現在に至るまで正式な改名はなされていない[7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 清水 2015, p. 108.
  2. ^ a b 清水 2015, p. 106.
  3. ^ https://www.gsi.go.jp/KOKUJYOHO/MENCHO/backnumber/GSI-menseki20161001.pdf
  4. ^ 清水 2015, p. 148.
  5. ^ 伊藤弘志ほか「日本周辺海域火山通覧(第4版)」『海洋情報部研究報告』第48巻、海上保安庁、2012年、 41-73頁、2020年3月20日閲覧。
  6. ^ 気象庁の「ベヨネース列岩 有史以降の火山活動」による。
  7. ^ a b c d 清水 2015, p. 109.
  8. ^ 平成24年 予算特別委員会速記録第四号 吉田康一郎(民主党)”. 東京都議会議会局管理部広報課. 2016年9月25日閲覧。

参考文献[編集]

  • 清水浩史『秘島図鑑』河出書房新社、2015年7月30日、221頁。ISBN 978-4-309-27615-1。

関連項目[編集]